美女組No.127 Akaneのブログ
美女組:No.127 Akane

No.127 Akane

職業:ウェブショップ経営

元国内線CA。現在、パリ・ロンドンの商品を扱うネットショップを経営。男女2児の母です♪
「40代がいちばん楽しかった!」と言えるよう、今日を思いっきり楽しみます!

1日ラクに履ける美脚デニム、みつけました

2018年4月6日
締め付け、苦しさはもう終わり。夏に履ける涼しい脚長デニム、あります
 新年度になりました。「新年」よりも気分がリフレッシュするのはなぜだろう?

 ここで本年度の目標をひとつ。じゃなかったふたつ。
★延ばしのばしにしてある仏検1級の準備をそろそろ始める(あくまで「合格」ではなく「準備」で(^-^; )
★パクチーが食べられるようになりたい(お店で「パクチー抜きでお願いします」と、わたしのために友人にこれ以上迷惑をかけたくない)→でもどう頑張ればいいのかわからない(涙)。苦手だった人がどんどん食べられるようになっていくこの焦りっ( ;∀;)

書いてみるとなぜかやる気がでる。とりあえずやってみよう!
(話かわって)
 みなさん、デニムは何本持ってますか?わたしは数えたら10枚でした。でも毎回「またこれか」と履くのは同じもの。結局行きつくところ、デニムの「重たい、苦しい、締め付ける」・・・これがやっぱり、どんなに流行りのブランドだろうがデザインだろうが、わたしが履かなくなる理由です。
たくさんあってもいつも履くのは1~2本
 しかも、夏にデニムを履くのは正直暑い!・・・「おしゃれのためにはガマンして履く」が当たり前と思っていたのですが、先日、もう何十年も離れていたブランドで見つけたのです。苦しくなくて、しかも涼しい、1日履ける1本をヽ(*゜∀゜*)ノ

 8歳の娘の愛用デニム「リーバイス」をもくもくと選びながら、ふと「なんで私はもうリーバイス履かないんだろ」と思ったのです(。・Д・)ゞデニムは人気の新ブランドばかりに目がいって、昔選んでいた基本をすっかり忘れていました。商品に書いてある「履き心地の良さに絶対の自信」・・・じゃ、ちょっと久々に履いてみようじゃないの、と適当に1点とって試着室へ。
このタグ!わたしの中ではかなり久々(´,,•ω•,,`)
「ライトオン」でしか買えないリーバイスの「シェーピング」シリーズ。「履きやすさ」を徹底的に追求したというデニムです。お尻のヒップアップ効果、ウエストと太ももを締め付けないで引き締めるという、もし本当だったらすごいもの。スキニー2タイプとタイトストレートの全3タイプで、わたしはストレートを選んでみました。
このウエストバンドに秘密が・・・
 右足通した瞬間「これ、デニム?」。正真正銘デニムなのにサラリとした軽い生地。いわゆるレギンスパンツ感覚。いきなりあのドッシリとした「重苦しさ」部門を通過です。 ジッパーを上げてボタンを留めると、おなかを包み込むような感じで苦しくない。
 全体の締め付け→「タイト」や「スキニー」など細身を求める以上、正直ゼロとは言えません(ゼロを求めるならユニクロの「ステテコ」とか?)。 でも、これまで履いてきたデニムと比べると、締め付け感は断然なくて、我慢するキツキツ感もありません。でもなぜか足がきれいにみえるのが驚き(´⊙ω⊙`)(わたしの中では)
太もも太いのに、今までのデニムよりは確実に脚長効果を実感(それでも太いっ)
 
 そして最後は必ずチェックする一番大事な「しゃがみ」。結局「苦しさ」を感じるのは、しゃがんだ時のウエストの「うっ!」という食い込みとヒザの窮屈さ。だからこのチェックが、履かなくなるかどうかの「要」です。
ウエストは、しゃがんだ時に位置がズレないよう設計してあるので食い込まない!
 
 ヒザは「プレミアム4wayストレッチ」という、ハイパーなネーミングの伸縮生地で、屈伸100回できそうな伸び具合(その前に体力がもたない)。

 「暑いのにぴったりしたデニム履きたくない」、という今までのストレスもついに消滅?ムレを蒸散させて冷却するという「COOL加工」も!ちなみに、最近いきなり来る夏のような暑い日に1日履いてみましたが、見事にムレませんでした♪

 結論、細身で脚長にきれいにみせたいというスタイルの時は、今これしか履いていません。デニム=苦しい、はもうないのかも。これだけ機能的で、価格も7,900円の4ケタ!

 デニムの色は、最近ネイビーコーデが好きなので、カジュアルと上品のどちらにも転べる濃いネイビーな「ワンウォッシュ」にしました。

1/3

2/3

3/3

とりあえず夏はデニムにTシャツ。バッグとデニムの色をネイビーでリンクさせました(またでたよ、の白ハイカット)。
トレーナーでも細身デニムとパンプスだと女っぷり?
リーバイスにコンバースでアメリカン✪
 
 リーバイスって、流行ではないかもしれないけれどやっぱりカッコいい。ブレない芯の強さ。存在感。おしりにバシっとタグを貼られるだけで、その何かをもらえるような気がします。


大きなおしりを失礼っ
 
 新しいものを追うのも大事だし勉強になる。それに好き。けれど、おしゃれも時々基本に戻っていいのかも。しばらくスルーしていた古いブランドも、見直した時には進化していて、また意外なものが見つかるのかな、と思いました。かっこいいものは、やはり何年経ってもカッコいい!

 今度美女組のかっきーを、わたしの勝手な巡り方で「新宿ルミネ買い物ツアー」に連れて行くのですが、こっそりライトオンに連れてっちゃうかも。たぶんあのお方は絶対行ったことないだろうから、「いいものあるね」と言わせてみたい( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡

 4月は基本にもどる時期。自分のおしゃれも見つめ直したいと思ってます!
↓Clickで移動します

What's New

Feature

Ranking