バストケアと生活習慣でアラフォーでも美乳に!【キレイになる活】

2018年4月21日
猫背姿勢や偏った食事、睡眠不足などがバストを老けさせる原因だって知っていた?
アラフォーになって気になりだすのがバストの老化。特に多いのが、上部がそげてきたり、バストが垂れてきたり、離れてきたりといった悩み。でもご安心あれ!今からでもバストアップは十分可能!そのコツを美乳作りのプロが伝授。ハリのあるバストを取り戻して!

☆私が解説します!
美乳研究家 MACOさん
プロボクサー、スポーツインストラクターとして活動後、小顔と美乳専門サロン「MALOOVE」開業。独自の小顔美乳体操「こがおっぱい」が話題に

■猫背姿勢や偏った食事、睡眠不足 などがバストを老けさせる原因

現在40歳にしてFカップの美乳をもつMACOさん。でも実は、スポーツインストラクターをしていたこともあって体脂肪が落ち、30代半ばまでBカップだったとか。
「そのころ、女性らしい体型になりたい! と一念発起し、これまでの知識をもとに自ら考案したのが、バストアップと小顔の両方をかなえる〝こがおっぱい〟メソッド。これを実践したら、半年でBからFカップになったんです」

 その後、結婚して第1子を出産、現在は第2子を妊娠中のMACOさん。産後も美乳をキープする秘けつとは?
「アラフォーになると誰しもバストは猫背姿勢や偏った食事、睡眠不足などがバストを老けさせる原因しぼんでいき、特に産後はしぼみます。ただ、そこでケアするかしないかで大きく変わるんです。マッサージやエクササイズをすればハリのあるバストは維持できます。
また下着も重要で、産後は特に、カップつきキャミなどの楽なブラに逃げがちですが、きちんと補整機能のあるブラをつければバストはアップします。ふだんの生活習慣にも注意が必要で、パソコンやスマホばかり見て猫背姿勢が続くとバストはたるみます。また、食事でタンパク質や良質の脂肪をとっていないと皮膚の弾力が失われてバストもそげますし、睡眠不足やストレスもホルモンの分泌を低下させバストのたるみの原因に。こんな習慣にも注意すれば、アラフォーからでもバストアップは十分可能です!」

■そげ・垂れ・離れを招く生活習慣チェックリスト

□パソコン作業が長い 
□ダイエットのため油をカットしている
□甘いものが欠かせない
□スマホを見すぎている

□家ではノーブラ
□カップつきのキャミやベアトップを愛用
□スポーツの時もふだんと同じブラ

  ↓
多く該当するほどバスト老けは深刻!

■簡単マッサージからはじめよう!

1/4

2/4

3/4

4/4

左右の離れが気になるなら…
☆離れ乳筋ほぐし

脇のあたりにある前鋸筋(ぜんきょきん)が硬くなると、乳房が横に引っぱられて離れ乳の原因になるから、ほぐして柔軟に。

【ここに効く!】
脇のあたりに広がる筋肉。特に硬くなりやすいのが乳房の横の部分。よくほぐして。

乳房のふくらみの端の、高さでいうとバストトップより少し下あたりを指先で押し回すようにもみほぐす。2〜3カ所ほど場所を少し変えながら1分ほど行って。反対側も同様に。
垂れをなんとかしたいなら…
☆垂れ乳筋ほぐし

前鋸筋の下部がこっていると乳房が下に引っぱられて垂れ乳に。ここをほぐすと肩こりも緩和。

【ここに効く!】
広い範囲に広がる前鋸筋でも下部がこわばるとバストが下に引っぱられる原因になる。

乳房の下部のふくらみが終わるあたりの、体側寄りの部分を指先で押し回すようにもみほぐす。2〜3カ所、場所を変えながら1分ほど行う。

What's New

Feature

Ranking