シミやくすみetc.40代は、肌のコンディションに合わせてアイテムをプラス

2017年9月29日
しなやかで柔らか。アラフォーの肌を生かしたベースメイクで印象は劇的に変わる!
肌づくりの名手としても信頼の厚いヘア&メイクアップアーティスト岡野瑞恵さんがアラフォーの肌が即座に美肌に変わるベースメイク術を伝授。

☆教えてくれたのは・・・

岡野瑞恵さん
ヘア&メイクアップアーティスト。女優やモデルなど著名人からの指名も多い。マリソル世代の女優のメイクも多く手がける。素を生かした洗練された美肌づくりにも定評あり
Tamae okano
「ファンデーションを塗った段階で、肌のノイズの70%ぐらいは消すことができます。アラフォーの肌はある程度のノイズは残しておいたほうが自然だし、私はおしゃれだと感じます。だから、いつもはそれだけでもOK。でも、ちょっと調子が悪くて肌のアラがいつもより目立っていたり、より完成度の高い肌に仕上げたい時は、コンシーラーなどのサブアイテムをプラス。最後に気になったものだけをカバーすると厚塗りになりません」

■シミ

ピンポイント修正は固定しやすい固形クリームタイプで

1/3

2/3

3/3

ファンデーションの後にも目立ってしまうシミを隠したい時は、ちょっと硬めのテクスチャーのコンシーラーを。シミの上にピンポイントで置いて、境目だけをなじませるのがコツ。
肌色よりワントーン明るい色は鼻すじにすっと入れる。鼻がすっきり美人の顔立ちに
(上から)軽い使い心地でハイカバー。小ジワや毛穴落ちせずになめらかフィット。プロの愛用者も多い。ソフトマットコンプリートコンシーラー全8 色各¥3,400/NARS JAPAN 

ベージュで隠すのではなく、オレンジ×イエローの血色と光効果でカバー。高保湿オイルベース。アンダーアイブライトナー¥3,000/ケサランパサラン 

岡野さんも愛用。肌の悩みをしっかりカバーしながら、表面さらり。悩みに合わせてブレンド自在の3色入り。キャンメイクカラーミキシングコンシーラー01¥750/井田ラボラトリーズ

■くすみ

広い範囲で気になる色ムラはコレ

1/2

2/2

目の下のクマや広範囲に広がる薄いシミなどは肌印象をくすませる要因。広い面で目立っている色ムラなどの肌ノイズは筆ペンタイプのコンシーラーで消すのが便利
広い部位も狭い部位もタッチアップも楽々。メイクの上からも重ねられて薄膜仕上げ。パーフェクト モバイルタッチアップ全8 色各¥3,500/アディクション


■お粉使い

毛穴や肌の凹凸はルースパウダーをほんの少し

1/4

2/4

3/4

4/4

毛穴や肌の凹凸が気になったり、陶器みたいな上質肌に仕上げたい時は、ルースパウダーを。
ほんの少量をパフによくもみ込んでから、凹凸が目立ちやすい顔の中心に押さえるように置いて密着。
あとはパフの残りものを内から外へと軽くすべらせるだけ
透き通るように薄いウォータリートランスルーセントパウダーを採用。肌に溶け込むようになじんでみずみずしいツヤ肌に。シアー ルース パウダー16g¥6,000/SUQQU
撮影/八木 淳(SIGNO/人物) 松本拓也(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵(ストーム) スタイリスト/程野祐子(人物) モデル/樹神 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords