結婚相談をしたトリ姉さんは仕事が早い!【アラフォーケビ子の婚活記 #16】

2018年3月16日
【vol.16】『アラフォーケビ子の婚活記ー良くも悪くも今が私の適齢期ー』毎週金・土・日21時更新。
これまでのヘタな恋愛を反省し、トリ姉さんに力説した。

本気で!
誰かを!
頼って!
寄り添って!
甘えて!
寄生して!
吸い取って!

生きていきたい!!
一連の窮状を黙って聞いた後、トリ姉さんはこちらをまっすぐ見ながらため息をついた。

「あー、そこまで考えていたとは思わなかった。うん、わかった。私、わかった!知り合いにあたってみる」

仕事がこれまでの優先順位1位だったけど、もうそういうこともない。パートナーとの生活を第一に、長い人生を共に過ごす気の合う相手が欲しいのじゃと訴えた。

トリ姉さんに伝えたのはこの程度。いわゆる条件めいたことや棚卸しした細かい理想はひとまず置いておいた。間口は広く、門戸開放宣言じゃ!

年末に理想のダーリンを棚卸しして、3月末の出来事である。

トリ姉さんの動きは早かった。

数日後には「この人に頼めば間違いない」という方に相談してくれたようで、「この人」からFacebookで「トリ姉さんにはいつもお世話になってます。近々お目にかかる機会を作ります。」いうメッセージと友達申請が届いた。

あああ~、これか!これが世に言うあれか~。

できる男の仕事術!
定時で上がる仕事術!
レバレッジSNS活用術!
タイムマネージメント!

と妙に納得して、「よろしくお願いします」的なメッセージを返して就寝。

するとピコピコとまたすぐに返信音が鳴る。

いったん寝たものの「これは無視できない!」と押っ取り刀で起き上がり、すぐさまチェックアンドリターンアンドスリープ!安心感と達成感でぐっすり眠れそうだ。

ピコピコ♪
するとまた返信音が鳴る。

おかしい。もうやりとりなんてないはずだ。

先ほどは私からのお礼に対して、先方から「こちらこそよろしく」の返信であり、そこに「楽しみにしております!」と返信をしたのだ。 この後何を返信してこようというのか。

まさか?もう人選?もう日程の相談?

ガッデム!これができる男のやり方か!こうしちゃいられない!文字通り跳ね起きてホップステップジャンプアンドメッセージオープン!

すると
絵文字
スタンプかい!

フレンドリーかい!

遠距離恋愛のカップルが長電話の終話時に

男「じゃ、せーので切ろうか」
女「うん、いいよ」
二人「せーの」

30秒経過

二人「もうーーー!!せーので切るっていったじゃーん」
みたいなやつか?これは。

要するにいい人そうだなとわかったので安心して就寝。

もう良い予感しかない。

カモチ ケビ子
43歳で(やっと)結婚。
仕事で培ったフットワークと屁理屈と知恵をフル活用してゴールイン。奴さん(夫)は夢見る世話焼きロマンチスト。
Instagram(@kbandkbandkb)

What's New

Feature

Ranking