履くだけで今年顔! 大人スリッパの選び方

履くだけで即今どきになれるスリッパは、今季ぜひ持っておきたいアイテム。アラフォーが選ぶ時に気をつけたいポイントは?

■大人顔スリッパの選び方

☆POINT 1:色は断然、ベーシックカラー!

流行アイテムにして冒険アイテム。だから最初に取り入れるなら、スリッパというトレンド要素以外はすべて堅実なものを選ぶのがアラフォーの正解。

☆POINT 2:爪先にボリュームが出すぎないものを

爪先がぽってりしていると子供っぽい印象に。脱げにくく歩きやすい、履き込みが深いものだとなおさらだ。スマートなシルエットにこだわって
履くだけで今年顔! 大人スリッパの選び方_1_1-1

1/2

履くだけで今年顔! 大人スリッパの選び方_1_1-2

2/2

美しい編み目のラフィアにうっとり。まさに大人のための美形スリッパ。 靴¥40,000/アパルトモン 青山店(エマ ホープ) 
イタリアの職人によって編まれる美しいラフィアは、エマホープのアイコン。白ブラウスとデニムのさわやかな組み合わせに、リュクスな夏の香りを添えて。

ブラウス(袖デザイン変更あり)¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) デニムパンツ¥23,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) バッグ¥85,000/シジェーム ギンザ(マルベリー) バングル¥15,000/フラッパーズ(アロン)

■おしゃれプロが選んだ今年顔スリッパは?

履くだけで今年顔! 大人スリッパの選び方_1_2-1

1/3

履くだけで今年顔! 大人スリッパの選び方_1_2-2

2/3

履くだけで今年顔! 大人スリッパの選び方_1_2-3

3/3

(右)「グレースエードが着こなしにリッチな陰影をプラス」(スタイリスト 船戸唯さん)。¥14,800/ル タロン 丸の内店(モヒ)
(左)「リネン×ブラウンで今っぽい足もとに。黒のラインがほどよくシャープ」(スタイリスト 高橋美帆さん)。¥13,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)
(右)「強すぎないシルバーとスマートなローファー型で抜群に使いやすい」(スタイリスト 松村純子さん)。¥22,000/ウォッシュ 二子玉川ライズ店(ファビオ ルスコーニ) 
(左)「フリンジとデニム素材で大人のこなれ感満点」(スタイリスト 徳原文子さん)。¥73,000/イセタンサローネ(ジャンビト ロッシ)
(右)「なめらかなオフ白レザーが大人」(マリソル編集部 MDR)。¥46,000/シップス 渋谷店(アラムナエ) 
(左)「メッシュで黒でも軽やか」(マリソル編集部 Y本)¥32,000/ベイジュ(ピッピシック)
撮影/尾身沙紀(io/人物) 魚地武大(物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/RINA

What's New

Read More

Feature

Ranking