ドラマ「トッケビ」でファンを魅了、 イ・ドンウクさん来日

2017年7月4日
数々の記録を塗り替えたメガヒットドラマ、「トッケビ」で死神を好演、アジアじゅうのファンが注目する俳優、イ・ドンウクさんが、1年ぶりのファンイベントアジア・ツアーin JAPAN「4(for) My Dear 」で来日!
アジアが熱狂したドラマ「トッケビ」で死神を演じたイ・ドンウクさん。複雑で難しい役を見事に演じ、確実にファンが増えている。彼が、増え続けるファンのためのイベント、アジアツアーを、ソウル、シンガポール、香港、インドネシア、台北で開催。
 「各国でたくさんファンミーティングをしたので、これから7年ぐらいやらなくてもいいかも」と冗談を言ったり、「日本ではファンイベントを5年くらいやっているので、リラックスして、友人に会うような気持ちでいられ、茶目っ気もお見せできます(笑)」との余裕も見せた。
 東京公演では、「トッケビ」の脚本家、ヒットメーカー、キム・ウンスク作家もサプライズ登壇し、貴重なお話も伺え、ファンは興味深く耳を傾けた。キム作家といえば、「シークレット・ガーデン」「紳士の品格」「相続者たち」「太陽の末裔」など、数え切れないほどの名作で知られる大御所。「本当に特別な方で、僕もなかなかお会いできる方ではないんですが」と、ドンウクさんに紹介され登壇すると、キム作家は、「「トッケビ」は、かつてないほど素晴らしい俳優陣、スタッフと莫大な制作費をかけられるわけですから、わたしも一生懸命脚本を書いた作品です。この作品は、さらに結果が良くてとても幸せで、嬉しかったです。それに「トッケビ」のおかげで、こんなイケメンと酒飲み友だちになれて光栄です」と言って笑いを誘い、「死神役は、色が白くて唇の赤い、死神のイメージそのもののイ・ドンウクさんしかいないと思ってました。ハンサムなだけでなく、ユーモアセンスもあって。「トッケビ」は、これまでの作品よりも、愛、人生、死の物語で、深みがある作品と評価されて嬉しく思っていますし、私にとって、大きな意味のある作品です。日本の方々も深みのあるストーリーが好きだと思いますので、きっと気に入ってもらえると思っています。」 
 さらにドンウクさんが記者に豹変して、以前から気になっていたキム作家への質問も向けられ、「たくさんの素晴らしい作品はどうやって、生まれるのですか?」との問いに、「インスピレーションは、なかなか降りてこないので、ただ机に向かって一生懸命に待ち続けなければならないんですよ」。と。
 「もうひとつだけ質問していいですか?「トッケビ」をご覧になって、どのシーンが一番好きでしたか?」とイ記者。(笑)
 「名演技だったワン・ヨの悲痛な表情のシーン」です。(ネタバレになるのでここまで)キム作家は、新作に取り掛かっているそうで、次回作も楽しみ。もちろん、名シーン満載の「トッケビ」はマスト!!!
また、「トッケビ」撮影秘話も飛び出し、冬の撮影だったので、息が白く写らないように、コン・ユさんと同時に息を止め、カッコよく演技し、カメラの前を通り過ぎた瞬間、思い切り呼吸をしたという苦労話、「風邪をひいて体調が悪い時の方がいい演技ができる(笑)」などなど。ファンからの質問には、「休日は家事をしています。自分でやらないと、暮らせないからです(笑)」「(高校生のファンにオススメのドラマは)母親への愛が改めて湧き上がる、「風船ガム」です」などと飾らず答え、そしてグルメな一面も覗き、東京では行列に並んで牛カツも楽しんだり、韓国では手に入らないという、スターバックスのコーヒー豆を買って帰りたいと話した。次回作は検討中ということで、今後の活躍も楽しみだ。
写真提供A・R・A


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 社会現象となったアイドル、Wanna One旋風!

    2017年に放映され韓国で社会現象を巻き起こしたサバイバル番組「PRODUCE 101 シーズン2」。101人の中から”国民プロデューサー”による人気投票で選ばれたメンバーで昨年8月にデビューしたのが、11人組のWanna One(ワナワン)です。2018年12月までの期間限定のプロジェクトアイドルグループというのもユニーク。デビュー3週間で各チャートを席巻、15冠を達成。モンスター級のアイドルとして注目を浴び続けています。そんな彼らが初めてのファンイベントのため来日。5,000人のファンが駆けつけ、会場は熱気に包まれました!楽曲もつい口ずさんでしまうものばかりなので、ぜひ聴いて、観て!

    韓流NEWS

    2018年5月14日

  • 映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く

     37歳という若手、才能溢れる『名もなき野良犬の輪舞』のビョン・ソンヒョン監督。彼の商業映画での2作目となるこの作品に出演した、ソル・ギョング、「ミセンー未生ー」のイム・シワン、キム・ヒウォン(「ゴハン行こうよ2」)ホ・ジュノ(「仮面の王 イ・ソン」)といった錚々たる演技派俳優も一目置く存在です。国内外で高く評価された映画で、フィルムノワールと聞くと、暗くて重いイメージですが、この作品は、美しく、ときに笑えて爽快、心にしみる人間ドラマでもあります。先入観なしに多くの人に観てもらいたい!フィルムノワールのイメージとはまったく異なる、シャイで静かな語り口の監督にお話を伺いました!

    韓流NEWS

    2018年5月1日

  • KCON 2018に行ってみました!

     KCONとは、K-POPのみならず、ドラマ、ビューティ、食品や観光なども網羅した、多様な韓国カルチャーを体験できるコンベンション。2012年にカリフォルニアで初開催、日本でも2015年から年々親しまれてきていて、今年で4度目の開催だそう。母娘で楽しむ姿も見受けられ、活気に満ちた幕張メッセ、4月13日から3日間開催の初日に初参戦!盛りだくさんの内容でその人気に納得、目から鱗でした。今年はなんと3日間に68,000人が足を運び、記録更新の盛況ぶりだったそうです。

    韓流NEWS

    2018年4月17日

  • 最旬アイドルTRCNGが日本デビュー!10問100答!

     東京ガールズコレクションの大トリをBLACKPINKが飾るなど、女子中高生の間で大人気のKPOPアイドルたち。最近はKPOPだけでなく、母娘で韓流ドラマを楽しんでいたり、ドラマや映画のファン層も広がっているようです。日本のドラマや映画が韓国でリメイクされたり、「記憶」や「シグナル」のように韓国のドラマが日本でリメイクされたりで、オリジナルに興味を持ってもらえると嬉しいなと思っています。第三次韓流ブームとも言われるKPOP、日本デビューラッシュのアイドルのなかでも、昨年10月に韓国でデビューしたB.A.Pの弟グループTRCNGが、日本でも4月4日にデビュー・シングルを発売、話題となっています。全員2000年&2001年生まれ、子役出身のメンバーも3人いて元気いっぱい。全員がボーカル・ラップ・ダンスをこなす実力派でこれからの活躍が楽しみな若者たちです!!来日オフショットと10問100答とともに紹介いたします!

    韓流NEWS

    2018年4月4日

  • 「マッド・ドック」でブレイク!若手俳優ウ・ドファンさんに注目!

    最近、注目されている4人の若手俳優のひとり、ウ・ドファンさん。彼の最新ヒットドラマ「マッド・ドック(原題)」が日本初放映!!この作品で2017年KBS演技大賞では新人賞を受賞。ドファンさんは映画『MASTER マスター』、ドラマ「君を守りたい〜SAVE ME〜」にも出演しています。俳優の父の影響で役者の道を選んだ、目玉焼きをこよなく愛する青年です。ちなみに他の実力派注目株には「師任堂(サイムダン)、色の日記」「浪漫ドクター キム・サブ」「愛の温度(原題)」のヤン・セジョンさん、「あなたが眠っている間に」「賢い監房生活(日本題:刑務所のルールブック)」のチョン・ヘインさん、「ゴー・バック夫婦(原題)」のチャン・ギヨンさんなどが名を連ねます。どの作品もお勧めなのでぜひ!

    韓流NEWS

    2018年3月23日

  • イ・ミンギさんのキュンとくる「この人生は初めてだから」

    ファン待望!イ・ミンギさんの5年ぶりの主演ドラマ「この人生は初めてだから(原題)」。待ってましたの王道ラブコメで、ゲラゲラ笑えて、時にじんわり泣けるいい作品です。ミンギさんは猫を愛し、他人に興味のない静かな独身主義者を、「お父さんが変(原題)」で人気急上昇のチャーミングなチョン・ソミンさんが脚本家志望のヒロインを演じています。他にも「被告人」のキム・ミンソクさん、「テバク」のキム・ガウンさん、「推理の女王」のパク・ビョンウンさん、映画『ハッピーログイン』のイ・ソムさんなど豪華キャスト!アドリブたっぷりの楽しそうな撮影風景が目に浮かぶ作品です。

    韓流NEWS

    2018年3月14日

  • 多芸多才なジニョンさん(B1A4)が語る「雲が描いた月明り」

     アイドルグループB1A4のリーダー、ジニョンさんは、その優しい人柄と多芸多才で知られる存在です。映画『怪しい彼女』で注目された俳優でもあり、大ヒットドラマ「雲が描いた月明り」では、主人公のライバル役を演じる俳優としてだけでなく、OSTの作詞作曲も。音楽プロデューサーとしても活躍しています。「雲が描いた月明り」のプロモーションで来日した彼の取材に伺うと、噂通りの心配りで、マリソルスタッフにアイスクリームの差し入れまで!感涙、、、。2月、4月、5月にもB1A4で来日、映画『僕の中のあいつ』が韓国で年末公開予定です!

    韓流NEWS

    2018年3月2日

  • 離婚危機のアラフォーを描く「ゴー・バック夫婦」主演チャン・ナラさん&ソン・ホジュンさんインタビュー

    「ゴー・バック夫婦(原題)」は、離婚を決意したアラフォー夫婦の、笑えて泣ける温かいドラマ。久しぶりにいいドラマに出会えた、と強く感じた作品です。3月に37歳になるとは思えない奇跡?妖精?と話題となったジンジュ役を演じた女優チャン・ナラさん(「君を憶えてる」、「運命のように君を愛してる」)と、バンド役を演じたソン・ホジュンさん(「応答せよ1994」)が主演。また、ホジュンさんの恋のライバル役を演じたチャン・ギヨンさんは、モデル出身のライジングスターです。「最高の結婚」から注目していたので、この作品の大ヒットでさらなる活躍を期待してます!ホジュンさんの親友、東方神起のユンホさんもカメオで出演。観るべし!

    韓流NEWS

    2018年2月22日

Feature

Ranking