実際に職場ではどうしている?夏のストッキング&汗ジミ問題

オフィスでは、きっちりと涼しげに!どうしても避けられない汗やムシムシを解消して、快適な夏を過ごして!
実際に職場ではどうしている?夏のストッキング&汗ジミ問題_1_1

いくら暑くてもオフィスではきっちりと仕事感を出さないといけないのが、アラフォー。
一般的にマナーとされるストッキングの着用ですが、意外にも働く女っぷりメンバーたちの中には、夏はストッキングを履かないという回答が多く、ストッキングを履かなくてすむようにスカートではなくパンツしか履かないと夏のパンツ派が増えているよう。

さらに、「生足OKの会社なので、素足、もしくはカバーソックスを着用しています」(リエさん)といったように最近では、生脚解禁オフィスも。

また、ひざ下ストッキングや夏用のストッキングなどで対策するというメンバーも多く、
「ひざ下丈はアツギの“肌”を愛用しています」
「アツギなど国内の“夏用”は、本当に蒸れにくく、直ぐ乾くので愛用している。色は実際の肌色より1段位濃い目が、夏だとバランスが取りやすい」と、特に「アツギ」のアイテムがオススメとのこと。

さらに、「スースーするクリームをストッキングの上から塗る」など少し工夫を加えること乗り切っているメンバーも。ストッキングマスト派は、基本的には夏用やひざ下丈でカバーしつつ、そこにオリジナルなテクニックでしっかりムレ対策を行っていた!

そして、汗ジミ対策として、最も多かったのが、「グレーやカーキなど汗染みが目立たない色、素材の服を選ぶ」こと。また、汗取りパッドがついたキャミソールを着て対策している人が多く、機能的なインナーに頼っている模様。中でもユニクロが大人気!

さらに、「制汗剤はスプレー式と違いロールタイプは飛び散らないので便利」といったように塗るタイプのアイテムが好まれているみたい。以前に比べて、機能的な夏仕様アイテムが増えているので、うまく取入れて快適に過ごして!
靴[5]¥33,000/エストネーション(エクストローディナリージェーン) ストッキング¥1,000/グンゼ(ランバン コレクション) スカート¥33,000/マディソンブルー ヘッドストア(マディソンブルー)
撮影/菊地 哲(MUM)文/Momoko Matsuzaki
実際に職場ではどうしている?夏のストッキング&汗ジミ問題_1_2

What's New

Read More

Feature

Ranking