社会現象にもなった話題作「応答せよ1988(原題)」の コ・ギョンピョさん来日!

【ライター桂まりの「すきあらば韓流」】

2016年9月10日
映画やドラマで常に全く違うイメージの役をこなし、演技派として注目される俳優コ・ギョンピョさんが来日、ファンミーティングが開催されました
展開が早く、目の離せない脚本の秀逸さ、俳優たちの演技にもうならされる韓ドラ。続々登場するライジングスターたちもからも目が離せなく、蟻地獄のごとくはまってしまう、ヒーリング効果も抜群(?)の韓ドラ作品やスターを、ライター桂まりが、不定期でご紹介いたします!

ケーブルテレビ、歴代視聴率一位というドラマ「応答せよ1988(原題)」。「応答せよ」シリーズ3作目で、それぞれ異なる年代、キャストで人気を博して来たが、この作品は、青春時代まっただなかの主人公たちだけでなく、親世代からの支持も厚くメガヒットとなった。ソウル市双門洞(サンムンドン)の一角に住む、家族ぐるみの付き合いの幼馴染み5人と、その家族の物語だ。毎話、オリンピック、受験、恋愛から更年期、リストラまで、泣いて笑って、じーんと温まる。なにより、このキャスト以外考えられないほど、俳優たちが体当たりで自然な演技を発揮する新人を含め、とにかくすばらしい。セットもこまかいところまで1988年ごろを表現していて、ふかしたサツマイモを食べながら井戸端会議、などどこか懐かしい。


 このドラマで、幼馴染みのソン・ドクソン(アイドルグループ、Garl's Dayのヘリさんの当たり役でした!)の姉に片思いする優等生ソン・ソヌ役を演じたコ・ギョンピョさんが来日、ファンミーティングが開催されました。コ・ギョンピョさんは、映画やドラマで常に全く違うイメージの役をこなし、演技派として注目される俳優です。そんな彼ですが、プライベートで来日し、ひとりでUSJに行った話を、「え、ひとりで?」と司会者に突っ込まれたり、ドラマでは母親想いの優等生でしたが、実際勉強はできたほう?と聞かれ、そうでもないと答えると、「そうでもない、と答える人はそうとう悪かったってことになります」と言われ、苦笑していました。ドラマの役の、ソヌのようにまじめで優しい感じそのまま!ひとりで絵を描いたりするのも好きなのだとか。


 このドラマで、幼馴染みのリュ・ジュニョルさん演じるキム・ジョンファンの、兄キム・ジョンボン役(万年浪人生)のアン・ジェホンさんとは、演劇学生時代からともに苦労して来たそうで、この作品で注目され本当に光栄だといい、同じ作品にキャストされ、さぞ心強かっただろうなと感じました。幼馴染みでいつもふざけているリュ・ドンリョン役のイ・ドンフィさん(実際はファッションリーダーらしい)もいい味を出しているし、このドラマでは天才囲碁棋士チェ・テクを演じ大ブレイク、CMにもひっぱりだこのパク・ボゴムさんなど、これからも注目の俳優さんばかりです。


 現在コ・ギョンピョさんはドラマ「嫉妬の化身」(8月24日に韓国でスタート)に出演中。センスの良さでも知られる視聴率女王コン・ヒョジンさん、ミュージカルでも人気のチョ・ジョンソクさんとの三角関係、、、。こちらも楽しみです!!!
© CJ E&M CORPORATION, all rights reserved.



桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 「猟奇的な彼女」で役者としても活躍、イ・ジョンシンさん(CNBLUE)の魅力

      CNBLUEのベーシストとして人気のイ・ジョンシンさん。「いとしのソヨン」などヒット作ドラマでも頭角をあらわしてきた俳優でもある。最新作、時代劇ラブコメ「猟奇的な彼女」では、ヒロインに心を寄せる、王の忠臣、凄腕剣士の従事官役を見事に演じ、役者の幅を広げた。そんなジョンシンさんのこの作品、そして演技に対する思い、魅力とは?

    韓流NEWS

    2018年2月8日

  • ミュージカル『マイ・バケットリスト』のテウンさん(SNUPER)インタビュー

     ヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』。不良少年カングと余命宣告を受けたヘギの物語です。2014年からソウルで上演されて来たこのヒットミュージカルが、昨年日本に上陸し話題に。今年も2月にキャストを変えて、初めて日本語版で上演されます!ヘギ役のSNUPERのリーダー、テウンさんが「まだまだです」と謙遜しながらも流暢な日本語でインタビューに応じてくれました。初顔合わせとなるCROSS GENEのキム・ヨンソクのさんとの二人芝居、どんな化学反応が起き、新たな魅力を放つ作品になるのか楽しみです。

    韓流NEWS

    2018年2月1日

  • いつも温かい気持ちにさせられる パク・ボゴムさんの格別なファンイベント

     昨年2月に行われた初めてのファンミーティングも、おもてなし精神たっぷりの、優しい人柄が伝わるイベントで5千人を迎え大盛況でしたが、10ヶ月ぶりとなったクリスマスイブ、日本公式ファンクラブ発足記念ファンミーティング<Christmas Eve>では、その倍のファンを魅了したパク・ボゴムさん。地上波で「雲が描いた月明り」が放映されたことも手伝って、より多くのファンが集まりました。  

    韓流NEWS

    2018年1月23日

  • 「明日、キミと」の演技派俳優、イ・ジェフンさんインタビュー

    「シグナル」で注目を浴びた演技派俳優イ・ジェフンさん。続く作品に、このラブコメを選択したことも話題に。彼の最終目標は、”イジェフンはいい俳優だから、彼が出た作品は気になる”と言われること、だそう。私にとっては、とっくの昔からジェフンさんは、まさにそんな俳優です。映画もドラマも欠かさず観てます!ちなみに彼は、バラエティ番組で天然ぶりを発揮したためか、インドア派が一緒に過ごしたい俳優ナンバーワンでもあるそう。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 「明日、キミと」で新たな魅力を発揮、シン・ミナさんインタビュー

    デビュー当時から変わらない、モデル出身のスタイルの良さと、可憐さで人気のシン・ミナさん。美人女優代表のひとりのミナさんが、ナイーブな主人公を演じ、新しい魅力を見せてくれたのが、タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日(あす)、キミと」。彼女にとっても、大切な作品となったそうです。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 大ヒットドラマ「愛の迷宮-トンネル-」のチェ・ジニョクさんインタビュー

    3年ぶりの主演ドラマ「愛の迷宮-トンネル-」が、放送局視聴率歴代1位となったチェ・ジニョクさん。3年ぶりの公式来日となったファンイベント直前にインタビューに応じてくれた。「九家の書〜千年に一度の恋〜」、「相続者たち」、「エマージェンシーカップル」、「運命のように君を愛してる」、「傲慢と偏見」などで確実にファンの心をつかんできたスター、ジニョクさんと彼の最新作の魅力に迫る!

    韓流NEWS

    2018年1月5日

  • 注目の俳優4人組”One O One”来日インタビュー

    One O Oneは、同じ事務所のクァク・シヤン、クォン・ドギュンさん、ソン・ウォンソクさん、アン・ヒョソプさんの4人からなる若手俳優プロジェクトグループ。「ああ、私の幽霊様」で注目、ユ・アインさんとの「シカゴ・タイプライター」でも難しい役どころを好演、脚光を浴びたシヤンさん、ちょうどわたしが観終わったばかりのホームドラマ「お父さんが変」に兄弟役で出演し、お茶の間の幅広い視聴者から支持されたウォンソクさんとヒョソプさん(ちなみにこのドラマでも人気女優イ・ユリさんの怪演ー怖くないんですけど笑ーが爽快でした)、「20世紀少年少女」にも出演したドギュンさん。皆とても仲よさそうで、本当の兄弟のような和気あいあいとした雰囲気。全員186~188cmと長身の、優しい紳士たちでした。この日はウォンソクさんのお誕生日だったので、バースデーケーキを差し入れると、勉強しているという日本語でお礼まで。今後の活躍にも注目の4人です!

    韓流NEWS

    2017年12月26日

  • 日本で初ワンマンライブを開催する実力派女性シンガー、LEE HI(イ・ハイ)さんインタビュー

     2012年、韓国SBS-TVオーディション番組「K-POPスターシーズン1」で、16歳とは思えないソウルフルな歌唱力を披露し、準優勝。怪物新人としてデビューし、チャートを席巻してきたLEE HI(イ・ハイ)さん。満を辞しての日本進出を記念し、1月にはコンサートツアーも開催予定です。ドラマ「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」のOST「My Love」も記憶に新しい実力派女性シンガーの彼女が来日。インタビューで、この天賦の才の持ち主に会ってみると、本当に可愛らしくてお人形のよう!その可愛らしいルックスとは裏腹の、パワフルな歌声をぜひライブで体感して!!(日本語も勉強中のようで、きれいな日本語もときどき披露してくれました)

    韓流NEWS

    2017年12月19日

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords