バリエーションはなんと1000万通り以上!「フォース10」ブレスレットのセミオーダー"アトリ エフレッド"が開始

2017年6月29日
デジタルテクノロジーとジュエラーのクラフトマンシップを融合した究極のパーソナライゼーション
フレッドのジュエリーコレクションの中でも最もアイコニックな「フォース10」は、ラグジュアリーにカスタマイズできることが大きな特徴。その「フォース10」ブレスレットのセミオーダー「L’Atelier FRED(アトリエ フレッド)」が2016年7月1日(土)、スタートする。
今回の「アトリエフレッド」では、ブレスレットのバックルの地金の素材や石の種類、ラッカー仕上げなど仕様を選び、なんと1000万通り以上のセミオーダーが可能となっている。

注目のオーダー方法は「アトリエ フレッド」のオーダーボックスに用意されたいくつものキューブをテーブルの上に置くと、バックルの仕様、合わせるケーブルやゴールドチェーンを組み合わせたブレスレットのイメージ画像が、その都度スクリーンに映し出されるようになっている。また、シンプルに好きな色を選ぶだけではなく、デジタル分析により大切にしている物や思い出の写真データにある色を探し出し、ラッカー仕上げに反映させることができるという、ユニークな機能も。そのカラー展開はなんと1085色もあるのだとか。
この機能は、ボックスに備わっている他、スマートフォンにダウンロードできる「アトリエ フレッド」専用のアプリが用意されており、好きな時間に好きな場所で色選びを楽しむことができる。
バックルはパリにて製作し、約1カ月で手元に到着(パリ本国の営業日に準じる)。
「アトリエ フレッド」は、フレッドの旗艦店限定のサービスで、日本では銀座本店にてオーダー可能。 銀座本店では、手書き文字も反映可能な刻印サービスもあるというので、 世界にひとつ、あなただけの“フォース 10”で手元のおしゃれを楽しんでみては?

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords