「40歳は女性として一番おいしい時です」今月の先輩/潤子ララビュールさん

2016年9月23日
本誌で好評連載中の「小田ユイコ meets overアラ50美女 キレイな先輩の“美”人生道」。今月のゲストはコスメブランド“ララビュウ”をプロデュースする潤子ララビュールさんです。

美容はセオリーどおりでなく自分流にアレンジしていい

 潤子さんが美容に目覚めたのは、外資系航空会社のCAになってから。
「20代のひよっこの私に、機内は地上の5倍老化速度が速いから、と美容指南をしてくれたのは、当時アラフォーだった先輩CAです。食、メンタル、スキンケア、すべてをパーフェクトに管理し続けてきた彼女は、現在68歳。今も現役でフライトを続けているんですよ」。以来、美容の必要性、キレイになることのおもしろさに目覚めた潤子さんは、美容道をまっしぐらに進んでいきます。
「当時はバブル。チャレンジャーな性格も手伝って、ありとあらゆる美容をやりつくしました。正直、ダイエット法などずいぶんむちゃをして失敗したことも。結果わかったのは、話題になっている美容やダイエットをやみくもに実践するのではダメということ。理論をしっかり理解したうえで、自分に合うようにアレンジすることが大事です」。一見セオリーどおりにストイックに取り組むほうがよさそうに思えるけれど、人はそれぞれライフスタイル、体質や肌質、そして性格も違うもの。鋳型にははめられないと潤子さん。
「美容は継続が命。息切れしない方法は、自分なりに見つけるしかないんです。例えば、『野菜はオーガニックじゃなきゃ!』とかたくなになるのではなく、『野菜本来のおいしさが味わえるから、なるべくオーガニックを選ぼう』くらいの気持ちのほうが長続きしますよ」。  潤子さんは日々のバランスの取れた食事を基本とし、それを補うマルチビタミン、ユーグレナ、ビタミンCのサプリメント(ユーグレオレンジ、エスターC)を継続して摂取しています。

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords