美女組No.183 emi
No.183 emi

衣・食・住のバランスを大切に。ファッション業界に長年勤務し、現在は夫と犬と暮らしています。
身長:174cm
職業:マンションコンシェルジュ

My favorites:
*趣味
映画鑑賞
*興味のあること  
ファッション・インテリア
 *好きな言葉 
「無いものを嘆くな、あるものを活かせ」(松下幸之助)

Instagram:emi___amber

一枚で決まるオールインワンの魅力と二の腕について【40代 私のクローゼット】

この夏は今まで以上にオールインワンのアイテムが活躍中です。
こんにちは、emiです☺
さて、夏本番に入ってからしばらく経ちました。
相変わらずのTシャツ+デニムのコーデと併せてこの夏特にスタメンなのがオールインワン、ワンピースなど、一枚で完結する服。
ファッション玄人の方に「それを言っちゃダメでしょ」と言われることを覚悟の上であえて言わせていただきます。

「コーデとか考えるのめんどくさい」

そんな日もある。
そんな日の救世主です。
家の近所はもちろん、ちょっとしたお出掛けにも着ていくのですが、TPOはアイテム自体の値段でなんとなく使い分け。(すべて以前のブログでご紹介しています)
一枚で決まるオールインワンの魅力と二の腕について【40代 私のクローゼット】_1_1
こちらは南国で浮かれた状態じゃないと一枚では着られませんが、通常はタンクトップをインすればいいだけなので楽ちんコーデの仲間に入っています。
一枚で決まるオールインワンの魅力と二の腕について【40代 私のクローゼット】_1_2
ユニクロとマメクロゴウチのコラボワンピもかなりの頻度で着ていますが、

ちょっといいレストランでランチをするようなときはこちらを。
一枚で決まるオールインワンの魅力と二の腕について【40代 私のクローゼット】_1_3
Deuxieme Classe
Jersey オールインワン
オールインワンでかなり重要なポイントが丈感。
このタイプのシルエットのものであれば、引きずるか引きずらないか、くらいの丈が好みです。

一枚で完結するのはとても助かるのですが、
写真だとバッグが黒ということもありますが、
バングルだけだと遠目で見るとご覧の通り少し寂しさが。

私はほぼ使用しませんが(すぐどこかに置いてくるから)ストールなどが好きな方は撒くだけでも結構変わりますよね。

そして、カーディガンやジャケットをカッコよく肩掛けしている素敵な方を街中でもよく見かけますが、私の場合テクニックが足りないためか、どうしても肩掛けが苦手。
袖を通したくてたまらなくなります←
結果、アクセサリーで多少盛るしかありません。
一枚で決まるオールインワンの魅力と二の腕について【40代 私のクローゼット】_1_4
遠目で見るともっと存在感のあるピアスでもいいよなぁ と思うんですが、バランスって難しい。
一枚で決まるオールインワンの魅力と二の腕について【40代 私のクローゼット】_1_5
一枚で決まるオールインワンの魅力と二の腕について【40代 私のクローゼット】_1_6
薬指にはめているのはイヤーカフです。
リングをもっと重ね付けする日もありますが、
食事の時に邪魔になりそうだったのでこの日は少し抑え目。

今は終始マスクをしているので、シンプルなコーデにリップのカラーでアクセントを付けられないのが本当に残念ですね。
そして、持っているオールインワンはノースリーブが多い事もあり、盛ること以外に気になるのが「二の腕」。

細いとか太いとかではなく、「ぼってり感」「緩み」「揺らぎ」というかなんというか、
張りが無くて表面がユラユラしている感じといえば伝わるでしょうか。

若い子にはあまり見かけないので、老化現象の一つなのかなぁと思っていますが、以前自分の大学時代の映像を見る機会があり、もちろん他のパーツも老いていますが、二の腕の違いにびっくりしたことが忘れられず、以降意識するようになりました。

二の腕の背面って普段の動きだとなかなか使わない筋肉なので衰えやすいらしく。
Youtubeで検索すると沢山のエクササイズが出てくるので気になる方は是非。

内側から引き締めたいのはもちろんですが、表面もある程度ケアを。
一枚で決まるオールインワンの魅力と二の腕について【40代 私のクローゼット】_1_7
楽な方に流されがちな私ですが、ファッションを楽しむためにはある程度努力しないと、と年を重ねる毎に感じています。

とりあえずオリンピック選手の肉体美に驚愕しながら、できることからコツコツと。
最後までご覧いただきありがとうございました。
instagramは下の画像☟をクリック。お気軽にフォローして頂けたら嬉しいです。

What's New

Read More

Feature

Ranking