長年の愛用品も新入りも。 エディター坪田的冬の名品をご紹介【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #44】

寒さが苦手だからこそ、冬のアイテムはデザインだけでなく防寒性や機能性、そして長く大切に使えることを意識して吟味します。この冬も活躍予定の名品たちと、新たにワードローブに加わった新入りをご紹介します。
坪田あさみ エディター・ライター

坪田あさみ エディター・ライター

大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。
 
@asamit1201
@sundownertokyoomuretsu

「名品」と「新入り」の組み合わせで安心。

冬の定番ワードローブはこんな仕上がりです

みなさん冬のワードローブは準備万端ですか? 暑さが長引き、なかなか寒くならず面倒な衣替えも遅々として進まなかったのですが、私もようやく準備OK

衣替えでうれしいのは、愛用する冬の名品たちと今年も再会し、まだまだ活躍してくれそうだなーと思える瞬間。

  

私は新しく何かを買う時は、少なくとも5年以上は一軍で活躍できるか考えますが、上質なものは一生使えそうなぐらい劣化しないので、結果的にお得だなーといつも思います。

   

良いものを長くとことん使い倒すことはエコですし、サステナブルな今の時代にも合っていると思います(老舗ブランドはたいてい昔からサステナブルです)。上質なものを楽しめるのは大人の特権ですしね。

そんな風に考える私が冬に愛用する名品を中心に、今年新たに加わった新入りも混ぜてワードローブの一部をご紹介します。

  

冬の必需品その1「ブーティ」

 

「ジャンヴィトロッシ」のコンバットブーツ

  • 「ジャンヴィトロッシ」のコンバットブーツ

  • 「ジャンヴィトロッシ」のコンバットブーツ

ブーティ/Gianvito Rossi コート/BLANCHA ニット/JOHN SMEDLEY スカート/ELIN バッグ/Polene

去年こちらの連載でも何度もご紹介したコンバットブーツです。もちろん今年もヘビロテしています。私は昔からレースアップブーツが好物なのですが、今後できればもう買い直さなくなくて良さそうなものが欲しいと思って買ったのがこれ。

  

かかとや内側ではなくシューレース外側にファスナーがついているため、着脱がとっても楽で玄関でもスムーズ。厚手の靴下やタイツを履くことを見越して少しだけ大きめのサイズにしましたが、これが大正解でした。レザーがしっかりしているので真冬もとっても暖かい。レザーが足に馴染むまではまあまあ痛かったのですが、今はとっても履き心地がよく、1日中歩いても大丈夫です。

  

「メゾン マルジェラ」のTABIストレッチ

  • 「メゾン マルジェラ」のTABIストレッチ

  • 「メゾン マルジェラ」のTABIストレッチ

ブーティ/Maison Margiela コート/BLANCHA ニット/CABaN パンツ/LOEFF バッグ/HEREU

こちらも名品中の名品ですね。実は去年の冬に買っていたのですが、タイミングが遅く今年になってようやく着用。レザーがしなやかなので、冬はもちろんですが実は夏の終わりごろからよく履いています(3シーズン行けそう!)。

毎日これを履いていたいと思うぐらい快適で、本当に買って良かった一足。

  

 

冬の必需品その2「大判カシミヤストール」

  

「ジョシュア エリス」のチェックストール

  • 「ジョシュア エリス」のチェックストール

  • 「ジョシュア エリス」のチェックストール

ストール/Joshua Ellis ニット/CABaN  パンツ/Chaos 靴/Maison Margiela

カシミヤではジョンストンズと並んで上質さが際立つジョシュア エリス。いつもなら無難にベーシックカラーの無地を選んでしまうのですが、今年の冬服はとにかく黒をやたらに買っていたので、アクセントになるものが欲しく大胆なグリーンを選びました。グリーンはトレンドカラーですが、私は服で取り入れる勇気がないので小物にしてみました。とはいえベースに黒とブラウンが入っているので合わせやすさは抜群です。

  

「ジョンストンズ」の大判ストール

「ジョンストンズ」の大判ストール
ストール/Johnstons of Elgin

もう10年以上は愛用しているジョンストンズたち。無地もチェック柄もどちらも使いやすく、冬の間は毎年ずっとヘビロテです。自宅で洗っていますが生地がへたることもなく、間違いなく一生物と言ってよいと思います。10年以上前に大ブームとなった時に買い集めた物たちですが、当時みんなが持っていた華やかな可愛げカラーをあえて買わなかったことも、この年齢になっても違和感なく使い続けている理由かもしれません。

  

 

冬の必需品その3「ダウンジャケット」

  

「ピレネックス」のノーカラーダウン(カンヌ)

「ピレネックス」のノーカラーダウン(カンヌ)
ダウン/Pyrenex ニット/JOHN SMEDLEY

実はピレネックスは黒のロングタイプ(モデル名ボルドー)も持っているのですが、このノーカラータイプ(カンヌ)がすごく便利で愛用しています。端境期には軽アウターとしてカットソーの上などに一枚で着用できますし、本格的に寒くなった時はインナーダウンとしてコートの下に仕込んだりもします。極寒の地ではロングダウンの下に重ねたことも(笑)!

インナーダウンとして売られているものは、一枚で着るとどうしても薄く見えたりすることもあるのですが、これは一枚でも十分上質な雰囲気なのです。

  

「シックス バイ ワン コペンハーゲン」のコクーンジャケット

  • 「シックスバイワンコペンハーゲン」のコクーンジャケット

  • 「シックスバイワンコペンハーゲン」のコクーンジャケット

ダウン/6×1 COPENHAGEN ニット/CABaN スカート/Chaos バッグ/Polène

構築的なフォルムで一昨年ぐらい前からジワジワとおしゃれプロの間で話題になっていたデンマークのダウンブランド。横から見た時の膨らみのあるフォルムがめちゃくちゃおしゃれで究極的に軽く、こんなにボリュームがあるのにパッカブルという機能性も最高の一枚(枕がわりになるから海外旅行に行けるようになったら間違いなく持って行きたい!)。襟元のリボンひもやチラリと見えるベージュとのカラーリングもおしゃれ。冬に映えるオフ白が着こなしを更新してくれます。

  

 

冬の必需品その4「レザーグローブ」

 

「コース」のグローブ

  • 「コース」のグローブ

  • 「コース」のグローブ

グローブ/CAUSS

どれだけ使っているかわからないほど何年も愛用している暖かさ抜群の手袋です。スマホを触ったり、何か作業をする時にいちいち外すのが面倒なので、この指先が切れた形状がお気に入り。かなりヘビロテしていますが、ファーが全くへたらず、レザーも手に馴染んでより使いやすい柔らかさに。手袋にしてはお値段が張るので「絶対に無くしたくない!」という思いがあるため紛失も防げます。いろんな意味でコスパが良いです(笑)。

  

いかがでしたでしょうか?

夏と違って汗をかかないから洗濯頻度も少なく冬ものって結果として長持ちしますよね。だからこそより上質なものを手に入れたいですね。夏好き、海好き、寒さが苦手な私だからこそ、冬をぬくぬく快適、かつおしゃれに過ごせるようお気に入りアイテムはきっちり準備しておきます。皆様のお買い物の参考になれば幸いです!

  

今回も読んでくださりありがとうございました。

 

 *次回は12月11日(土)公開予定です

 

2022年04月25日発売

Feature 編集部のおすすめ記事