剃ってしまって眉じりのない麻呂眉を理想の女っぷり眉に

2017年5月10日
アラフォーは「上がり眉」の時代が長かっただけに眉を下げるとあかぬけないと思いがち。そんな呪縛から抜け出すため、「今の眉」の描き方、教えます!
それぞれに違う眉悩みを抱える美女組が理想眉にチャレンジ。ついに長年さまよっていた眉迷宮から脱却!

☆教えてくれたのは・・・

ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん
女性誌や美容誌などで大活躍。その人の最高の美しさを引き出す抜群のセンスとテクニックが大評判。特に、劇的にあかぬける眉メイクは何度も雑誌で取り上げられている。

■はりつき眉代表

皆川智子さん(美女組No.121)
眉じりを剃ってなくしてしまった典型的麻呂眉。描いた感満載のはりついた印象に

■「女っぷり眉」の設計図

「眉じりを剃ってしまっているので、毛のある部分とない部分がムラになって目立ち、それがよけいにはりついた感じに見せていますね。特に眉頭をペンで濃く描いているのも不自然に見える要因。基本のプロセスで描いたら、リキッドを使って眉頭から内側に斜めに毛を生やすように描くと自然です。また、毛のある部分とない部分の中心をつなげるよう濃いめのパウダーをのせるとなじみます」(広瀬さん)

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords