昼と夜の長さがほぼ同じになる秋分の日には上下の割合を50:50に【2021/9/23コーデ】

すっきり細身の黒パンツはオーバーサイズニットと合わせるのが最高のバランス!
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
秋分の日である明日は、家で姪っこたちを招いておはぎでも作ろうかと。秋分の日は昼と夜の長さがほぼ同じになるのよ、と姪っこたちに覚えてもらえやすいように、お昼のイメージ代表色イエローと、夜のイメージ代表色の黒の割合をフィフティー:フィフティーにコーディネートしてみる。インした白シャツが長めなのは、ちょっとだけお昼のほうが長いということも記憶に刷り込ませるため。とかなんとかウンチク言いながらも、本当はこの細身テーパードの黒パンツが後ろゴムではき心地も楽ちんだから、単純に履きたいだけだったりもする。
パンツ¥12,100/ノーク ニット¥17,600/ジュンカスタマーセンター[アダム エ ロペ] シャツ¥42,900(ブーリエンヌ)・トートバッグ¥6,600(オープン エディションズ)/エスケーパーズオンライン ロングネックレス¥93,500・コインネックレス¥24,200/マリハ ショルダーバッグ¥33,000/マスターピースショールーム(サイ) 靴¥22,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

▼「黒パンツ」の関連記事もチェック

What's New

Read More

Feature

Ranking