「担当企画のアイテムは試す主義」スタイリスト吉村友希さんの偏愛ショッピングリスト

2017年6月15日
「今季は足元に女らしさを持ってくるのがトライアル」という吉村さんの買い物リストを一挙公開!

■スタイリスト 吉村友希さん

「シンプルに、どこかで女っぽさを表現」が常に変わらないテーマ。今年は特にきれいめ感や女らしさをどこで表現するかを追求しています。また、担当した企画の主役アイテムは、実際に私服でも取り入れて理解を深めたい派なので、ふだん選ばないようなものがスタイルの幅を広げてくれることも多いんです。

■ITEM'S

1/9

2/9

3/9

4/9

5/9

6/9

7/9

8/9

9/9

【H BEAUTY&YOUTHのボリューム袖プルオーバー】
「ボリューム袖はネイビーを選んで甘さ控えめに、が自分らしい取り入れ方」。プルオーバー¥21,000/エイチ ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース)
【SENSI STUDIOのパナマハット】
「真っ白×黒リボンの端正なハットが夏には欠かせません。すっきりクリーンな白とシルエットが好みです」。ハット¥16,000/デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店(センシ スタジオ)
【NEIL BARRETのノースリーブニット】
「ふだん着ないノースリーブですが、今年は女っぽさを肌見せ感で表現したくて。ボトルネックで露出をほどよくセーブできるので、気後れせずに着られます。ショート丈もマイバランス」。ニット¥34,000/パリゴ 丸の内店(ニールバレット)
【MADISONBLUEのリネンマキシスカート】
「ざらっとタフなリネン素材と、ドラマティックな揺れ感の秀逸なバランスに惹かれました。大人の洗練リッチを体現してくれる一枚」。スカート¥45,000/ビームス  ハウス 丸の内(マディソンブルー)
【MICHAEL VIVIANのピンクサンダル】
「大人の深くてシャープなピンク。ストラップが女っぷりを加速」。靴¥69,000/ビームス ハウス 丸の内(ミッシェルヴィヴィアン)
【MARIHAのネイグリーンベアトップワンピース】
ワンピース¥25,000/アダム エ ロペ(マリハ)
【MARY AL TANAのホワイトバケツバッグ】
「旬のバケツ型を洗練された白で取り入れます」。バッグ¥58,000/ビームス ハウス 丸の内(メアリーオルターナ)
【PELLICOのグリーンスエードパンプス】
「スエード素材で発色が上品」。靴¥46,000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ)
【FABIO RUSCONIの赤スエードサンダル】
「トレンドのサンダルは深紅を選択。足もとに赤リップをきかせる感覚で使いたい」。靴¥17,500/ジュエルチェンジズ 新宿店(ファビオ ルスコーニ)
撮影/魚地武大(物) スタイリスト/吉村友希  取材・文/須藤由美

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords