-3kg見えがかなう!スタイリスト池田メグミさんの着やせコーデ

ヒールを履く機会が減り、薄着でスタイルアップが難しい時季を乗り切るべく、おしゃれのプロがすらっと見え&すっきり見えのマイルールを私服でご紹介!

PROFILE

Megumi Ikeda

細部にまでこだわった確かなモノ選びと、どんなシンプル服も華やぐコーデ力で、本誌でも人気のスタイリスト。私服はカジュアルなパンツスタイルが多め。身長155㎝、Mサイズを愛用

落ちる素材やハリのある服で丸みのある体をすっきりカバー

最も大事なのは素材選び。"肉感を拾わない"のが大前提なので、体を立体的に包んでくれるハリ素材や、縦にストンと落ちるとろみ素材は欠かせません。またトップスは肩の位置でかなり印象が変わるので、肩が下がりすぎるドロップショルダーよりはコンパクトなスリーブを。体に合わない流行は潔く"着ない"のもルールです。

A.ATONのVネックワンピース B.Chaosのとろみパンツ C.ATONのストライプシャツ

A.ATONのVネックワンピース

B.Chaosのとろみパンツ

C.ATONのストライプシャツ

A.で-3kg
細いところは細さを強調してゆるっとしつつも女らしく

ATONのVネックワンピースコーデ

「展示会のスタッフのかたが着ていて、その細見えぶりに思わず即決したエイトンのワンピース。たっぷりした生地感とハリのある素材で肉を拾わず、前後Vネックで顔まわりもすっきり。身幅に対して袖が細めのメリハリシルエットで、二の腕や胸にボリュームがあっても華奢に見えるのも優秀です」

One-piece:ATON

Cap:THE ACADEMY NEW YORK

Ear cuff:ARTIDA OUD

Bag:LONGCHAMP

Shoes:RAINBOW SANDALS

B.で-3kg

流れるようなストレート型ならまろやかな色でもすっきり

白のロングTシャツ×Chaosのとろみパンツコーデ

「春先から出番の多いカオスのとろみパンツは、太めでストレートで縦に落ちる素材という、"私的"着やせボトムの3カ条をクリアした一本。薄手でも太ももやふくらはぎのラインが目立たず、切らずにはける丈もお気に入り。トップスもあえてロンTをたくし上げることで、手もとを出して細見えに」

Pants:Chaos

T-shirt:YLÈVE

Necklace:MARIHA

Ring:ARTIDA OUD

Bag:CABANABASH

Stole:A_SAUCE MÊLER

Shoes:AKTE

C.で-3kg

立体シャツとのバランスを考え下にもほどよくボリュームを

ATONのストライプシャツ×パンツコーデ

「肩が下がりすぎると体が大きく見えてしまうので、できるだけ肩幅に合ったスリーブはマスト。パリッとしたエイトンのシャツは肉感は目立たないものの、インすることでそこそこ膨らみが。パンツや靴もほどよくボリュームのあるものを選んで、上下を均一なバランスにするのもポイントです」

Shirt:ATON

Pants:LOEFF

Ear cuff:ARTIDA OUD

Bag:LASTFLAME

Shoes:CELINE

【Marisol 9月号 2021年掲載】かっこ撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) 取材・文/伊藤真知

What's New

Read More

Feature

Ranking