顔色がすぐれない日はオレンジ×ベージュの肌映りがよいグラデ配色で【2021/8/18コーデ】

定番カラーパンツは同系色でまとめつつボディラインを拾わないワイドシルエットでフレッシュに
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
最近、暑すぎて素麺しかたべていなかったせいか、貧血気味。青白い顔をしていたので、まろやかなオレンジをたっぷり分量のあるワイドパンツで投入しつつ、ベージュになじませて肌映りのいいグラデーションできめてみる。それだけで、ぱっとフレッシュな印象になって鏡を見るたび自信が湧いてくる。夕食には鉄分補給のために、ひじき入りハンバーグでも手作りしちゃおうかな。
カットソー¥20,900/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(コグザビッグスモーク) ジャケット¥50,600/カオス丸の内(カオス) パンツ¥25,080(サージ)・ネックレス¥15,400(マリア ブラック)/ショールーム セッション バッグ¥137,500/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

▼「ワイドパンツ」を使った関連記事もチェック

What's New

Read More

Feature

Ranking