おしゃれプロはバカンスにどんな水着を選ぶ? 美シルエットのスイムウェア4選

今年は水着が豊作! ビキニだけでなく、ワンピースも美しいシルエットやカラー、プリントのものがたくさん登場している。おしゃれプロがひと目惚れしたアラフォーのためのスイムウェアをご紹介。
おしゃれプロはバカンスにどんな水着を選ぶ? 美シルエットのスイムウェア4選_1_1-1

1/4

おしゃれプロはバカンスにどんな水着を選ぶ? 美シルエットのスイムウェア4選_1_1-2

2/4

おしゃれプロはバカンスにどんな水着を選ぶ? 美シルエットのスイムウェア4選_1_1-3

3/4

おしゃれプロはバカンスにどんな水着を選ぶ? 美シルエットのスイムウェア4選_1_1-4

4/4

エメラルドグリーンが美しいエルメスのワンピース。前も後ろも大胆にカットされたデザインは大人だからこそ着こなすことができる。「肩から脇にかけてのラインがあまりに美しくひと目惚れ。ヨーロッパの海が似合いそう!」とスギノ編集長。


ワンピース ¥59,000/エルメスジャポン(エルメス)
エトロを象徴する華やかなペイズリー柄の組み合わせが美しいワンピースとカフタンドレス。カフタンは水着の上にはおってホテル内での移動やテラスでの食事でも重宝するほか、デニムとあわせてタウンウェアとしても。「丈が長めなのも大人にうれしい!」と副編集長K。


ワンピース ¥76,000・カフタンドレス ¥106,000/エトロ ジャパン(エトロ)
「こんな大人っぽい水着の登場を待ってました!」とエディター須藤由美さんがひと目惚れしたのがカリフォルニアを拠点とするブランド「ヌ スイム」のワンピース。シンプルかつ美しいカッティングで女っぽさとかっこよさの両方を備えている。「白シャツをさらりとはおって着用したい」と須藤さん。


ワンピース ¥20,000/ビームス ハウス 丸の内(ヌ スイム)
副編集長S谷がひと目惚れしたのは、胸元が深くカットされた美シルエットのワンピース。日本初上陸のビーチウェアブランド「シンシア キャロル」で、ロープの肩紐が背中の大胆なアクセントにもなっている。ボーダーのシルクシフォンのカフタンをあわせればリュクスな大人マリンが満喫できる。


ワンピース ¥30,000・カフタン ¥58,000/フィガロ パリ 東京ミッドタウン店(シンシア キャロル)
撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ

What's New

Read More

Feature

Ranking