今どきで着映えする「シャツワンピース」のデザインは?

今っぽくカジュアルなムードに進化したシャツワンピースは、確実にトレンド感を出せる便利なアイテム。ハンサムなタイプよりも、ギャザーやタック入りでふわんと広がるシルエットのほうが着映えにきく!
コクーンシルエットのシャツワンピースコーデ

POINT

ネックギャザーとバンドカラーで顔まわりにニュアンスを
コクーンシルエットを描く斜めのスリット

テクニックが光る立体フォルムで、一枚でぱっとサマになる

「重くなりがちな黒ワンピースも、計算された立体パターンのこれなら軽やか。ボリュームたっぷりなのに、すそが内側に入るコクーンシルエットで広がりすぎないのがいい。首まわりのギャザーや小さめのボタンもしゃれがきいています。華奢サンダルで足もとにも抜け感を」。

ワンピース¥30,800(カオス)・帽子¥40,700(ブルックス ボズ ウェル)/カオス丸の内 バッグ¥31,900(メゾン・エヌ・アッシュ・パリ)・靴¥20,900(エー・エメリー)/プルミエ アロンディスモン

ピンタック入りシャツワンピース×パンツコーデ

POINT

手のこんだピンタックが大人のリッチ感

パンツのレイヤードも今年らしいワザ

上品なサックスブルーもボリューム袖で今どき顔に

「きれいめ派にはなじみ深い、端正なサックスブルーのシャツ。今年はシャツワンピで取り入れてみては。風が抜けるようなロング丈と映えるディテールで、新鮮な気分で着こなせます」。

ワンピース¥74,800/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(レリタージュ マルティニーク) パンツ¥13,500/ノーク(ノーク) ピアス¥7,700/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ) バッグ¥26,400/ANAYI 靴¥10,780/ヒューマンウーマン(CHIARA)

バルーン袖のシャツワンピースか×デニムパンツコーデ

POINT

ハリ感素材がギャザーを美しくきわだてて

ロング丈をのっぺり見せないバルーン袖

バルーン袖がこなれて映るのはシャツワンピースだからこそ

「フロントのギャザーとたっぷりボリュームのあるロングスリーブ。大げさなくらいのデザイン性があったほうが、雰囲気が出て着やすい。特に白はのっぺりしやすいから、ドラマティックなフォルムが助かります」。

ワンピース¥62,700/TSI(ハーヴェル スタジオ) パンツ¥20,900/ゲストリスト(レッドカード) パールネックレス¥12,100/ヒューマンウーマン コインネックレス¥17,600・リング¥25,300/ギャラリー・オブ・オーセンティック(エンド) バッグ¥63,800/ユナイテッドアローズ 丸の内店(エレメ) 靴¥31,900/ベイジュ(ピッピシック)

【Marisol7月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 渡辺修身(物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 阪井まどか 取材・文/三尋木奈保

What's New

Read More

Feature

Ranking