定番からユニークなものまで!仕事のストレスを習い事で解消!

2017年5月11日
バリ舞踊、ジャズピアノ、ポーセラーツにアイシングクッキー!春、新しい習い事を始めるなら何がオススメ?
「あなたは今、習い事をしていますか?」との質問に50.4%のメンバーが、「YES」と回答。
ほぼ半分の人たちが、何かしらの習い事をしていることがわかった。
「YES」と答えた人の中で、もっとも多かったのが、ヨガ。
健康に良さそうだから、気分転換したいからと、メンテナンス気分で受けている人が多く、根強い人気のほどが伺えた。

その他に身体を動かすものだとピラティスや、少数派だと、
「加圧トレーニングを週1で8年間続けています」(まちゃりんこさん)
「週2日のテニスです。30歳を越えたら運動をしよう、と考えていたとき、近所にテニススクールができたので」(かりんこさん)
などさまざま。

また、ダンス系も安定の人気。
「フラメンコ。踊りたくて(笑)。スペインが好きだったので、たくさんある踊りの中から選びました。週1回レベルですが、10年以上続けています」(saya姉さん)
「フラを始めたのが30代後半。激しい動きのものより心が解放され、笑顔になれるフラを選びました」(しょうこさん)
「バリ舞踊を週1回。体を動かしたいけどワークアウトには興味がなく、ダンスを習いたかったから。特に肩こりと姿勢矯正に効果ありです」(みかんさん)

和の文化に関する習い事をしているインドア派も多く、
「華道。家に花があると心が安らいだので、美しくお花を生けたり、お花に触れる、時間をつくりたいと思ったから」(reirei7さん)
「書道を月に2〜3回受けています」(niccoさん)
「着付けです。着物を着る機会があり、着せていただいたが、歩き方や所作がわからず、恥ずかしかったため、日本人としては知っておいた方が良いかと思い、習い始めました。月に3回」(きらちんさん)
など、時間と心に余裕のあるアラフォーならではの意見も。

その他には、
「エレクトーン。子供の時の習い事でした。社会人3年目から再開しました。週1回、発表会が年2回あります」(こまこさん)
「ジャズボーカル、ジャズピアノ。イベント等に出演している。昔から音楽が好きで、ロックやポップスのバンド活動や、曲作りをしていたが、歳をとっても長く続けられる音楽ジャンルに転向した」(さくらさくさん)
「グルーデコ」(YUKIさん)
「ポーセラーツ。友達に誘われたのがきっかけで始めました。頻度は月に1回です」(さとべるさん)
「パン・ケーキ作り。理由は花嫁修業にと母の勧めで。月に1〜2回程度」(Seiさん)
「アイシングクッキー。自分に合ったストレス発散方法が一点集中の為、アイシングクッキーは向いています」(aicoさん)

以前なら習い事と言えば、語学や料理が多かったが、今では、種類もスクールも増え、スキルアップというよりも楽しさや充実感を重視しているようだ。
文/Momoko Matsuzaki

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords