【美女組ファッションSNAP】ベージュやオフホワイト、どんな色とコーディネートする?:大阪編

大阪で撮影した関西の美女組4人は、偶然にもオフホワイトやベージュを使った着こなしでした。ワントーンでまとめたり引き締めカラーをあわせたり、四者四様のコーディネートをご覧ください!

Marisol読者の代表であり「美女組ブログ」でおなじみのMarisol公式ブロガー「美女組」。総勢53名の美女組メンバーのお気に入りコーディネートを私服スナップでご紹介します。ラグジュアリーブランドもプチプラも“マイスタイル”で着こなす大人ならではのおしゃれを拝見。

No.52 bemiさん ニュアンスカラーのワントーンで寒さを我慢せず春を先取り

美女組全員スナップ bemiさん
トレンチコート/アクアスキュータム ニット/メゾンマルジェラ パンツ/セオリーリュクス スニーカー/セリーヌ バッグ/ボッテガヴェネタ

身長が低めでもおしゃれに見えるアイテム選びや着こなし方を提案して以前からファンの多いbemiさん。Marisol ONLINEの連載「bemiの小柄バランスコーデ術」も好評です。「春を先取りはしたいけれどまだ寒い時期。アクアスキュータムの裏地付きトレンチが重宝します」。小柄さんがトレンチをかっこよく着こなすために大事なのは、小物までふくめた色合わせとラフな着方だそう。タートルネックで暖かさを保ちつつ、パンツも小物もオフ白のワントーン、コートの袖は少しまくってベルトは結ばずにたらすことで抜け感のある着こなしに。

  • 美女組全員スナップ bemiさん

  • 美女組全員スナップ bemiさん

(左)眼鏡はセリーヌ。テンプルがゴールドなので、ピアスは控えめにパールや小さめのゴールドを。ピアスはココシュニック、イヤカフはヒロタカ。時計はカルティエです。

(右)セリーヌのハイカットスニーカーも白。「バッグや靴はラグジュアリー感を大事にしたいと思っています」。

No.161 愛さん ベージュのワントーン×ブルーのスプリングコートで爽やかに

美女組全員スナップ 愛さん
ニット/dholic デニム/yanuk コート/reca パンプス/pellico バッグ/enfas

意識しているのはカジュアルすぎずエレガントすぎない大人のきれいめカジュアル。コントラストの強い色よりもニュアンスカラーが自分にあってる気がするので好きです」と話す愛さん。ひと目惚れしたという淡いラベンダーブルーのスプリングコートが色白の肌によく似合います。コートの色が映えるよう、ほかのアイテムはアイボリーのワントーンに。上下ニュアンスカラーでオーバーサイズだとほっこりしてしまうので、ニットやパンツはジャストサイズですっきりと、足元もパンプスできれいめに仕上げています。

  • 美女組全員スナップ 愛さん

  • 美女組全員スナップ 愛さん

(左)見た目の可愛らしいフォルムと、どんなコーディネートにも合わせやすくて気に入っているenfasのバッグ。キャンバス×レザー巾着デザインも持った時にポイントになります。

(右)星型デザインが可愛らしいピアスは大好きな「プティローブノアー」。3連パールのリングは「クッキーチョコレート」。左手につけた2つのリングと右手薬指のリングは3つセットで「GU」で購入。「今の時期、リングを気にせずアルコール消毒できるよう、手につけるアイテムはプチプラにしています」

No.165 Marikoさん ビッグカラーブラウスを主役にした大人の甘口スタイル

美女組全員スナップ Marikoさん
ブラウス/ハッシュニュアンス ニット/UNIQLO U パンツ/Chaos パンプス/PELLICO バッグ/GIANNI CHIARINI

昨年夏に3人目のお子さんを出産して久しぶりに赤ちゃんとの生活を楽しんでいるMarikoさん。「プチプラでトレンドを取り入れつつ女性らしさときちんと感のあるスタイルが好きです」。旬のビッグカラーブラウスにオフ白のカーディガンを重ねて、大人の甘口コーデに。「ユニクロのカーディガンはまずグレーを買ったのですが、着心地もコーディネートもしやすくて、オフ白も追加購入。白い服は汚れが気になりますが、プチプラだと家で気軽に洗濯もできるのでベビーと一緒でもよく着ます」。ボトムはダークカラーで引き締めて、足元はイエローのパンプスで春らしさを取り入れました。

  • 美女組全員スナップ Marikoさん

  • 美女組全員スナップ Marikoさん

(左)お出かけのときにつけることが多いロレックスの腕時計は結婚するときに夫とペアで購入したもの。

(右)カラーアイテムで華やかさを取り入れるのも好き。ビタミンイエローのパンプスはチャンキーヒールで安定感があって歩きやすい。

No.167 hirokoさん ひとめ惚れしたブラウスを際立たせる、ベージュトーンコーデ

美女組全員スナップ hirokoさん
シャツ/エヴァマン(サードマガジン) ジレ/マチャット パンツ/ユニクロ パンプス/ツルバイマリコオイカワ バッグ/ロシオ
「フェミニンかつモード感のあるスタイルが好き」というhirokoさん。パフスリーブやギャザーなど甘めのディテールにも目がなく、リボンがあしらわれたボリューム袖のシャツも「他では見ないデザインにひと目惚れ。袖を見せたいのでジレを重ねました」。ウールのジレは見た目よりも暖かく、車移動のときに重宝しているそう。トップスにボリュームがあるのでボトムは細身パンツですっきりと、足元もヒールのパンプスで大人っぽく仕上げました。ベージュのワントーンにパンプスの赤がアクセントに。かごバッグで早春のスタイルが完成です。
  • 美女組全員スナップ hirokoさん

  • 美女組全員スナップ hirokoさん

(左)バイカラーの赤がポイントのパンプスはツルバイマリコオイカワ。「コーディネートにはポイントカラーをいれたくなります」。

(右)マーブル調のプレートにメタルパーツがアイキャッチーなイヤリングはブラジルのデザイナー、ヴァンダ・ジャシント。

AND MORE

What's New 新着記事

AND MORE

2022年08月26日発売

Feature 編集部のおすすめ記事