スタイリスト徳原文子が提案。いまアラフォーがトライしたい 「白黒」スタイル6

白黒コーデは好きだけど、いつも代わり映えしない。そんな読者のために、徳原文子さんが今アラフォーにおすすめしたい、最新のコーデを提案!
徳原文子

徳原文子

本誌をはじめ、数多くの広告やカタログで活躍。使えるトレンドや時代の流れを的確に察知し、女性を美しく、こなれて見えるスタイリングに落とし込む手腕に定評がある

ルールなんてない。白黒だからこそできる着こなしを楽しんで

実は最初、編集部からは「白黒コーデのおしゃれルールを教えてください」と依頼されたんです。それでしばらく考えたんですけど……結論、ルールなんてないな、と(笑)。むしろふだん合わせるのがむずかしい派手なアイテムや、チャレンジしてみたい着こなし、年齢とともに似合わなくなってきたコーデなんかも、白黒でつくればうまくいく。そう、「白黒だからこそ楽しめる大人の着こなし」って、確実にあると思うんです。そんなことを考えながらつくった6つのコーデ。どれかひとつでも「着てみたい!」とワクワクしてもらえたらうれしいです。

Summer Monotone 1

白黒を潔くワンツーで。このコントラストが新鮮

“ニュアンスカラー人気が長かったからか、パキッとした白黒ツートンが今また気になります。スカートを少し甘めにして、シンプルだけど華のあるスタイルに”

ノースリーブカットソー×スカートのモノトーンコーデ
ニュアンスカラーを見慣れた目に、白と黒のメリハリ配色が新鮮に映る。「ワンツーコーデが地味になる、という人は、この配色に立ち返ってみるのもおすすめ。スカートが甘いぶん、小物は黒に。バッグストラップの金具やアクセサリーのシルバーで、涼しげなアクセントをきかせて」。

カットソー¥17,600/インターリブ(サクラ) スカート¥95,700/マディソンブルー ネックレス¥46,200/エスケーパーズオンライン(ハルポ) ブレスレット¥52,800/アパルトモン 青山店(ジジ) バッグ¥237,600/トッズ・ジャパン(トッズ) バッグストラップ¥42,900/ザ ストア バイ シー 代官山店(ケイト ケイト) 靴¥22,000/シジェーム ギンザ(マウロ デ バリ)

Summer Monotone 2

カジュアルなTシャツレイヤードも大人仕様に

“カジュアルを大人っぽく見せたい時も白黒の出番。例えば子供っぽく見えがちなキャミワンピース&Tシャツのレイヤードも、白黒ならほどよくシックな印象に決まります”

Tシャツ×キャミソールワンピースのモノトーンコーデ
「ワンピースはとろみ素材を選ぶことでさりげなく女っぷりアップに」。グリーンのハンドルが可愛いかごやボリュームソールの靴など、個性強めの小物でさらにテンションアップ! 

Tシャツ¥12,100/ウールリッチ 青山店(ウールリッチ) ワンピース¥37,400(ルル・ウィルビー)・ターバン¥9,790(メゾンドリリス)/アルアバイル サングラス¥38,500/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥31,900/ショールーム セッション(マリハ) ブレスレット¥50,600/アパルトモン 青山店(ティリー スヴェアーズ) ストール¥29,700/カオス丸の内(アソース メレ) バッグ¥81,400/ジミー チュウ 靴¥81,400/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

Summer Monotone 3

”コンサバな白黒”のかっこよさは格別

“ダレがちな夏こそ、白黒でつくるコンサバコーデってやっぱり素敵。今回はジャケットではなく、ジレでより感度高めにしてみました。縦長感が強調されて、スタイルアップにも”

ジレ×パンツのモノトーンコーデ
「いわゆる普通のきれいめ白パンツだと印象が古く見えがちなので、ボリューミーなシルエットのパンツで今っぽい抜け感を」。ゴールドでまとめたアクセ類も、リッチ見えにひと役。

ジレ¥39,600/アルアバイル ブラウス¥19,800・パンツ¥38,500/インターリブ(サクラ) ピアス¥44,000/アパルトモン 青山店(アグメス) ネックレス¥37,400/ショールーム セッション(モダン ウィービング) 10連バングル¥198,000/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル) バッグ¥170,500(ザンケッティ)・靴¥47,300(ブレンタ×カオス)/カオス丸の内

Summer Monotone 4

白ワンピは黒パンツを合わせてキレよく

“白ワンピの下に細身パンツやレギンスではなくあえて太めの黒パンツを。そうすることでほっこり見えず、ちょっとしたモード感も生まれます”

ロングシャツワンピース×パンツのモノトーンコーデ
一枚でも絵になるビッグシルエットのワンピースがより上級者風の着こなしに。「とはいえ、やはり白ワンピは太って見えがちなので、ハットやバッグといった小物でも黒を散らし、さりげなくコーデを引き締めるのもポイントです」。

ワンピース¥31,900・パンツ¥28,600/インターリブ(サクラ) 帽子¥30,800/essence of ANAYI(ヴァンパルマ) バングル¥66,000/カオス丸の内(アダワット トゥアレグ×カオス) バッグ¥93,500/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,500/SHOP Marisol(徳原文子×イル サンダロ オブ カプリ)

Summer Monotone 5 

楽なのにきれい見えする黒のジャンプスーツをぜひ

“楽な服を着たいけど、楽ちんだけじゃ飽きてくる。そんな今の気分にぴったりなのが、着るだけできれい見えする黒のとろみジャンプスーツ。華やかなスカーフを巻けば、さらに気分が上がります”

黒のジャンプスーツコーデ
「こんなとろみのある黒のジャンプスーツなら、着心地は抜群に楽なのに大人の上品さも簡単にキープできる。小物しだいでカジュアルにもきれいめにもなるのでおすすめです」。華やかなスカーフで女らしさを高めつつトングサンダルで夏っぽい抜け感を。

ジャンプスーツ¥63,800/TSI(ハーヴェル スタジオ) スカーフ¥37,400/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール) ピアス¥49,500/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) 三重にしたネックレス¥48,180/ザ ストア バイ シー 代官山店(インディアンジュエリー) バッグ¥148,500/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥75,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

Summer Monotone 6

ドラマティックなレースを白&黒でデイリーに着る

“ちょっと派手かな? と思うドラマティックなスカートをふだんのコーデに使うのが大好き。こんな華やかなレースも、全身を白黒でまとめれば簡単。等身大で着こなせます”

シャツ×肩がけカーディガン×スカートのモノトーンコーデ
「カジュアルなTシャツ合わせももちろん可愛いですが、今回はシャツとメガネでちょっとトラッドな仕上がりを意識。動くたびに揺れる繊細な黒レースが、気分を上げてくれるはず」。

シャツ¥31,900/ザ ストア バイ シー 代官山店(コキュカ) カーディガン¥10,780/アンクレイヴ スカート¥143,000/エブールギンザシックス(ebure) メガネ¥38,500/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥19,800/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥124,300/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥169,400/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)
【Marisol 8月号2021年掲載 撮影/渡辺謙太郎 ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里】

What's New

Read More

Feature

Ranking