「ワンハンドル」「硬めレザー」「スクエア形」バッグが 夏のラフな着こなしにほどよい緊張感を与えてくれる!【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #37】

暑い日はいつも以上に着こなしがリラクシーかつカジュアルに向かいがち(つまり適当になる)。大人として「ちょっと大丈夫かな?」という時は、バッグだけでもかっちりさせてみては。ほどよい緊張感が加わり、いつもの着こなしもお出かけ仕様に格上げしてくれます。
坪田あさみ エディター・ライター

坪田あさみ エディター・ライター

大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。
 
@asamit1201
@sundownertokyoomuretsu

オンとオフの境目はバッグの違い

  

リモートワークが日常になるにつれて、この1年ワードローブの方向性は「リラクシー」と「カジュアル」が加速度的に進んでいます。

 

家の中でゆるすぎるのも気分が上がらないのでほどほどにきれいめな着こなしを心がけていますが、カジュアルなお出かけスタイルとも相まって境界線が狭まり、あまり差がなくなりつつあります。

 

そんな中で何がオンとオフを隔てているかというと「小物使い」ではないかと思います。

着こなしがすごくカジュアルでも小物できちんとしていれば、ご近所スタイルとは少し変化がつけられるのではないでしょうか?

 

そこで私の場合重宝しているのがスクエア形のレザーバッグです。

私の着こなしは基本的に普段からとってもカジュアルなのですが、気を抜くとかごバッグや布製トートなどを合わせてしまいます。

そこでお仕事に出かける時は、バッグだけでもレザーのものにシフトするようにしています。中でも最近は硬め素材のレザーでスクエア形の比較的かっちりとしたバッグの出番が多くなっています。

 

撮影でスタイリストさんのコーディネートを見ていても、くたっとした質感ではなく硬めレザーのスクエア形を合わせていることが多くなっている気がします。よかったら誌面でもチェックしてみてください。

  

かっちりバッグはあえてラフなカジュアルに合わせる

POLENE(ポレーヌ)

▲最近私のワードローブに加わり重宝しているのがこのバッグ。色も形もサイズ感もちょうどよく、とっても便利なんです。

バッグ/POLENE(ポレーヌ)

ワンハンドルでもクロスボディにもできるショルダー付き、カラーがグレージュなのでベーシックカラーはもちろん手持ちのピンクやオレンジなどの派手色の服とも合わせやすいのがお気に入りです。そしてスクエア形なのでラフな着こなしもほどよく引き締めてくれます。

 

バッグ/POLENE

▲ハードなアイテムこそコンサバなバッグでバランスを取るようにしています。 

バッグ/POLENE ジャケット/vintage トップス/JOHN SMEDLEY スカート/MADISON BLUE

例えば最近出番の多いカモフラシャツやカーキの着こなしは、かなりカジュアル色が強いのですが、スクエアバッグを合わせることでぐっと大人っぽく格上げされます。これがトートやリュックだと全く違う表情になります。

 

バッグ/POLENE(ポレーヌ)

▲ラフさで言えば大人が一番躊躇するショートパンツ。バッグに気をつけるだけで印象は随分違ってきます。

バッグ/POLENE トップス/JOHN SMEDLEY ショートパンツ/ZARA ジャケット/Chaos

こちらは夏によく履いているリネンのショートパンツですが、スクエアバッグを斜めがけしてみました。脚が出ているとそれだけできちんと感が急降下しますが、バッグでそれを補うイメージで。斜めがけでも収まりが良いサイズ感も便利です。

 

バッグ/POLENE(ポレーヌ)

▲ショートパンツ同様、肩出しトップスの時もきちんと感のあるバッグがいい仕事をしてくれます。グレージュはくすみ系カラーとも相性抜群です。

バッグ/POLENE トップス・スカート/Chaos

グレージュというカラーは人気のニュアンスカラー、特にくすみ系の色なら何でも合います。このブルーのスカートもスモーキーな色みなのでバッグと好相性。肩をがっつり出した夏仕様のトップスも、かっちりバッグならだらしない印象に見えません。

  

どちらかというとこれまでバッグは遊びのあるデザインが多かった私ですが、このスクエア形、ワンハンドル、硬めレザーの三拍子揃ったコンサバ度の高いバッグによって、ずいぶんラフな着こなしにも挑戦しやすくなりました。

  

逆にきれいめな着こなしに合わせるとコンサバ度がさらに高くなってしまうので、ポイントはラフなカジュアルスタイルに取り入れること。オールインワンやショートパンツなど、旬ではあるけれど大人にはちょっとカジュアルすぎるかな?と躊躇しているアイテムこそ、こうしたバッグを合わせてみてはいかがでしょうか? 今どき感もぐっとアップすると思います。

  

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 *次回は8月28日(土)公開予定です

 

What's New

Read More

Feature

Ranking