骨盤タイプを知り、 最適な方法でゆがみ解消!【キレイになる活】

2017年9月24日
前傾すると出っ尻ちりに、後傾するとポッコリ下腹に。あなたはどちらのタイプ?
"私の骨盤、ゆがんでる……?"と、なにかと不調のせいにされがちな骨盤。実際、骨盤は体の要となる部分。ゆがむと太りやすくなる、痛みが生じる、尿モレしやすくなるなどのトラブルが発生! そこで整形外科医の中村格子先生にアラフォーからの骨盤まわりのケアをうかがいました。

☆お話をうかがったのは…

Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長 中村格子先生
整形外科医。医学博士。スポーツドクター。横浜市立大学客員教授。著書『40代からはやせてもきれいになれません!』(オレンジページ)が話題
Kakuko Nakamura

1/2

2/2

・腰が反っている
・出っ尻である
・おへそのあたりが前に突き出ている
・背中の筋肉が縮んでいる
・股関節〜太もも前面が縮んでいる
・おしりが垂れている
・下腹がポッコリ出ている
・猫背である
・背中が丸くなっている
・首が前に出ている
骨盤のゆがみ方で多いのが、前に傾いている前傾タイプか、後ろに傾いている後傾タイプ。
「骨盤が前に傾いている人は、出っ尻で反り腰になっているのが特徴です。おなかの上部が前に突き出ている場合もあります。腹筋が弱かったり、いつもヒールの高い靴を履いていたりすると骨盤前傾タイプになりやすくなります。一方、骨盤が後傾している人は、おしりが垂れていて、背中は丸く、首が前に出た猫背姿勢になっているのが特徴です。下腹もポッコリと出ています。このタイプは、ふだん座る時に椅子の背にだらっともたれかかるような座り方をしていることなどが大きな原因です」

 全身鏡で自分の姿勢や骨盤を横から見てチェックしてみて!

【Check①】おなかに三角形を作って骨盤の傾きをチェック

1/3

2/3

3/3

【正しい姿勢】
手のひらを左右の腰骨と恥骨に当て、三角形を作る。手のひらが床と垂直なら骨盤はまっすぐで正しい状態。
【前傾タイプ】
手で作った三角形が垂直でなく、下辺が上辺より後ろに行くなら、骨盤が前傾しているということ
【後傾タイプ】
手で作った三角形が垂直でなく、下辺が上辺より前に出るようなら骨盤が後傾しているということ


【Check②】壁に体をつけて腰のすき間をチェック

1/4

2/4

3/4

4/4

壁にかかと、おしり、頭をつけて立ち、腰にどれくらいすき間ができるかをチェック
【正しい姿勢】
手の第一関節と第二関節を曲げた"猫の手"にしてピッタリ入るくらいのすき間があるのが理想的
【前傾タイプ】
握りこぶしを縦や横にして入るなら、腰が反りすぎている状態で、骨盤が前傾しているということ
【後傾タイプ】
手のひらがなんとか入るくらいなら、背中が丸くなっている状態で、骨盤が後傾しているということ
撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木村三喜 スタイリスト/程野祐子 イラストレーション/きくちりえ(Softdesign) 取材・文/和田美穂

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords