夏本番!アラフォーの2021年夏のファッショントレンドをおさらい!

おしゃれプロの「これ買ってよかった!」から、40代の夏のファッショントレンドを徹底リサーチ! このニューノーマル時代に、心からおしゃれを愛し、楽しんでいるチームマリソルが、この夏リアルに惚れ込んだ珠玉のアイテムを大公開。

①エディター 塚田有紀子さん

ベーシックに女っぷりを足しアップデート

この春はより自分の好きなものを突き詰め、"らしい"ラインナップに。「ややユニセックスなテイストをベースに、どこか女らしさのある服装が好き。アイテム選びもベーシック+αを軸に、少し今っぽさを加えて更新」

HYKE デザインカットソー

HYKE

デザインカットソー

「ややシャリ感のあるスポーティ素材が新鮮。背中にタックを寄せた立体デザインになった、どこかモードな雰囲気にも惹かれて」。カットソー¥27,500/ボウルズ(ハイク)

A_SAUCE MÊLER リネンストール

A_SAUCE MÊLER

リネンストール

「去年ブラックを買ってかなり使えたので、今年はブラウンを。薄すぎず厚すぎないボリューム感もちょうどいい」。ストール¥29,700/カオス丸の内(アソースメレ)

BALI WERKSTAETTE 白かごバッグ

BALI WERKSTAETTE

白かごバッグ

「白いバッグが欲しくてめぐり合ったもの。かご特有のラフさはありつつ、つくりがしっかり。大きめサイズだから荷物をたくさん入れられる安心感も」。バッグ¥10,450/ショールーム 233(バリ・ワークスタット)

SOPHIE BUHAI シルバーアクセ

SOPHIE BUHAI

シルバーアクセ

「夏になるとシルバーアクセをつけたくなります。ちょっとボリュームのあるものが気分」。リング¥60,500・ピアス¥35,200/ザ ストア バイ シー 代官山店(ソフィーブハイ

LOEFF テーパードパンツ

LOEFF

テーパードパンツ

「太ももあたりがかなり太めで、気になる部分をカバー。すそが一気に細くなる独特なフォルムで、はくだけでムードのある着こなしに」。パンツ¥36,300/ロエフ 六本木店(ロエフ)

J.M. WESTON ピンクローファー

J.M. WESTON

ピンクローファー

「白感覚で履ける淡いピンクは、意外とどんな服装にも合う」。ローファー「シグニチャーローファー」¥121,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

THE NEWHOUSE ワイドデニム

THE NEWHOUSE

ワイドデニム

「かなりハイウエストで脚長効果大。色落ちの具合も絶妙で、ほめられ率も高い」。デニム¥39,600/アーク インク(ザ・ニューハウス)

THIRD MAGAZINE×mikomori ボーダータンクトップ

THIRD MAGAZINE×mikomori

ボーダータンクトップ

「ボーダー気分が復活中。これはカッティングやシアーな素材感など女らしいデザインで、ほっこり感は皆無」。ボーダートップス¥11,000/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ

LOEFFビッグ 襟ブラウス

LOEFFビッグ

襟ブラウス

「注目のビッグ襟ブラウスも甘すぎないセーラー型と、脱コンサバなゆるっとフォルムに惹かれて」。ブラウス¥29,700/ロエフ 六本木店(ロエフ)

②エディター 発田美穂さん

自分的好きをとことん極めたエフォートレス

お買い物はときめき重視な発田さん。「いつも着たいアイテムを軸にそれをどう着るかを考えます。この春はリラックス感があるものが気分。小柄なので、オーバーサイズにトライする時は全身バランスに気をつけます」

Chaos ガーランドシャツ Chaos ニットパンツ

Chaos ガーランドシャツ

Chaos ニットパンツ

「タック使いで女らしさもあるオーバーシャツは、キックバックが強く体のラインを拾わないニットパンツと」。シャツ¥39,600・パンツ¥28,600/カオス丸の内(カオス) ストール¥28,600/アパルトモン 青山店(メゾン ド バカンス) バッグ¥17,600/ロンハーマン(パロロサ) サングラス¥53,900/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) チョーカー¥26,400/ショールーム  233(ニナ・エ・ジュール) バングル¥52,800/UTSPR(フォークバイエヌ) サンダル¥58,300/エイチ ビューティ&ユース(クレジュリー)

MACPHEE ボーダーカットソー

MACPHEE

ボーダーカットソー

「アームが太く、ドロップショルダーの具合や身幅の広さがちょうどよく、着るだけで一気に今年らしく。ボーダーのコントラストが弱い色みを選択」。カットソー¥17,600/TOMORROWLAND(マカフィー)

Aeta バケツ型かごバッグ

Aeta

バケツ型かごバッグ

「昨年買った定番タイプが通年大活躍だったので、大好物なバケツ型を新調」。バッグ¥49,500/アルファ PR(アエタ)

Drawer パープルレーススカート

Drawer

パープルレーススカート

「カットワークレースの甘いデザインとやや強めのパープルの絶妙なコンビネーションがツボ」。スカート(在庫がなくなりしだい販売終了)¥74,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

③スタイリスト 松村純子さん

女っぷり大なベーシックで好感度アップ

「カジュアルになりがちな夏のスタイルにこそ、さりげなく女らしさが足せるアイテムが必要です」と語る松村さん。シルエット美やディテールにこだわった服のセレクトと、コーデを盛れる小物使いのバランスが秀逸。

uncrave サスペンダーパンツ

uncrave

サスペンダーパンツ

「サスペンダーも取りはずし自在で、シルエットがきれいな美脚パンツ。黒のリネンを持っていてかなり使えたのでベージュを新調」。パンツ¥15,400/アンクレイヴ

VIOLAd'ORO かごバッグ

VIOLAd'ORO

かごバッグ

「モダンなデザインのカゴバッグは、コーディネートのポイントにも」。バッグ¥31,900/ピーチ(ヴィオラドーロ)

INSCRIRE ベージュミュール

INSCRIRE

ベージュミュール

「足もとをヌーディにして抜け感を出すのにぴったり。ヒールがあってもバランスがよく、疲れにくい」。サンダル¥42,900/アマン(アンクスクリア)

M7days ノースリTシャツ

M7days

ノースリTシャツ

「パンツを合わせた時に、インにもアウトにもしやすい丈感がちょうどいい。ニュアンスカラーだから着るだけで今年っぽい雰囲気に」。カットソー各¥8,800/SHOP Marisol(エムセブンデイズ)

Chaos 光沢ラップスカート

Chaos

光沢ラップスカート

「カジュアルが多くなる夏に、サテンのツヤ感が女っぽい」。スカート¥30,800/カオス丸の内(カオス)

sans suns ロングネックレス

sans suns

ロングネックレス

「Tシャツなどの胸もとに映えるロングネックレス。単品でも重ねても」。クロスネックレス¥52,250・ネックレス¥36,300/RHC ロンハーマン(サンズ サンズ)

④スタイリスト 池田メグミさん

ミニマル服に小物きかせでリラクシー化

"ラクな着心地できれいに見える"をモットーにお買い物計画が進行中とか。「とろみのあるツヤ素材やリネン、上質コットンなど、春夏こそ生地感を最重視。一方で小物はとことん遊び心があるものに惹かれる傾向が」

Chaos 光沢とろみパンツ LAOCOONTE パイソン柄サンダル

Chaos 光沢とろみパンツ

LAOCOONTE パイソン柄サンダル

「マットな光沢感とニュアンスのあるブラウンの色みが上品なパンツ。Tシャツなどカジュアルアイテムとも相性もよく、ワン・ツーコーデでスタイルが決まるので重宝」。パンツ¥29,700/カオス丸の内 Tシャツ¥18,700・カーディガン¥35,200/エブールギンザシックス(ebure) サングラス¥50,600/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥30,800/ショールーム 233(ニナ・エ・ジュール) バッグ¥53,900/アパルトモン 青山店(デメリエー ロンドン) サンダル¥19,800/SHOP Marisol(ラオコンテ)

(左)HYKEボールイヤカフ (右)HARPOハートイヤリング

(左)HYKEボールイヤカフ

「ボールの3 連デザインが耳もとでアクセントに」。イヤカフ¥13,200/ボウルズ(ハイク) 

(右)HARPOハートイヤリング

「カジュアル感のあるインディアンジュエリーで、ハートモチーフが新鮮」。ハートイヤリング¥20,900/ロンハーマン(ハルポ) 

COCUCA ショッピングバッグ

COCUCA

ショッピングバッグ

「ラフに持てる布トートも存在感も大。見た目のハッピー感にも惹かれて」。バッグ¥6,380/ザ ストア バイ シー 代官山店(コキュカ)

ebure ジレワンピセットアップ

ebure

ジレワンピセットアップ

「ジレとワンピースと単品でもセットでも使えるリネン素材のセットアップ。きちんと感もあるので幅広いシーンで活躍しそう」。ジレ¥69,300・ワンピース¥75,900/エブールギンザシックス(ebure)

HYKE ノースリTシャツ

HYKE

ノースリTシャツ

「パワーショルダー風なノースリーブカットソーは厚地で肉感を拾わず、使いやすそう。王道のホワイトとシックなグレーの2 色オーダー」。カットソー各¥20,900/ボウルズ(ハイク)

⑤エディター 野崎久実子さん

こだわり凝縮のセレクトでシャレ感が加速

こだわりを感じる通なセレクトが目をひく野崎さん。「少しエッジのきいたものや、試したら意外となじむものも。主役ではないなじませアイテムも、ただのシンプルより個性があり、物語を感じるものに運命を感じます」

Hender Scheme レザートートバッグ

Hender Scheme

レザートートバッグ

「カシメだけでとめたデザインがモダンでスタイリッシュ」。バッグ¥18,700/スキマ 合羽橋(エンダースキーマ) 

AHLEM アイウエア

AHLEM

アイウエア

「マスクが手放せない今、目もとにアクセントが欲しくて。個性的なデザインが充実」。メガネ(メタルフレーム)¥57,200・(セルフレーム)¥48,400/グローブスペックス エージェント(AHLEM)

THE SHINZONE プリントTシャツ

THE SHINZONE

プリントTシャツ

「ひそかに集めているアニマルプリントT。いつも黒を選びがちだったけど、あえての白が新鮮で即決」。Tシャツ¥10,780/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)

INSCRIRE 光沢ナロースカート

INSCRIRE

光沢ナロースカート

「パンツ派の私もはきやすいリラクシーさがちょうどいい。ツヤ素材のナローシルエットで黒でも重たく見えず、夏まで活躍しそう」。スカート¥39,600/アマン(アンスクリア)

Suryo ビジューつきバッグ

Suryo

ビジューつきバッグ

「歳を重ねるほどに遊び心のあるアイテムにチャレンジしたい。収益金がジャワ島のフラフトコミュニティの支援になる背景にも惹かれて」。バッグ¥18,700/モットハウス・トーキョー(Suryo) 

【Marisol6月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking