ヘビロテ確実&トレンドの「リネン」はボトムで取り入れたい

2017年6月19日
大人がおしゃれに着られる「NOTほっこり」なリネンが今年は大豊作。しかもボトムで取り入れる、というおしゃれプロ多し!

1/3

2/3

3/3

「タイト&ロングなむだのないフォルムと、少しモードな前後スリットにひと目惚れ。リネンならセクシーすぎず上品に仕上がります」(スタイリスト 吉村友希さん)

スカート¥19,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) Tシャツ¥19,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) メガネ¥39,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バングル¥7,900/パリゴ 丸の内店(エービーマックス) バッグ¥46,000/エムアイユー(ソーイ ウィメン × メアリーオルターナ) 靴¥93,000/イセタンサローネ(ジャンビト ロッシ)

「ブルーバード ブルバードの色出しは本当に素敵。タイトスカートのラインもいつも惚れ惚れするほどきれい。今季はリネン素材でぱっきりイエローにトライします」(スタイリスト 松村純子さん)。

カットソー¥10,000・スカート¥28,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) イヤリング¥16,000/フィガロ パリ 東京ミッドタウン店(グリン) バッグ¥163,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)

右から)
●「さりげないストライプ柄でほっこりせず、ハンサムに着こなせます」(スタイリスト 船戸唯さん)。パンツ¥29,000/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク)
●「撮影で使って、色も広がりすぎないフレア感も理想、と即決しました」(マリソル編集部 副編K)。スカート¥31,000/SHOP Marisol(ブルーバード ブルバード)  ●「後ろすそが長く、揺れるたび印象を残す一枚」(スタイリスト 池田めぐみさん)。スカート¥24,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ)
撮影/魚地武大(物) スタイリスト/吉村友希  取材・文/須藤由美

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords