ドラマ「トッケビ」でファンを魅了、 イ・ドンウクさん来日

2017年7月4日
数々の記録を塗り替えたメガヒットドラマ、「トッケビ」で死神を好演、アジアじゅうのファンが注目する俳優、イ・ドンウクさんが、1年ぶりのファンイベントアジア・ツアーin JAPAN「4(for) My Dear 」で来日!
アジアが熱狂したドラマ「トッケビ」で死神を演じたイ・ドンウクさん。複雑で難しい役を見事に演じ、確実にファンが増えている。彼が、増え続けるファンのためのイベント、アジアツアーを、ソウル、シンガポール、香港、インドネシア、台北で開催。
 「各国でたくさんファンミーティングをしたので、これから7年ぐらいやらなくてもいいかも」と冗談を言ったり、「日本ではファンイベントを5年くらいやっているので、リラックスして、友人に会うような気持ちでいられ、茶目っ気もお見せできます(笑)」との余裕も見せた。
 東京公演では、「トッケビ」の脚本家、ヒットメーカー、キム・ウンスク作家もサプライズ登壇し、貴重なお話も伺え、ファンは興味深く耳を傾けた。キム作家といえば、「シークレット・ガーデン」「紳士の品格」「相続者たち」「太陽の末裔」など、数え切れないほどの名作で知られる大御所。「本当に特別な方で、僕もなかなかお会いできる方ではないんですが」と、ドンウクさんに紹介され登壇すると、キム作家は、「「トッケビ」は、かつてないほど素晴らしい俳優陣、スタッフと莫大な制作費をかけられるわけですから、わたしも一生懸命脚本を書いた作品です。この作品は、さらに結果が良くてとても幸せで、嬉しかったです。それに「トッケビ」のおかげで、こんなイケメンと酒飲み友だちになれて光栄です」と言って笑いを誘い、「死神役は、色が白くて唇の赤い、死神のイメージそのもののイ・ドンウクさんしかいないと思ってました。ハンサムなだけでなく、ユーモアセンスもあって。「トッケビ」は、これまでの作品よりも、愛、人生、死の物語で、深みがある作品と評価されて嬉しく思っていますし、私にとって、大きな意味のある作品です。日本の方々も深みのあるストーリーが好きだと思いますので、きっと気に入ってもらえると思っています。」 
 さらにドンウクさんが記者に豹変して、以前から気になっていたキム作家への質問も向けられ、「たくさんの素晴らしい作品はどうやって、生まれるのですか?」との問いに、「インスピレーションは、なかなか降りてこないので、ただ机に向かって一生懸命に待ち続けなければならないんですよ」。と。
 「もうひとつだけ質問していいですか?「トッケビ」をご覧になって、どのシーンが一番好きでしたか?」とイ記者。(笑)
 「名演技だったワン・ヨの悲痛な表情のシーン」です。(ネタバレになるのでここまで)キム作家は、新作に取り掛かっているそうで、次回作も楽しみ。もちろん、名シーン満載の「トッケビ」はマスト!!!
また、「トッケビ」撮影秘話も飛び出し、冬の撮影だったので、息が白く写らないように、コン・ユさんと同時に息を止め、カッコよく演技し、カメラの前を通り過ぎた瞬間、思い切り呼吸をしたという苦労話、「風邪をひいて体調が悪い時の方がいい演技ができる(笑)」などなど。ファンからの質問には、「休日は家事をしています。自分でやらないと、暮らせないからです(笑)」「(高校生のファンにオススメのドラマは)母親への愛が改めて湧き上がる、「風船ガム」です」などと飾らず答え、そしてグルメな一面も覗き、東京では行列に並んで牛カツも楽しんだり、韓国では手に入らないという、スターバックスのコーヒー豆を買って帰りたいと話した。次回作は検討中ということで、今後の活躍も楽しみだ。
写真提供A・R・A


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 「明日、キミと」の演技派俳優、イ・ジェフンさんインタビュー

    「シグナル」で注目を浴びた演技派俳優イ・ジェフンさん。続く作品に、このラブコメを選択したことも話題に。彼の最終目標は、”イジェフンはいい俳優だから、彼が出た作品は気になる”と言われること、だそう。私にとっては、とっくの昔からジェフンさんは、まさにそんな俳優です。映画もドラマも欠かさず観てます!ちなみに彼は、バラエティ番組で天然ぶりを発揮したためか、インドア派が一緒に過ごしたい俳優ナンバーワンでもあるそう。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 「明日、キミと」で新たな魅力を発揮、シン・ミナさんインタビュー

    デビュー当時から変わらない、モデル出身のスタイルの良さと、可憐さで人気のシン・ミナさん。美人女優代表のひとりのミナさんが、ナイーブな主人公を演じ、新しい魅力を見せてくれたのが、タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日(あす)、キミと」。彼女にとっても、大切な作品となったそうです。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 大ヒットドラマ「愛の迷宮-トンネル-」のチェ・ジニョクさんインタビュー

    3年ぶりの主演ドラマ「愛の迷宮-トンネル-」が、放送局視聴率歴代1位となったチェ・ジニョクさん。3年ぶりの公式来日となったファンイベント直前にインタビューに応じてくれた。「九家の書〜千年に一度の恋〜」、「相続者たち」、「エマージェンシーカップル」、「運命のように君を愛してる」、「傲慢と偏見」などで確実にファンの心をつかんできたスター、ジニョクさんと彼の最新作の魅力に迫る!

    韓流NEWS

    2018年1月5日

  • 注目の俳優4人組”One O One”来日インタビュー

    One O Oneは、同じ事務所のクァク・シヤン、クォン・ドギュンさん、ソン・ウォンソクさん、アン・ヒョソプさんの4人からなる若手俳優プロジェクトグループ。「ああ、私の幽霊様」で注目、ユ・アインさんとの「シカゴ・タイプライター」でも難しい役どころを好演、脚光を浴びたシヤンさん、ちょうどわたしが観終わったばかりのホームドラマ「お父さんが変」に兄弟役で出演し、お茶の間の幅広い視聴者から支持されたウォンソクさんとヒョソプさん(ちなみにこのドラマでも人気女優イ・ユリさんの怪演ー怖くないんですけど笑ーが爽快でした)、「20世紀少年少女」にも出演したドギュンさん。皆とても仲よさそうで、本当の兄弟のような和気あいあいとした雰囲気。全員186~188cmと長身の、優しい紳士たちでした。この日はウォンソクさんのお誕生日だったので、バースデーケーキを差し入れると、勉強しているという日本語でお礼まで。今後の活躍にも注目の4人です!

    韓流NEWS

    2017年12月26日

  • 日本で初ワンマンライブを開催する実力派女性シンガー、LEE HI(イ・ハイ)さんインタビュー

     2012年、韓国SBS-TVオーディション番組「K-POPスターシーズン1」で、16歳とは思えないソウルフルな歌唱力を披露し、準優勝。怪物新人としてデビューし、チャートを席巻してきたLEE HI(イ・ハイ)さん。満を辞しての日本進出を記念し、1月にはコンサートツアーも開催予定です。ドラマ「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」のOST「My Love」も記憶に新しい実力派女性シンガーの彼女が来日。インタビューで、この天賦の才の持ち主に会ってみると、本当に可愛らしくてお人形のよう!その可愛らしいルックスとは裏腹の、パワフルな歌声をぜひライブで体感して!!(日本語も勉強中のようで、きれいな日本語もときどき披露してくれました)

    韓流NEWS

    2017年12月19日

  • 「病院船」の注目若手俳優、イ・ソウォンさんインタビュー

    音楽番組のMCも務めるなど、若手俳優のなかでも目立った存在のイ・ソウォンさん。「むやみに切なく」などでブレイク。ベテラン、ハ・ジウォンさんや、カン・ミンヒョクさんとの最新作ドラマ「病院船(原題)」では、漢方医を演じ、ドラマの人気とともに、さらに人気急上昇、20歳とは思えない大物注目株です!

    韓流NEWS

    2017年12月9日

  • 「病院船」のヒロイン、ハ・ジウォンさんインタビュー

    アクションものからラブコメまで、幅広く活躍する女優ハ・ジウォンさん。私の韓流ドラマの入り口は、彼女の時代劇「ファン・ジニ」からだったので、どの作品も注目しています。高視聴率、人気ドラマとなった最新作「病院船(原題)」では、初めてのドクター役に挑戦!ハ・ジウォンさんの素顔とは?「病院船」は、早くも日本放映スタートです!

    韓流NEWS

    2017年12月8日

  • 「病院船」で初W主演、カン・ミンヒョクさん(CNBLUE)インタビュー

    「病院船(原題)」最終話の撮影を終え、釜山からCNBLUEの大阪公演に直行、という演技でも、バンドでも大活躍のカン・ミンヒョクさん。ドラマでは、心優しいドクター役がぴったりで好演、ますますファンが増えたのでは?「病院船」は映像も美しく、心温まるストーリー。早くも日本放映が始まるので、見逃さないで!

    韓流NEWS

    2017年12月7日

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords