90年代ブームらしいけど、そもそも90年代スニーカーって?【女のスニーカー問題】

2018年5月16日
アラフォーにぴったりのスニーカーを探すため、スニーカーに関する質問に東京スニーカー氏がアンサー!
今さら聞けない(?)ことから、ちょっとした豆知識まで今回も、女性が気になるスニーカーの素朴な疑問を東京スニーカー氏にたくさん答えてもらいました!

東京スニーカー氏

:エディター小澤匡行さん フリーのエディターとして『メンズノンノ』『ウオモ』など男性ファッション誌で幅広く活躍するアラフォー世代の編集者。噂の著書『東京スニーカー史』(立東舎)から、"東京スニーカー氏"と呼ばれるように。

Masayuki Ozawa

1/2

2/2

Q.90年代ブームらしいけど、そもそも90年代スニーカーって?

A.個性的な素材と色使い。上級者におすすめです

簡潔に言えば"トゥーマッチ"。当時は機能をわかりやすくデザイン化させたことで多くの名品が生まれました。ミニマル志向が続いた反動で、その過剰なルックスが新鮮に見えるように。これが90年代ブームの理由です。パーツの重なりが増えると、素材や色の数が多くなるので、それぞれに個性があります。着こなしのスパイスになります。

(上)¥12,000/デサントジャパンお客様相談室(ルコックスポルティフ)
(下)¥16,800/シードコーポレーション(カルフ)
Q.人気のエアマックス、大人が選ぶなら?

A.適度にハイテク感のある90年代初期の復刻が狙い目!

過去のモデルの復刻もにぎやかなエアマックス。実は毎年、新しいモデルも発売されていて、シリーズ数は映画『007』以上! 近年、レディスでの人気はエアマックス  90ですが、今年は同時代に登場したエアマックス 180が気分です。ローテクすぎず、ハイテクすぎないデザインは洋服に合わせやすく、鮮やかなさし色も女性らしい!

オリジナルは1991年発売。久しぶりの復刻にメンズも興奮! スニーカー¥13,000/スポーツ ラボ バイ アトモス シンジュク(ナイキ スポーツウェア)

☆こちらもチェック!

【Marisol5月号掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/秋山貴紀 文/小澤匡行

What's New

Feature

Ranking