「太陽の末裔」から「被告人」まで、 ヒット作が続くキム・ミンソクさんの素顔

【ライター桂まりの「すきあらば韓流」】

2017年7月12日
 「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」で2012年にドラマデビュー。ソンソンカップル結婚のきっかけとなった「太陽の末裔」でブレイク、日本で放映中の話題作「被告人(原題)」でも存在感を発揮しているキム・ミンソクさんが、単独初ファンイベントで来日。素顔のミンソクさんとは?
写真提供夢友(YUMETOMO)http://yumetomo.info 
 5月に行われた百想芸術大賞テレビ部門では、「ひとり酒男女(原題)」のコンミョンさん、「力の強い女ト・ボンスン(原題)」のジスさん、「雲が描いた月明かり」のジニョンさん、「浪漫ドクターキム・サブ(原題)」のキム・ミンジェさんを抑えて、「ドクターズ~恋する気持ち」の演技で新人賞を受賞。今年も話題のドラマ「被告人(原題)」(韓国版「プリズン・ブレイク」と評判!!)での演技が光り、「人気歌謡」のMC、バラエティ「ジャングルの法則」(親友のINFINITEのソンヨルさんと出演)など活躍の場を広げている。

 1990年生まれ、幼い頃から釜山の祖母と暮らし、祖母が体調を崩し入院していた時は、病院から学校に通ったこともあったそうだ。ちょうど「太陽の末裔」のチング兄さんが演じた役のような、頼れる刺身店の主人と出会い、やんちゃだった彼は調理師を目指した。そんな頃、韓国が4強に入ったサッカーW杯を見て感銘を受け、自分も得意なことを仕事にしようと一念発起。のど自慢では必ず賞をもらっていた歌で勝負しようとソウルへ。オーディション番組「スーパースターK」に出演、「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」でドラマデビューを果たした。
 
 「その頃は、ドラマに出させてもらうのが、どんなにありがたいことかわかっていなくて、俳優になろうとは思ってなかったんです」。「撮影中は、イ・ミンギさんについて回ってました(笑)。今では近所に住んでいるエルさんとも出会えた作品。エルさんはアイドルでもイケメン中のイケメンで知られてますが、きっと整形だろうと思っていたんです(笑)。でも会ってみたら、本当に二度見するほどイケメンで。ご両親と食事を一緒にする機会があったんですが、お父さんもすごくハンサムで、昔からのイケメン家系なんだなあ、と感心してしまいました(笑)」。ご自身は小さい頃、お祖母さんから、泥棒みたいな顔と言われて育ったといい笑いを誘う。

 その後、契約問題もあり、21歳の頃には貯金も使い果たして、ホームレス状態だったという。宅配のバイトをしながら苦労を重ねたが、突然1日違いで「恋するジェネレーション」と「太陽の末裔」のふたつのオーディションに受かった。ドラマは大ヒットし、おかげで、CMも決まり、友人たちから借りていた生活費も一気に返せたうえ、オーディションを受けずに済むように。ドラマで今の気の合う弟分、ルームメイトにも出会え、愛犬と暮らしているそうだ。さらに新人賞も受賞、日本でもファンイベントができるなんて、これ以上最高な日はないのでは、と語った。釜山男子らしい、シャイな語り口で、冗談も交えながらの本音トークから、優しく飾らない素顔がのぞく。そして、得意の歌を披露する時は、さすがスターのオーラで、好きだというバラードを歌い上げる。

  「太陽の末裔」のOST(挿入歌)「You Are My Everything」で始まり、 「ぜんぜん披露する機会がないのでここで(笑)」と、「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」から、ミンソクさんのOST「どうして君を」、「日本のドラマの中でいちばん好きで、1リットルではなく、2リットル分泣きました」という「1リットルの涙」のOST「only human」も披露。「大好きでずっと歌っていたんですが、1年くらいしてから韓国人のKさんの歌だと教えられてびっくりしました(笑)」。
 また、「ドクターズ~恋する気持ち」は、「自分を信じてキャスティングしてくださったので、ものすごく一生懸命準備して臨んだ作品です」。「被告人(原題)」での好きなシーンは、8歳の子役のシン・リナさんとのシーンだという。彼女のお母さんはミンソクさんの8歳うえ、姉のような年齢だったので、リナさんは本当の叔父のように、叔父さん、叔父さんと慕ってくれ、撮影現場ではそんなリナさんに、ミンソクさんが付いて回っていたとか。

 「5、6年まえ、ドラマのイベントで初めて来日したときには、もうこんなふうに日本に来れることは、ないんじゃないかと思っていたんです。僕は、普通の近所にいる人なので、たくさんの人が応援に駆けつけてくださって、また日本に来ることができて、本当に嬉しいです。僕の味方と一緒にいる気がして緊張もほぐれました。これからも心を込めた、心からの演技ができる俳優になりたいですし、歳をとったら「被告人(原題)」で共演したチソン兄さんのような味のある俳優、そして良い父親になりたいです」。次回作の撮影も始まるとのこと。今後の活躍も楽しみな俳優のひとりだ。
『被告人』(原題) KNTVにて毎週(土・日)午後10:00~11:15ほか日本初放送中 8月27日(日)よりアンコール放送もスタート! (c)SBS

What's New

  • ドラマ「ハベクの新婦」で好演のコンミョン(5urprise)さんインタビュー

    2015年11月の5urprise の日本CDデビュー時にも、インタビューに応じてくれたコンミョンさん。その後、ドラマ「華政(ファジョン)」、「タンタラ〜キミを感じてる」、「おひとりさま〜一人酒男女〜」などに立て続けに出演。ドラマだけでなく、バラエティ、MCなど多忙を極めている。そんなコンミョンさんが自由奔放な神役に挑んだ、最新作ドラマ「ハベクの新婦」が日本でも初放映中だ。次回作「ピョンヒョクの愛」も、「また、オヘヨン」の監督の注目作。ちなみに、弟のドヨンさんもアイドルグループNCT127で活躍中。「ハベクの新婦」撮影直前の、東京でのファンイベントでも、「最近ドヨンは忙しい」と勉強中の日本語で繰り返し話し、笑いを誘っていた。12月に5urpriseでの来日も決定している。

    すきあらば韓流

    2017年10月13日

  • 映画『あなた、そこにいてくれますか』でも注目のピョン・ヨハンさんインタビュー

    ドラマ「ミセン-未生-」や「六龍が飛ぶ」でも、その圧倒的な存在感で知名度を上げた俳優ピョン・ヨハンさん。彼の出演する待望の映画『あなた、そこにいてくれますか』が10月14日(土)より公開となる。韓国で『ラ・ラ・ランド』超えした大ヒット作だ。ヨハンさんが、この映画はもちろん、次回作の予定まで、語ってくれた。温かく、懐かしく、考えさせられるすてきな映画なので、ぜひ映画館に足を運んで!

    すきあらば韓流

    2017年10月4日

  • アイドルから人気俳優へ。 パク・ヒョンシクさんファンイベントで来日!

     2010年K-POPグループZE:A(ゼア)のボーカル担当としてデビュー、最近は俳優としても活躍中のパク・ヒョンシクさんが、8月末に、ファンイベント「2017 PARK HYUNG SIK FANMEETING IN JAPAN 夏の日、僕らの一歩 」で、約1年ぶりに来日。ソウルでのイベントに続き、大盛況だった。

    すきあらば韓流

    2017年9月26日

  • チャンソンさん(2PM)らが初挑戦!ミュージカル「ALTAR BOYZ」

    2005年にNYのオフ・ブロードウェイで上演されて以来、韓国や日本でも公演を重ね、愛されて来たミュージカル「ALTAR BOYZ」。チャンソンさんらが、ミュージカルに初挑戦して話題に!

    すきあらば韓流

    2017年9月4日

  • 次元を超えた面白さ!「秘密の森」、サスペンスの沼にハマる

    またもや、ハマってしまった。毎話終わり場面に「えええええっ!」と声を上げてしまうほど、止まらなくなる全16話のサスペンスドラマ。「映画より映画」と称賛されるなど、いま最も話題の大ヒットドラマが、この「秘密の森」だ。

    すきあらば韓流

    2017年8月2日

  • ”演技の化身”チョ・ジョンソクさん、 3年5ヶ月ぶりに来日ファンイベント開催!

     このコラムで、映画『あの日、兄貴が灯した光』インタビューにも真摯に応えてくれ、その優しい人柄が伝わったチョ・ジョンソクさん。久しぶりのファンイベントは、初のアジアツアー!最終日の東京公演のパファーマンスと熱気はさすがのひとこと!!

    すきあらば韓流

    2017年7月25日

  • ドラマ「トッケビ」でファンを魅了、 イ・ドンウクさん来日

    数々の記録を塗り替えたメガヒットドラマ、「トッケビ」で死神を好演、アジアじゅうのファンが注目する俳優、イ・ドンウクさんが、1年ぶりのファンイベントアジア・ツアーin JAPAN「4(for) My Dear 」で来日!

    すきあらば韓流

    2017年7月4日

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords