ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

アラフォー世代が、今買うべき「TOKYOブランド」とは?

リアルな価格設定で、今どきのおしゃれ感と納得のクオリティが手に入るTOKYOブランドをフィーチャー。
高い=いい服、安い=お得服。そう言い切れないのがマリソル世代。では、実際に私たちは、どこで何を買ったらいいの?エディター磯部安伽&スタイリスト福田亜矢子がナビゲート!

マディソンブルーのスカート

人気定番バックサテンシャツ×スカートの新色、モカ色。ウエスト部分を体に添うようデザインされたマキシスカートは、ハイウエストで履いた時にもおさまりがよいシルエットに。

「マディソンブルーはTOKYOブランドの地位を上げたといっても過言ではない存在。スカートの女らしさとスペシャル感は唯一無二です」(エディター磯部安伽)

「ここのスカートは、背の低い私でもなぜかバランスよくはけるから不思議。コーディネートをしていても、ついついマディソンの服に手が伸びてしまいます」(スタイリスト福田亜矢子)
アラフォー世代が、今買うべき「TOKYOブランド」とは?_1_1
シャツ¥33,000・スカート¥45,000/マディソンブルー ヘッドストア(マディソンブルー) バッグ¥120,000/ヒラオインク(マルベリー) 靴¥123,000/ジミー チュウ ピアス¥55,000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ) バングル¥4,600/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル)

ハイクのアウター

白のタンクトップ×黒のタイトスカートという無駄を排除したシンプルな着こなしも、フィールドジャケットを羽織るだけで存在感たっぷりに。肩が落ちるビッグシルエットが女性の華奢さを強調して。

「ハイクのアウターは、東京の街並によく似合う。春、夏、秋、冬と、日本の四季それぞれに合った定番アウターが見つかるのも嬉しい」(エディター磯部安伽)

「例えば3年前の服を着ていてもハイクのアウターを羽織れば大丈夫、みたいな安心感がある。絶妙なモード感も魅力です」(スタイリスト福田亜矢子)
アラフォー世代が、今買うべき「TOKYOブランド」とは?_1_2
ジャケット¥38,000・タンクトップ¥6,500・スカート¥17,000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥179,000/ブルーベル・ジャパン ファッション事業本部(ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン) ブレスレット¥31,000/デザインワークス コンセプトストア青山店(フィリップ オーディベール)
撮影/菊地哲(MUM) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/佐田真由美 取材・原文/磯部安伽 撮影協力/プロップス ナウ

What's New

Read More

Feature

Ranking