三尋木奈保流・薄着の季節は「メリハリ配色」で着映えを狙う!

フェミニンな好印象スタイルが人気のエディター三尋木奈保さん。「涼しさは大事だけれど、あっさりしすぎたりルーズに見えないよう、"きれいめな映え感"を意識しています」。リアルな工夫がつまった夏の着こなしをお届け!
三尋木奈保

三尋木奈保

きちんと感のあるフェミニンスタイルにファン多数。スタイルブック『My Basic Note』(小学館)は2冊累計18万部を超えるベストセラーに。Marisol ONLINEで連載中のコラム「教えて! エディター三尋木奈保さん!」も大好評
「以前も誌面でお話ししましたが、薄手の季節こそ『メリハリ配色』が私のモットー。ワンツーコーデで薄着になるし、コットンやリネンなどナチュラル素材が多くなるので、上下が同じトーンだと印象がぼやけるんです。そんな時コントラストのつく色合わせを意識してみると、着こなしがぱっと決まりますよ。今まで考えつかなかった新しい組み合わせが生まれるのもメリット。私は時間のある休日に、手持ち服で『メリハリ配色探し』をよくやっています。クローゼットが効率的にまわるようになるのもうれしいのです」
チャコールグレーのブラウス×ピンクスカートのメリハリ配色コーデ

互いを引き立て合う、シックなチャコール×甘いピンク

「ピンクのスカートは昨年から愛用。今までモカ系のトップスしか合わせていなかったのですが、チャコールグレーをもってきたら意外に好相性。寒色系×暖色系の色合わせはメリハリがつきやすいんですね。チャコールの落ち着きのおかげで、ピンクスカートが甘々にならないのもいい。グレージュのバッグが、キャラクターの違う2色をうまくつないでくれます」

BLOUSE_VERMEIL par iéna
SKIRT_ebure
BAG_ZANCHETTI
SHOES_NEBULONI E.
BANGLE_CATHS
ライトグレーのTシャツ×マスタードカラーのレーススカートのメリハリ配色コーデ

マスタード色のスカートはまろやかなグレーで大人っぽく

「以前から気になっていた日本ブランド"ルームエイト"で、今季レーススカートを購入。マスタード色に合わせるトップスは、黒だと印象がキツイ。白だとひねりが足りない……というわけで、ミディアムグレーを合わせてみたらしっくり! 辛口だけど華やかさもあるワンツーコーデになりました」。サングラス¥33,000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン)

T-SHIRT_AK+1
SKIRT_Room no.8
BAG_THE ROW
SHOES_PIPPICHIC
EARRINGS_
NAGLE AND SISTERS
BANGLE_TIFFANY & CO.
BRACELET_
MALCOLM BETTS
白シャツワンピース×ブルーパンツメリハリ配色コーデ

夏しかできない白×ブルー。クリーンな魅力を堪能したい

「白×ブルーって、よく考えてみると夏にしかできない色合わせなんですよね。アラフォー女性がほかの季節にやると、さわやかすぎて浮いてしまう気が……。大好きな配色だから、夏の間に忘れずに実践するようにしています。白のシャツワンピにブルーのパンツ、今年らしいレイヤードでリラックスした抜け感を意識。パイソン柄のバッグがピリッとしたスパイスに」

SHIRT_ANAYI
PANTS_Drawer
BAG_MARCO MASI
SHOES_CELINE
BANGLE_TIFFANY & CO.
BRACELET_
TIFFANY & CO.
ネイビーシャツ×ブラウンスカートのメリハリ配色コーデ

ビターな女っぽさが香る、濃色同士のコントラスト

「購入して3年目になるネイビーのリネンシャツ。白やベージュのスカートに合わせるのが定番でしたが、こっくりしたブラウンも行けるのが今年の新発見。これも寒色×暖色のコントラストですね。濃色同士でもこってりしないのは、リネン×コットンの夏素材だからこそ」。ブレスレット¥49,500・バングル¥52,800/アパルトモン 青山店(ガブリエラ アルティガス)

SHIRT_NOBLE
SKIRT_SLOBE IÉNA
BAG_Exquisite J
SHOES_MAURO de BARI
NECKLACE_WENDY MINK
【Marisol 9月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/松村純子 取材・文/三尋木奈保

What's New

Read More

Feature

Ranking