【前編】「スカート」を軸に作るきれいめカジュアルコーデの方程式

スカートのシルエットに応じて相性のいい靴、さらにはトップスも決めておくといい。基本の組み合わせセットを作っておくと毎日のコーデがラクになります!

方程式

華やぎマキシ×ノースリカットソー×スポーティサンダル

ドラマティックなAラインのマキシは、厚底のスポーティサンダルで支えるとバランスよく、アクティブな個性も加えられるので好都合。トップスはシンプルなカットソーで引き算を。女らしさも今どきなこなれ感も打ち出せます。
華やぎマキシ×ノースリカットソー×スポーティサンダル
「このセットは私の夏の大定番。クローゼットの中身を動員して延々と組み合わせができます」。

スカート¥29,700/アストラット 新宿店(アストラット) カットソー¥15,400/ショールーム セッション(アダワス) 靴¥18,700/スローブ イエナ 自由が丘店(スカ) サングラス¥27,500/BLANC ピアス¥11,000・バングル¥18,700/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ) ネックレス¥158,400/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ¥36,300/アルファ PR(アエタ)

POINT

1.マキシスカートは、夏のワードローブの中で一番の"映え"要員。ツヤ感やきれい色、柄など、華のあるものを選ぶと使いやすい

2.個人的に、半袖Tシャツは体操着みたいになっちゃうので苦手。ノースリーブのほうがマキシスカートにきれいにつながると思っています

3.厚底だったり異素材使いだったり、スポサンはデザイン性のあるものを。「大人がトレンドを楽しんでいる感じ」をアピールしたい

カットソー×プリーツスカート×スポーティサンダルコーデ

エレガントなスカート×スポサンの意外性がおしゃれに映える

「ツヤ感のあるホワイトサテンのプリーツスカート。数年前ならアンクルストラップの華奢サンダルを合わせていましたが、今どき感を強化したいこの夏は、ぜひスポサンで。黒ソールに白&シルバーのアッパーで、きれいめ派にも使いやすい一足です」。


スカート¥25,300/アルアバイル カットソー¥11,000・カーディガン¥29,700/ロエフ 六本木店(ロエフ) 靴¥7,590/ムーンスター カスタマーセンター(チャンピオン) サングラス¥42,900/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥39,600・バングル¥35,200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥42,790/CPR トウキョウ(メゾン ド サブレ)

カットソー×スカート×スポーティサンダルコーデ

肩先をカバーするノースリなら気になる二の腕もすっきり

「今年は肩先をカバーしてくれるノースリがたくさん出ていますよね。私も必ずこのタイプを選ぶようにしています。こちらは袖口を内側に折りたたんで高さを出して、肩パッドのように仕立てたスクエアシェイプ。サイドや後ろからも二の腕がすっきり見えて優秀♡」。

スカート¥102,300/エブールギンザシックス(ebure) カットソー¥15,400/インターリブ(サクラ) 靴¥16,500/ORGY STORE(スイコック) ネックレス(長)¥35,200・(短)¥24,200/ショールーム セッション(マリハ) バングル¥52,800/ギャラリー・オブ・オーセンティック(エンド) バッグ¥17,600/プルミエ アロンディスモン(マルコ マージ)

【Marisol7月号20210年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 渡辺修身(物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/ 阪井まどか 取材・文/三尋木奈保

What's New

Read More

Feature

Ranking