菊の節句はこんなご時世だし無病息災を願っておうちで栗ごはんづくり【2021/9/9コーデ】

栗ごはんが主役の日なので、全体のトーンををダークにまとめてカジュアルシックに
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
明日は重陽の節句。別名「菊の節句」ともいって、菊のお花を愛でたり、栗料理を食べて無病息災、長寿延命をお祈りするもの。コロナ禍だからこそ、こういった季節の行事を大切にするのも必要な気がして、明日は菊の花と栗を買うためお出かけしようっと。基本はオール黒のタートルニット×レザースカートのシンプルコーデだけれど、そこにロングジレを羽織ればクラシカルな秋のムードが漂う。
靴¥68,200/ウィム ガゼット青山店(フランチェスコ ルッソ) ロングジレ¥69,300/アマン(カバナ) ニット¥12,100(デミルクス ビームス)・スカート¥34,100(ルーム エイト)/ビームス ハウス 丸の内 タイツ¥4,180/ステッラ(ピエールマントゥー) ピアス¥19,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥104,000/スクワット/ルメール(ルメール)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石上美津江 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

What's New

Read More

Feature

Ranking