大人が手に入れるべき 真の“万能アウター”とは?【アラフォー世代のお悩みを解決!おせっかいサロン】

スタイリスト松村純子&エディター発田美穂の“おせっかいサロン”

アラフォー世代の切実なおしゃれのお悩みに、前のめりでお答えしていく連載「おせっかいサロン」。第2回目のお題は、今の時期に活躍するライトアウター。大人にとって本当に着回しやすい、真の万能アウターを探ります。


『おせっかいサロン』とは?

プロフィール画像

松村純子
@junko.mm

発田美穂
@mihohotta_editor

上品で女らしいコーディネートが人気の敏腕スタイリスト・松村純子と、お買い物はいつだって“ときめき至上主義”の全力エディター・発田美穂が、アラフォー世代のお悩みを解決する愛と情熱のサロン。

着る時期が短いライトアウターは、
“しっかり着回せる”ことがマスト!

発田

はい! 大人気連載「おせっかいサロン」の2回目でございます〜!

「大人気」っていうくだりは、これからも推していくんですね。

松村

発田

うん、そのつもり(ニッコリ)! 今回のお題は「ライトアウター」です。

ライトアウターは、まさに今の季節に活躍しますよね。私も定番のトレンチコートやテーラードジャケットなど、大好きで愛用しています。

松村

発田

あのさ。いつもながら突然にボヤくけど・・・。よく「着回し自在!」とか雑誌に書いてあるじゃない?

っていうか、そういうふうに書いているの、ライターの発田さんじゃないですか(笑)!

松村

発田

ま、そうなんだけどさぁ。いざ自分でコーディネートしてみると、意外とワンパターンに陥りがちっていうか・・・。要は何が言いたいかっていうと! ライトアウターの着回しって難しくない??

たしかに。着る時期も短いから、その点でも着回せるデザインだとうれしいですよね・・・。

松村

発田

そうそう! トレンド感がありつつ、長く着ることもできて、しかも着回しもできる。そんな三拍子揃ったアウターなんて、あるんでしょうか・・・(モジモジ)。

はい、あります! 今回選んだのは旬のムードがあって、かつ長く使える「ライトコート」「ジャケット」「ジレ」の3つ。それぞれ、「きれいめ」と「カジュアル」の2つのスタイリングに着回してご紹介します!

松村

Item1ライトコート

しなやか素材のライトカラーならシーンを問わず使える!

きれいめ

淡い色同士を合わせて柔らかな女性らしさを表現

大人が手に入れるべき 真の“万能アウター”とは?【アラフォー世代のお悩みを解決!おせっかいサロン】_1_2

  バッグ ¥60,500(モダン ウィーヴィング)≫

  パンプス ¥79,200(FRANCESCO RUSSO)≫

/Marisol


着回したコート¥69,300/デ・プレ
ニット¥33,000/スローン
スカート¥20,900/プルミエ アロンディスモン
ピアス¥30,800・ネックレス¥115,500/マリハ
ブレスレット¥34,650/エリオポール代官山(ローラロンバルディ)


松村

ロング丈のライトコートは、さまざまなシーンで着回せるライトアウターの代表格。大人が今から手に入れるなら、トレンチコートのようなかっちりタイプではなく、こんなソフトな素材感のものがおすすめです。

発田

2枚目のライトコートとして、こういうの欲しいと思ってた〜♡

松村

動くたびにしなやかな素材が揺れるので、さっと羽織るだけで確実に女性らしい印象になれるのが最大の魅力。このコーデのような、ニットとスカートというシンプルなスタイリングも、コートの力でぐっと女っぷりがアップしています。

発田

あとは色もいいよね〜。明るいグレーだから着こなしやすそう。

松村

ニットのサーモンピンク、スカートのベージュ、コートのライトグレー。いずれもニュアンスのある淡い色だから、実は配色を難しく考える必要がないのもポイントです。全体のカラートーンで優しい雰囲気に仕上がりますよ。

発田

「優しい雰囲気」。大人には絶対に必要〜〜!!

カジュアル

最旬ハーフパンツをロングコートで大人仕上げ

大人が手に入れるべき 真の“万能アウター”とは?【アラフォー世代のお悩みを解決!おせっかいサロン】_1_3

  ビットローファー(コルソローマ)/参考商品

  カチューシャ ¥6,050(イリスフォーセブン) ≫

/Marisol


着回したコート¥69,300/デ・プレ(デ・プレ)
シャツ¥28,600(マルティニーク)・バッグ¥38,500(オソイ)/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町
ショートパンツ¥75,900/アパルトモン 青山店(アパルトモン)
ピアス¥30,800/ワームス ルミネ新宿店(ルフェール)


発田

今度はガラッとイメージが違う着こなし!

松村

そうなんです。コートそのものが女らしいので、レザーのハーフパンツという大人にとっての“冒険アイテム”がぐっと着こなしやすくなります!

発田

ハーフパンツって、ブルゾン的なものを合わせてしまうとちょっとやんちゃが過ぎるっていうか、無理している感が出てしまうけれど、この着こなしはとってもステキ〜!

松村

トップスもビッグ襟のブラウスなので、実はコートの中は、旬のアイテム満載のスタイリングなんです。

発田

でも、この柔らかトレンチコートのおかげで、大人にふさわしいスタイリングに着地してる!

松村

やはりここでも効いてくるのが、このコートの色! 明るいグレーなので、カッコよくも、フェミニンにも印象を変えやすいのが魅力です。


Item2テーラードダブルジャケット

薄手で軽やかな素材感と淡いベージュが使いやすさの理由

きれいめ

きれい色セットアップを合わせた華やかジャケットスタイル

大人が手に入れるべき 真の“万能アウター”とは?【アラフォー世代のお悩みを解決!おせっかいサロン】_1_4

  着回したジャケット ¥26,400(エムセブンデイズ)≫

  アンクルストラップサンダル(ネブローニ)/参考商品

/Marisol


ブラウス¥12,980・スカート¥14,960/アンクレイヴ スタンダード
スカーフ¥17,600/マニプリ(マニプリ)
バッグ¥146,300/エリオポール代官山(ザンケッティ)
ピアス¥18,700・バングル¥44,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)


発田

今度はきちんと感のあるジャケットが軸の着回し!

松村

メンズライクな仕立てのジャケットですが、ストレッチが効いた素材で薄くしなやか。だから、こんな女性らしいセットアップとも合わせやすいんです。

発田

たしかにこのジャケットが、良い意味で“かっちりしすぎていない”のがミソだねー。きれいめオフィススタイルにぴったり!

松村

同じベージュでも、白っぽいサンドベージュに近い色なので、テラコッタのような強い色とも相性抜群です。

発田

やっぱり、こういう軽やかでストレスフリーな着心地のジャケットは、春夏に1枚は必要だね〜。あとは小物づかいもシャレてます、先生! さ・す・が♡

松村

(低い声で)ありがとうございます。ジャケットとセットアップがいずれもマットな素材感なので、ツヤのあるスカーフを首に巻いて、顔まわりを華やかにしました。

発田

スカーフがあるとないとでは、確かに印象が全然違うかも〜!

カジュアル

トラッドカジュアルをジャケットが大人仕様に格上げ

大人が手に入れるべき 真の“万能アウター”とは?【アラフォー世代のお悩みを解決!おせっかいサロン】_1_5

  着回したジャケット ¥26,400(エムセブンデイズ)≫

 チノパンツ ¥16,500(エムセブンデイズ)≫

  バッグ ¥40,700(モダン ウィーヴィング)≫

/Marisol


タートルネックニット¥19,800/アイネックス(ニット バー)
シャツ¥17,600/エリオポール代官山(エリオポール)
サンダル¥29,700/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)
サングラス¥42,900/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン)
ネックレス¥41,800/マリハ
バングル¥30,800/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)


発田

大好物のトラッドカジュアルだ!

松村

このコーデ、発田さんが反応するんじゃないかな〜と思ってました(笑)。ジャケットのベージュを軸に、あえて締め色を使わず全体を淡いトーンでまとめています。

発田

ダンガリーシャツとチノパンだから、一歩間違えるとボーイッシュになりすぎてしまいそうなのに。ちゃんと女っぽい!

松村

シャツのインナーに薄いタートルネックニットを入れたのもポイントです。顔の近くにエクリュを差すことで、さらに印象が柔らかく。

発田

小物がカジュアルすぎないのもいいよね〜。

松村

ほんのりきれいめで、さらに抜け感もあるものを選びました。バッグはクリーンな淡色ですし、サンダルも少しだけゆるさのあるスリッパタイプに。

発田

おかげで、トラッドなカジュアルがちゃんと今っぽく仕上がってる!


Item3ロングジレ

ジレの持つひとさじのモード感がキレのある着回しを実現

きれいめ

“今どきのきれいめ”をかなえる構築的なシルエット

大人が手に入れるべき 真の“万能アウター”とは?【アラフォー世代のお悩みを解決!おせっかいサロン】_1_6

  ジレ(ハーヴェルスタジオ)/参考商品

 バッグ ¥145,200(J&M デヴィッドソン)≫

  靴(ペリーコ)/参考商品

  ネックレス ¥12,100(マリアブラック)≫

  バングル ¥75,900(アダワット トゥアレグ)≫

/Marisol


ブラウス¥18,700/シップス エニィ 渋谷店(ニコルソンアンドニコルソン)
パンツ¥29,700/デ・プレ(デ・プレ)
メガネ¥39,600/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン)


発田

出ました、ジレ! 注目度No. 1のアイテム〜!

松村

はい、出しました(笑)! ジレって、難易度の高いアイテムだと思われがちですが、むしろ逆! 着るだけで一気にシャレ感が手に入る、実は便利なアイテムなんです。

発田

正直言って“中途半端”なアイテムではあるよね、ジレって。コートなのに袖なしだし(笑)。でも、それを逆手に取るってことね。

松村

中途半端だからこそ、“そういうアイテムを取り入れている”っていうことで、すでにおしゃれ度が上がっているんですよね。このスタイリングも全体は落ち着いたダークトーンで、直球のきれいめではありますが、ジレのおかげで鮮度高く仕上がります。

発田

たしかにシックなのに地味に見えないのは、ジレのトレンド感のおかげよね。

松村

ハリ感のある美しいシルエットなので、ジレが主役になるようなスタイリングを目指しました。シアーな素材感のシャツを合わせ、女性らしさもプラスしています。

発田

こういう、シンプルでさりげないんだけど、キレとモード感があるスタイルって理想だわ〜。


カジュアル

いつものロンT×デニムを上質なジレでアップデート

大人が手に入れるべき 真の“万能アウター”とは?【アラフォー世代のお悩みを解決!おせっかいサロン】_1_7

  ジレ(ハーヴェルスタジオ)/参考商品

 バッグ ¥64,900(ア ヴァケーション)≫

  靴 ¥33,000(ピッピシック)≫

  ナバホパールネックレス ¥22,000(ハルポ)≫

  アニマルモチーフネックレス ¥29,700(ハルポ)≫

  バングル ¥3,300(マージュール)≫

/Marisol


カットソー¥9,350・デニムパンツ¥31,900/ボウルズ(ハイク)
帽子¥13,200/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(メゾンドリリス)


松村

ジレはカジュアルにも合わせやすく、サラッと羽織るだけで大人っぽいスタイルに格上げ してくれるので、本当に重宝!

発田

ほんとだ、デニムとの合わせも可愛い! オッサレ〜!

松村

このコーデのベースはロンTとデニム。合わせるアウターと小物次第では、あっという間にご近所スタイルになってしまいますから!

発田

耳が痛い・・・。わかる、わかるよ。ロンTとデニムに、なんでもないスニーカーを合わせて、そんでもって、その辺にあったエコバッグでも持ったりした日には・・・。

松村

そうです。危ない、危ない!

発田

ところが、なんということでしょう〜! ジレを合わせただけでこんなにおしゃれに〜〜!


松村

あとはやはり、小物合わせも重要です。ひとクセあるバッグやトレンド感のあるパデッドサンダルをスパイスとしてトッピングしています。

発田

バケットハットでカジュアル要素をプラスしているのも可愛いよねー。


発田

おかげさまで! 本当に3アイテムとも、ちゃんと幅広く着回しができるってことがわかった〜!

やっぱりまずは、アウターそのもののセレクトですよね。着回しやすい色や素材感、シルエットのものを選ぶことが重要です。

松村

発田

思ったんだけど、ライトコートもジャケットもジレも、“ベーシックすぎない”方が使いやすいのかな?

もちろんベーシックアイテムの魅力もあるんですが、“今っぽく着回す”という意味では、アウター自体に適度に旬の要素が盛り込まれている方がいいかもしれません。そうすれば、土台となるコーデがシンプルでも、一気にトレンド感がプラスされますから。

松村

発田

最後の、ジレのカジュアルコーデで、特にそれを実感! だって土台はロンTとデニムなのに、あんなに今っぽく仕上がるなんて!

今のような端境の難しい季節にこそ、ライトアウターの着回しを楽しんでもらいたいです!

松村

撮影/魚地武大(TENT) スタイリング/松村純子 取材・文/発田美穂
  • “カラー通勤”始まっています!【40代 お仕事服の新事実:04】

    “カラー通勤”始まっています!【40代 お仕事服の新事実:04】

    リモートワークが浸透しても、その働き方はまちまち。美女組メンバーへのアンケート取材でも、週1、2回リモートという人から、必要な時以外は基本リモートという人も。ただ共通して、自宅時間が増えた分、外出時はよりオシャレを楽しみたくなったとの声が。特に色ものスタイルに人気集中。そこでこの春おすすめなカラー通勤スタイルを徹底検証。

2022年04月25日発売

Feature 編集部のおすすめ記事