夏→秋に向けて、一枚投入するならこだわりの”柄スカート”が正解!【40代 夏ファッション】

明日からコーデにすぐ取り入れられて、季節が深まってもずっと着られるのが、シックな色合いの柄スカート。腰回りの切り替えととろみ感のある生地使いで、アラフォーのスタイルアップも叶えてくれる。

スモーキーなトーンですっきりと

ヨンアとエムセブンデイズのプリントギャザー スカート

大人が似合う配色と絵柄のフラワープリントを厳選し、ふんわりとしたボリュームスカートに。ウエスト下に切り替えがあるので、着膨れせずすっきりとしたシルエットを実現。Tシャツとのシンプルコーデが一気に華やかに!

【Marisol ミニマガジン 2022年9月号】撮影/酒井貴生(aosora/p1~5・人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management/p1~5) スタイリスト/徳原文子(p1~5、8) モデル/ヨンア 取材・文/発田美穂(p1~5、p8) デザイン/清水美咲(藤村雅史デザイン事務所) Web編成/ビーワークス

トップスと色をリンクさせて、シックにまとめて

■Scene2:デスクワークでオフィスにこもる一日。柄スカート×ブルーの知的モードなスタイルで

フラワープリントスカートのコーデ

FUMIKO'S Point

長袖Tシャツ×とろみ素材のスカート。着心地のいいコンビも、シックな色合わせならオフィスシーンにも対応します

徳原文子さん

ネックレス¥25,300(マリハ)/Marisol 

カーディガン¥31,900/カオス丸の内(カオス) バッグ¥77,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥128,700/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

【Marisol VOL.1 2022 春夏号】撮影/渡辺謙太郎(人物) 魚地武大(TENT/物)  ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/ヨンア 取材・文/三尋木奈保 撮影協力/+SHIFT NOGIZAKA

AND MORE

What's New 新着記事

AND MORE

2022年08月26日発売

Feature 編集部のおすすめ記事