どうする? 外は寒いけれど、職場は「暑いモンダイ」を解決してくれるアンダーウエア

2018年1月17日
寒暖差か、年齢に伴う体の変化か…年々深刻化するアラフォーの「冷え」と「汗」悩みを解消すべく、下着にもひと工夫を。リアルな声に基づいたおすすめテク&アイテムは必見!
暖房やパソコンの熱に加え、人が増える午後にはグッと気温が上がるオフィス内。季節柄、涼感アイテムはなかなかお目にかかれないので、機能インナーを使った重ね着など、ひと手間かけた"薄着"で心地よく。

■ひんやりとしたトーンでまとめて、見た目にもどこか涼しげなムードを

1/3

2/3

3/3

ブルーのシャツを軸に、色数を抑えたシックな着こなし。中にはほのかに暖かなインナーを忍ばせて、薄着でも快適に。柄スカーフはシルク100%。華やぐだけでなく、首もとがさらっとして心地いいといううれしい効果も。

シャツ¥39,000/アパルトモン 東京店(マディソンブルー) パンツ¥28,000/スローウエアジャパン(インコテックス) スカーフ¥28,000/エリオポール銀座(アルテア) 時計¥1,100,000/DKSHジャパン(ベダ&カンパニー) ピアス¥65,000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ)

▽中に着たのはコレ!


保湿性が高く、長時間着てもかゆくなりにくい。広めのUネック&八分袖で、シャツのインにもぴったり。めぐみスト¥3,400/ワコール(ウイング)

▽コレもおすすめ

(右)吸汗速乾機能でカップつきでもムレにくい。ファインドライ パデッドブラキャミソール¥7,000/ザ・ノース・フェイス 3〈マーチ〉(エムエックスピー)

(左)天然シルク100%。シルクウォームアンダー¥5,500/日本ランズエンド(ランズエンド)

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords