この春の靴は「白・シルバー・ベージュ系」がとにかく使える!

2018年4月23日
そこに締め色やさし色、パイソンといった"きかせ靴"をそろえていけば、着こなしの幅がぐっと広がりそう!
バッグ

1/12

バッグ

2/12

3/12

バッグ

4/12

5/12

6/12

7/12

8/12

9/12

10/12

11/12

12/12

【PORSELLI】

足にフィットする柔らかな質感のとりこに

ソールの返りがよく、歩きやすい! とおしゃれプロにも愛用者多数。メタリックすぎない優しい輝きのシルバーレザー。¥30,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ポルセリ)
→コーデ例はこちら
【CALZAIUOLI FIORENTINI】

脚になじむ柔らかなレザーで履き心地も抜群

ドライな質感のサンドベージュが今季のトレンドにぴったり。ストラップつきで歩きやすいのもうれしい。¥22,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ)
【PELLICO】

抜け感づくりにもスパイスにも使える万能シルバー

シルバーだけど表面にシワ加工があるので、ギラつきすぎず、輝きが上品。ちらりと指のつけ根がのぞく浅めのカッティングが美脚を演出。¥49,000/アルアバイル(ペリーコ)
→コーデ例はこちら
【CLERGERIE】

足もとに洗練をもたらす美しいメッシュ編み

ずっと眺めていたくなる美しい一足。ナチュラル素材にありがちなほっこり感はいっさいなく、軽やかで洗練された足もとを演出。¥59,000/エイチ ビューティ&ユース(クレジュリー)
【ESTNATION】

クリーンな白で上品に履ける〝大人のスリッパ〞

コンサバ感とリラックス感を絶妙ミックス。甲の厚みがない、線の細いフォルムで、ハンサムなデザインなのにどこか女らしい雰囲気に決まる。¥29,000/エストネーション
【FABIO RUSCONI】

メッシュ素材がコーデに軽やかな抜け感を

メンズライクなモカシンを、白のメッシュレザーで女性らしいさわやかさに。春はソックス合わせ、夏は素足で、長く楽しみたい。¥27,000/デ・プレ 丸の内店(ファビオ ルスコーニ)
→コーデ例はこちら
【Amb】

旬のスポーティムードを手軽にプラスできる

脱ぎ履きが楽で歩きやすいスリッポン。上品なシルバー&厚めのソールでカジュアル度が抑えられ大人も履ける上品さに。¥20,000/ハイブリッジ ショーケース 六本木店(Amb)
→コーデ例はこちら
【FABIO RUSCONI】

辛口パイソンをポインテッドトゥで女らしく

白・ブラウン・ベージュと旬のカラーがつまったパイソン柄は実は万能。服の色を選ばず、どんなコーデも大人の表情に。¥19,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)
【CONVERSE】

春のきれいめコーデのはずし役に最適

定番のコンバースも、オフ白ではなくこんなさわやかな真っ白が今年は気分。黒いラインもシャープなアクセントに。¥12,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)
→コーデ例はこちら
【J.M. WESTON】

とびきり上質な白を足もとで楽しんで

どんなコーデにも大人の品格を与えてくれる極上の一足。あえての白を選んで大人の余裕を感じさせたい。¥141,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)
【PORSELLI】

足にフィットする柔らかな質感のとりこに

ソールの返りがよく、歩きやすい! とおしゃれプロにも愛用者多数。メタリックすぎない優しい輝きのシルバーレザー。¥30,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ポルセリ)
【DON.G】

旬のリラックスムードを辛口に楽しむ

履くだけで上級者っぽいこなれ感が手に入るバブーシュ。辛口なパイソン柄で、もうワンランク上の洗練を狙って。¥32,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(ドン ジー)
※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝(編集部調べ)です
【Marisol 4月号掲載2018年】撮影/魚地武大(TENT/物)

What's New

Feature

Ranking