またブーツ?――今回は「白」ですもの! 【エディター伊藤真知の「プチプラ」は40代からがもっと楽しい! #17】

2022年最初のブログでご紹介するのは、またまたブーツ。とはいえ今回購入したのは、前回とは色も丈も異なる白のミドルブーツ。価格的にも買いやすく、春も使えることを考えれば、いま買って損はないかと!
伊藤真知・エディター

伊藤真知・エディター

出版社勤務の後、フリーのエディター&ライターとして女性誌などを中心に活躍。2019年には「『ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ』の法則」(講談社)を出版し話題に。身長155cm。machiito__

みなさま、あらためて、明けましておめでとうございます。年末年始は楽しくお過ごしでしたでしょうか? 


私もまぁ買い出しやら何やらを含めると、ちょこちょこ出かけていて、そのたびに前回ご紹介した黒のブーツをはいていたのですが、「こんなにはいていたらダメになる!」と思ったほどのヘビロテぶり。何かもう一足くらい気兼ねなく、おしゃれにはけるスタメンがあるといいなぁと思い、新年早々、靴探しのパトロールを開始したわけです。



その結果、購入したのが……

「アダム エ ロペ」のミドル丈サイドゴアブーツ ¥11,550(セール価格)

「アダム エ ロペ」のミドル丈サイドゴアブーツ ¥11,550(セール価格)

そうなんです!“また”アダム エ ロペのブーツ! 靴はやっぱり足の形に合って、ストレスなくいられることがいちばんなので、気に入ったブランドをリピートするのはよくあること。でも、たった数週間でブーツを2足買うとなると、さすがに悩む……。「絶対どっちかはかなくなるって!」「え~こっちも可愛いから絶対はくって!」……しばらく天使と悪魔がグルグルしていましたが、前回は黒のロングで、今回は白のミドル丈。パンツだって黒のフルレングスと白のハーフパンツでは用途が違うし!と(なかばムリヤリ)自分を説得して、購入してみました。


で、結論からいうと、これがまた“最高”なわけです

「アダム エ ロペ」のミドル丈サイドゴアブーツ ¥11,550(セール価格)

前回の筒太なブーツと比べるとずいぶん細身。ファスナーがないのは同じなのですが、はき口には指をひっかけやすいプルストラップ(輪っか)があるので、細身でもするっと脱ぎはきできます。サイドゴアもスクエアトゥもトレンドのデザインだし、ヒールは5.2cmとこれまた絶妙で!

  • 「アダム エ ロペ」のミドル丈サイドゴアブーツ ¥11,550(セール価格)

  • 「アダム エ ロペ」のミドル丈サイドゴアブーツ ¥11,550(セール価格)

最近フレアデニムにハマっているのですが、やっぱり少しヒールがあるほうがバランスが取りやすい。横から見ると細いですが、実は幅広のヒールなのでグラつきません。

ブーツ/ADAM ET ROPÉ ニット/HAUNT デニム/UNIQLO ストール/Joshua Ellis バッグ/ZARA

そして何といっても決め手となったのは「白はいいですよ~!春も活躍しますし」というお店の方のひと言。そして、その白が“まっ白すぎない”オフ白というところ。これまで大人にはちょっと子どもっぽいかも……と避けてきた白でしたが、クリームのようなオフ白なら主張も控えめだし、どんな服色ともなじみがいいので使いやすいです。

  • 「アダム エ ロペ」のミドル丈サイドゴアブーツ ¥11,550(セール価格)

  • 「アダム エ ロペ」のミドル丈サイドゴアブーツ ¥11,550(セール価格)

絶対むずかしいと思っていた×黒パンツも、白がまろやかなので変にコントラストがつきすぎず自然。ベージュ~白のやさしいグラデーションにも間違いなくなじみます。

(左)ブーツ/ADAM ET ROPÉ カットソー、アウター/UNIQLO パンツ/LE PHIL サングラス/EYEVAN ピアス/chigo
(右)ブーツ/ADAM ET ROPÉ ニット/Stella McCartney スカート/RHC ストール/BARNEYS NEW YORK ピアス/ARTIDA OUD バッグ/VASIC
「アダム エ ロペ」のミドル丈サイドゴアブーツ ¥11,550(セール価格)

▲さっきのデニムコーデに厚手のコートを羽織っても、違和感なし。いや、むしろ白い靴が抜け感になっていい感じ。つまりは今日から使えて便利!ということですね。

ブーツ、ピアス/ADAM ET ROPÉ ニット/HAUNT デニム/UNIQLO ストール/Joshua Ellis コート/N.O.R.C by the line バッグ/ZARA

雑誌などでは早くも春物の撮影がスタートしていますが、“おしゃれにも元気が戻ってきた!”と言われている通り、今年はこれまで以上にきれいな色があふれています。そしてそんなカラフルな服たちの調整役として、白い靴を合わせたスタイリングもよく見るので、きっとこのブーツが大活躍してくれるはず! まだまだ寒い日が続きますが、春までのスイッチ期間は小物でちょっとずつ“味変”しながら、おしゃれを楽しんでいきたいですね。また少しずつ春物などもご紹介していく予定ですので、お楽しみに。今年もどうぞよろしくお願いします! ではまた~

 

*次回は1月23日公開予定です 

 

AND MORE

2022年06月27日発売

Feature 編集部のおすすめ記事