身長+3cm見えがかなう!エディター伊藤真知さんのスタイルアップコーデ

ヒールを履く機会が減り、薄着でスタイルアップが難しい時季を乗り切るべく、おしゃれのプロがすらっと見え&すっきり見えのマイルールを私服でご紹介!

PROFILE

Machi Ito

本誌のほか、世代を問わず幅広い女性誌で活躍するエディター。5月からMarisol ONLINEでスタートしたブログ「『プチプラ』は40代からがもっと楽しい!」も好評。身長155㎝

目線を上げたいから、重心は上!トップスは極力コンパクトに

夏はビーサンをはじめ、ほぼ毎日がぺたんこ靴。服数も少なく、トップスとボトムの1+1でもバランスよく見せるには、より目線が上がる工夫が大事に。ゆるくてもタイトでも、インでもアウトでも、基本トップスは"短め"。幸い今年はロゴTやヘッドアクセなど顔まわりに視線を集めるトレンドも多いので、スタイルアップとしゃれ見えを狙って積極的に取り入れています。

+3cmRULE

締まる色や大ぶりアクセ……上半身に”目をひく”要素を

ニットキャミソール×ロングスカートコーデ

「小柄な体を縦長に見せるのに、意識しているのはⅠラインのシルエット。トップスは短め丈はマストですが、袖のないデザインも定番です。長さもハリ感もあるマキシスカートを合わせてもちゃんと目線が上にいくように、濃い色を上に。クラッチや大きなブレスレット、サングラスなど、目をひく小物を上に集中させたのもポイントです」

Knit:extreme cashmere

Skirt:DRESSTERIOR

Sunglasses:EYEVAN

Bag:ZANCHETTI

Shoes:BALDAN

+3cmRULE

迷ったら、目線の上がるロゴTを!ゴムスカートも”腰高”の後押しに

Tシャツ×ロングスカートコーデ

「胸もとに視線を集めるロゴTは、重心アップに便利なアイテム。潔いまでのオーバーサイズを、"おなかではける"ニットスカートにぎゅっとインすることで、境目であるウエストラインが高い位置で強調され、脚長に見えるという効果が。流行のヘアターバンも、リアルに+3㎝できて重宝(笑)」

T-shirt:REMI RELIEF×Chaos

Skirt:Whim Gazette

Hair turban:La Maison de Lyllis

Pierces:MARIA BLACK

Bag:THE SHE

Shoes:TKEES

+3cmRULE

セットアップ風の同色コーデでラクして理想のⅠラインに

ノースリーブ×ロングスカートコーデ

「ゆったり長めのトップスが多い中、新鮮に映ったショート丈。今回はシンプルにスカートに合わせましたが、ストンとしたワンピースなどに重ねても、奥行きが出て、腰高に見える名品です。大好きなノースリーブを同系色のスカートとセットアップ風に。トーンをそろえて着ることで、配色でも縦見えに」

Tops:STUNNING LURE

Skirt:Chaos

Necklace:MARIHA

Stole:A_SAUCE MÊLER

Shoes:PIPPICHIC

+3cmRULE

重ねるほうがほっそり見える襟高トップス+ワンピのレイヤード

カットソー×ワンピースのレイヤードコーデ

「ハイウエストなリボンと、体のラインを拾いにくいラップ型にひと目惚れしたワンピース。そのままでも十分すらっと見えますが、中にボトルネックのカットソーを重ねて"服の始まる位置"を高くすることで、ビーサンでもヒールを履いたような縦長感が。線の細いカチューシャもマイブーム」

Tops:DES PRÉS

One-piece:SHAINA MOTE

Headband:IRIS 47

Bag:MARCHER

Shoes:TKEES

【Marisol 9月号 2021年掲載】かっこ撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) 取材・文/伊藤真知

What's New

Read More

Feature

Ranking