TOMORROW X TOGETHERが胸に刺さる理由

ある日突然、なんの前触れもなく韓国ドラマの沼にハマるファンもいるように、最近思いもかけない私の周りの友人知人がK-POPにハマっています。なかでも、世界の頂点に輝いた、唯一無二の人気アーティストBTSは言わずもがな、同じ事務所HYBEの第4世代の代表格で、デジタルネイティブのZ世代の代弁者とも言われるTOMORROW X TOGETHERの人気が世代を問わず急上昇中。発売からわずか1週間で63万枚セールスのヒット作となっている5月発売の2ndアルバム『The Chaos Chapter:FREEZE』に続き、8月17日に2ndアルバムのリパッケージアルバム『The Chaos Chapter: FIGHT OR ESCAPE』をリリースした彼らの胸に刺さる魅力を紹介します!
TOMORROW X TOGETHERが胸に刺さる理由_1_1
TOMORROW X TOGETHERは、2019年にデビューした、リーダーのSOOBIN 、YEONJUN、 BEOMGYU 、TAEHYUN、 HUENINGKAIの5人組ボーイズグループです。日本デビューショーケース時、キラキラと輝く大型新人だった彼らが、今年5月にリリースした2ndアルバム『The Chaos Chapter: FREEZE』では、「0X1=LOVESONG (I Know I Love You) feat. Seori」と「Magic」 「Anti-Romantic」などが話題となり、デビュー後最短で”ビルボード200”の5位に輝くという記録を達成。しかも9週連続でチャートインという快挙で、着実に成長を続けグローバル人気アーティストとしてファンを魅了中です。そんな彼らが8月17日の『The Chaos Chapter: FIGHT OR ESCAPE』リリース当日、アルバムに込めた想いと、タイトル曲「LO$ER= LO♡ER」のステージをメディアショーケースで披露。「エモポップパンクジャンルのこの曲は、普段僕たちがよく聴いている音楽のプロデューサー、スクーター・ブラウンさんとご一緒でき、このアルバムも前作同様、創っていてとても楽しかった」という作品。他人からは”LO$ER”と思われても、世界で唯一の救済者”君”とはお互いを救う”LO♡ER”でありたいという少年の気持ちを表現しています。初めてリード曲のラップをYEONJUNさんが手がけ、同年代の(そしてかつて同年代だった人々の)今のリアルな心情を綴っています。TAEHYUNさんが、「Z世代は現実に直面する時期が早い」と明かしていたのも印象的でした。MVはSOOBINさんが「ニルヴァーナのロックステージにインスパイアされ、スタンドマイクを使っって控え目な動きから、感情の爆発を表現した」といい、私はNYでライブハウスに通っていた青春時代を思い出し遠い目に。MVでの部屋にはオアシスのポスターなどが貼ってあったり、さらに、この曲で使用したギターは、私の学生時代のアイドルで、NYで90年代に撮影でご一緒したザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズさんのものですと続け、懐かしすぎて涙目!!(そう話していたBEOMGYUさんは生まれてなかった頃ですね、、、)ザ・ウィークエンド、ジャスティン・ビーバー、セレーナ・ゴメスなどの楽曲を手がけるプロデューサー、Ithaca Holdingsのスクーター・ブラウンといった、世界のトップクリエイターとの相乗効果から生まれた、懐かしくも最新の楽曲と実力、昨年取材させていただいた時にHUENINGKAIさんが「僕たちの魅力は、イケメンなところ」と屈託なくお茶目に答えてくれたギャップがまたたまらなく面白い。
  • TOMORROW X TOGETHERが胸に刺さる理由_1_2-1

    SOOBIN

  • TOMORROW X TOGETHERが胸に刺さる理由_1_2-2

    YEONJUN

  • TOMORROW X TOGETHERが胸に刺さる理由_1_3-1

    BEOMGYU

  • TOMORROW X TOGETHERが胸に刺さる理由_1_3-2

    TAEHYUN

  • TOMORROW X TOGETHERが胸に刺さる理由_1_3-3

    HUENINGKAI

アルバムタイトルにある”FIGHT”や”ESCAPE”をしたことはあるかとの問いに、「避けられないプレッシャーを感じることもあるが、それに打ち勝つためにも目標を高く、さらに厳しくしている。時間がかかっても、努力して良いステージで、自分たちらしい良い音楽で証明できると思う。ゆっくり戦うのが僕たちの方式です。」と最年長でダンスも”鬼ヤバ”の努力家YEONJUNさん。このアルバムには、ファン(MOA)への想いの詰まったファンソング「MOA Diary (Dubaddu Wari Wari)」も収録。「コロナ禍でファンの皆さんに会えない状況ですが、僕たちは一つでいつも一緒にいるという気持ちを込めました」とBEOMGYUさん。HUENINGKAIさんが「5人が作詞をして、いいところをまとめた楽曲。本当に伝えたい言葉を収めることができ楽しい作業だった」と満足げでした。ファンはそんな進化し続ける彼らのパフォーマンスと、私の周りのファンたちにとっては、ちょっと懐メロ風味なサウンドが相まって応援せずにはいられないチームなのだと思います。是非一度聴いてみてください!
TOMORROW X TOGETHERが胸に刺さる理由_1_4
TOMORROW X TOGETHERが胸に刺さる理由_1_5
2ndアルバムのリパッケージアルバム『The Chaos Chapter: FIGHT OR ESCAPE』 https://umj.lnk.to/foePR ●収録曲 01.LO$ER=LO♡ER 02.Anti-Romantic 03.0X1=LOVESONG (I Know I Love You) feat. Seori 04.Magic 05.Ice Cream 06.What if I had been that PUMA 07.No Rules 08.MOA Diary (Dubaddu Wari Wari) 09.Dear Sputnik 10.Frost 11.0X1=LOVESONG (I Know I Love You) feat. Seori (Emocore Mix) <フィジカル> ●『The Chaos Chapter: FIGHT OR ESCAPE』 ■形態 計2形態:「FIGHT」、「ESCAPE」 ■販売価格 ¥2,200(税込)/¥2,000(税抜) ●『The Chaos Chapter: FIGHT OR ESCAPE(TOGETHER ver.)』 ■形態 計2形態 The Chaos Chapter: FIGHT OR ESCAPE (FIGHT : TOGETHER) The Chaos Chapter: FIGHT OR ESCAPE (ESCAPE : TOGETHER) ■販売価格 ¥1,485(税込)/¥1,350(税抜)
TOMORROW X TOGETHERが胸に刺さる理由_1_7
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 「イカゲーム」など話題作が続々、秋の夜長にNetflix

    実話がベースの軍の闇を描いた、チョン・ヘインさんやク・ギョファンさん、シン・スンホさんら役者陣の迫真の演技に引き込まれる良作「D.P.-脱走兵追跡官-」など、オリジナル作品が光るNetflix。この秋の話題作は、9月17日に配信が始まった「イカゲーム」、豪華キャストサバイバルゲーム!10月にはOST(オリジナルサウンドトラック)も日本でチャートインした「わかっていても」のハン・ソヒさんのサスペンス「マイネーム:偽りと復讐」、「偶然見つけたハル」で主演以降、演技ドルとして引っ張りだこのSF9のロウンさんの時代劇「恋慕」が配信予定です!マリソル世代の女優シン・ミナさんがチャーミングなヒーリングラブコメ「海街チャチャチャ」も配信中、また、ドキュメンタリーも秀逸で、「冷麺賛歌〜韓国の美味しいを探訪〜」には、ソン・シギョンさんがこのコラムで教えてくれた店も登場するのでぜひ!!

    韓流NEWS

    2021年9月21日

  • 韓国スタイルのリアルが詰まった「KOREA SENSE」の著者に深掘り

    8月に発売され話題となっている、韓国スタイル偏愛ショップ満載の新著「KOREA SENSE」。この本の著者、 東山サリーさんは、韓国のカフェが好きすぎて訪れたカフェは韓国全土で900軒越えという、SNSやカフェ本も人気のチャーミングなマリソル世代の韓国在住コーディネーターです。彼女と私の出会いは、2017年。私の渾身のSPUR釜山特集をSNSで紹介してくれたところから始まりました。偶然共通の友人がいたことから、東京やソウル、釜山で濃密なカフェ時間を楽しんでいます。会うたび、そのファッションセンスにもキュンとさせられる彼女に、コリアセンスのあれこれを深掘り!

    韓流NEWS

    2021年9月1日

  • ワールドワイドな人気を誇るBLACKPINKが夏を盛り上げる!

    世界を席巻する4人組ガールズグループ、BLACKPINK。8月3日には「THE ALBUM-JP Ver.-」をリリース、翌日4日には韓国デビュー5周年を記念して制作された初の映画『BLACKPINK THE MOVIE』が日本を含む世界約100カ国で劇場公開となり、なかなかライブなどでパフォーマンスに触れることのできないファンにとって嬉しい贈り物が続きます。映画は、世界を虜にするアスリートの活躍にも似た、高みを目指す4人のアーティストの今がリアルに伝わる胸熱映画となっていて、この夏を、ガールクラッシュBLACKPINKが盛り上げます!

    韓流NEWS

    2021年8月3日

  • 夏の話題作、推しドラマ&映画が大渋滞!!

    気分を上げ、心を豊かにしてくれる芸術の存在にありがたさを今まで以上に感じる今日この頃。嬉しいことに、この夏も話題の韓国ドラマ、韓国映画が目白押し!ドラマは「シグナル」「ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です」のイ・ジェフンさんのダークヒーローもの「模範タクシー(原題)」、「星から来たあなた」のチョン・ジヒョンさんの「キングダム アシンの物語」。映画は、実話をもとに描いた働く女性の『サムジンカンパニー1995』、韓国で観客動員820万人超えを記録したブロックバスター映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」『新感染 ファイナル・エクスプレス』のコン・ユさんと「青春の記録」のパク・ボゴムさん共演の『SEOBOK/ソボク』、そして、グローバルに活躍するBLACKPINKの本国デビュー5周年を記念した初の映画『BLACKPINK THE SHOW』と熱いラインナップに注目!

    韓流NEWS

    2021年7月9日

  • 豪華、韓ドラ松花堂弁当! 魂入れ替わりラブコメ時代劇「哲仁王后(チョルインワンフ)」

    韓国ドラマ好きなら、知らない人はいない名作ドラマ量産ケーブルTV局tvN。私の韓国旅行の楽しみのひとつは、tvNがリアルタイムで観れること。そのtvNの歴代視聴率ランキングの上位を占めるのは、1位から「愛の不時着」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」「恋のスケッチ 応答せよ1988」「ミスター・サンシャイン」と続き、5位が今回紹介する「哲仁王后(原題)」、6位が「ヴィンチェンツォ」。ランキングからも、愛すべき魂入れ替わりフュージョン・ラブコメ時代劇「哲仁王后」が、どれだけ人々を熱中させ、大ヒットしたかが伝わってきます。どのキャラクターも生き生きと魅力的で、衣装やセット、宮中料理なども麗しくときめきが止まりません!待望の日本初放送が衛星劇場でスタートします!!

    韓流NEWS

    2021年7月1日

  • 「女神降臨」でブレイクの新星、ファン・イニョプさんインタビュー

    世界100カ国でヒットしたウェブ漫画が原作というドラマ「女神降臨」。日本でも放送中で、顔の天才チャウヌさん演じる秀才イ・スホの恋のライバル、ハン・ソジュンがはまり役と話題となったのがファン・イニョプさん。魅力あふれるキャラクターに完璧にシンクロ、ソジュン派、ハン・ソジュンアリ(ハン・ソジュン病)続出で、切ないソジュンの心情を乗せたOST(ドラマ挿入歌)まで披露し、世の女子たちのハートを鷲掴みに。超新星として注目されています。イニョプさんは「ノクドゥ伝~花に降る月明かり~」でカン・テオさん演じるユルムの護衛役を経て、温かくて泣ける推しドラマ「18アゲイン」では恋に不器用な高校生役を好演。「18アゲイン」放映時20万人だったSNSのフォロワー数が、「女神降臨」の熱量で935万人超えに増えたそうです。そんな宇宙いち学生服が似合う30歳のルーキーは、現在チ・チャンウクさんと来年配信予定のNetflix「アンナラスマナラ」(「雲が描いた月明かり」「梨泰院クラス」のキム・ソンユン監督、「雲が描いた月明かり」「恋するジェネレーション」のキム・ミンジョン脚本家)の撮影中だという彼に、グッと迫ります!

    韓流NEWS

    2021年6月21日

  • 眼福、社会派、癒し系。話題の最新ドラマや映画が大豊作!!

    6月も話題作が続々登場して嬉しい限り!百想芸術大賞で作品賞に輝いた「怪物」は、主演のシン・ハギュンさんが、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギさんや「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンさん、「悪の花」のイ・ジュンギさん、「ペントハウス」のオム・ギジュンさんという錚々たる候補者を抑えて最優秀主演男優賞も受賞したのにも納得の話題作です。また、じんわり泣けて私好みの「賢い医師生活」シーズン2も始まるなど、韓国ドラマ、韓国映画の快進撃はこの夏も続きます!!

    韓流NEWS

    2021年6月15日

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

    5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年5月28日

Read More

Feature

Ranking