地味ながら実はわりと重要!髪の分け目の地肌(ヘアライン)を一瞬で隠す方法【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #39】

メイクだけでなく年齢が出やすいヘア問題。今回はヘアケアでもスタイリングでもスカルプケアでもなく、頭皮のメイクアップについてご紹介します。
坪田あさみ エディター・ライター

坪田あさみ エディター・ライター

大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。
 
@asamit1201
@sundownertokyoomuretsu

撮られる側になって初めて気づいたヘアラインのこと

  

普段は裏方仕事がメインのエディター業ですが、たまーに自分を写していただく企画があったりします。そんな時、普段は見ないふりをしている自分の姿や、意外な角度から見る自分にがっかりしたり辛くなったりすることもしばしば。年齢に比例した老化現象は仕方ないとはいえ落ち込むお年頃でもあります。

  

撮影された自分の姿を見て「あーあ」と悲しくなる部分はたくさんあるのですが、なかなか一朝一夕に解決できることは多くないですよね。まずは毎日のお手入れからしっかりすればいいのですが、その時間もちゃんと取れないこともしばしば。

でもそんな中でも超簡単に、短時間で解決してくれる、費用対効果の高い優秀アイテムを発見しましたので、今回ご紹介したいと思います。

  

最近の撮影で私が一番恥ずかしかったこと、それは「髪の分け目の白い地肌(頭皮)」の存在です。

シミでもシワでもたるみでもなく、めちゃくちゃニッチな部分(笑)。しかし、スチールでも動画でも一番気になったのはここだったのです。

  

そこでヘアメイクさんにご相談してみたところ「いい商品があるよ!」と教えていただいたのがこれです。

ミルボンの「エルジューダ ヘアライン シェーディング パウダー(フェイスカラー)」

それもズバリ「髪の分け目の白い地肌を隠す」ことに特化した、とってもニッチな商品。よくある白髪を隠すというものではなく(この商品で白髪は隠せません)、髪の分け目の白い地肌だけを隠すもの。そんな細かいもののためにこんな商品を販売してくださってありがとうございます!とミルボンさんに感謝状を書きたいぐらい便利なんです。

  

詳しくこの商品をご紹介しましょう。

ミルボンの「エルジューダ ヘアライン シェーディング パウダー(フェイスカラー)」というのが商品名。髪の分け目(ヘアライン)を隠す(シェーディングする)ためだけのパウダーです。

  

とっても小さいサイズ感、お分かりになりますでしょうか? 小さくて軽いから化粧ポーチにもすっと入るあたりも考えられています。

この上部の茶色い蓋をぱかっと開けると、チャコールグレーのようなパウダーが現れます。

ミルボンの「エルジューダ ヘアライン シェーディング パウダー(フェイスカラー)」

この色が黒髪にも茶髪にもとりあえず自然と馴染む絶妙な色みになっています。アイブロウパウダーのような質感です。

  

実はこの商品が出るまで、ヘアメイクさんは撮影時のモデルさんにアイブロウパウダーや濃い色のアイシャドーを使って、ヘアラインを隠していたそうです。しかし、この商品が販売されてからはすぐさまこちらに切り替えたのだそう。

ミルボンの「エルジューダ ヘアライン シェーディング パウダー(フェイスカラー)」

その理由は、、、パッケージの底部分をぱかっと開けると出てくるこのパフ! これが底蓋として内臓されているのです。この形状によって、とっても簡単に広い範囲にパウダーを乗せることができ、また手を汚さずに済むのでストレスフリー。パフをなくす心配もありません。こうしたあたりもプロ仕様の機能美を感じます。

 

さっそく試してみたbefore・after画像はこちら

  

実際にどんな風に違うのか、今回は恥を忍んでお見せしちゃいます!

  

▼before

坪田あさみさん

こちらはbefore写真。もともと毛量は普通ですが、年齢とともに髪の毛が細くなってしまったのか、とってもヘアラインが目立っています(涙)。普段は頭のてっぺんなど人に見られるわけではないし、自分でも見えないので気にならないのですが、写真や動画に撮られて発見したのは、うつむいたり、座ったりする時に意外とヘアラインって目立っていたのね、ということ。

  

このヘアラインに先ほどのパフを含ませたパウダーをポンポンしてみます。とっても簡単です! 全く技術も力も入りません。

坪田あさみさん

パッケージの底部分に取り付けられたパフは柔らかすぎず、ほどよく硬さがあるのでとってもつけやすい。手が汚れないからメイクの流れでできるのも楽ちん。

  

▼after

坪田あさみさん

はい、こちらがafterです。わかりますか?

「なんか特殊なもの塗りましたね!」的な感じでなく、あくまでナチュラル、近くでジロジロ見られても全然わからないレベルです。自然に髪の分け目の地肌の白さを隠せています(所要時間は10秒)!

  

人によっては髪の生え際にポンポンしたり、剃り込み部分に塗ってコンプレックスを隠すこともできます。そしてこちらの商品は「フェイスカラー」と書かれているだけあって、敏感肌の私が直接肌に塗っても問題ありませんでした。汗をかいても黒い汗になったりせず、いつものシャンプーで簡単に落ちます。おでこの生え際に塗ったものもクレンジングや洗顔で簡単に落ちるので負担がありません。

  

これがあることで、髪の毛をピタッとタイトにまとめる分け目が目立ってしまうヘアアレンジも気にせずできるようになります。髪の生え際をシェーディングして小顔に見せるためにも積極的に使ってみたいと思います。

  

いかがでしたでしょうか?

私と同じようにヘアラインの白さが気になっている人はぜひお試しくださいね。とっても良い商品ですよ!

今回も読んでくださりありがとうございました!

 

 

 *次回は9月25日(土)公開予定です

 

What's New

Read More

Feature

Ranking