崩れにくくてキレイな肌を作る、ファンデーションテクニック【崩さないベースメイク】

2018年5月28日
ヨレずくずれず、仮にくずれてきてもキレイに見える。肌とファンデーションを一体化させるテクを解説!
この"くずれ"、ファンデーションが悪いの? 下地が悪いの?それとも私が悪いの!? せっかく仕上げたファンデーションが、またたく間にくずれゆくこの時期恒例のお悩みを、プロ直伝の鉄壁のベースメイク術で解決! 今年こそ、朝作ったキレイな肌を夜までくずさず守り抜こう。

☆教えてくれたのは・・・

ヘア&メイクアップアーティスト レイナさん

スキンケアにも精通。見ればその人の肌状態が把握できる、マルチアーティスト

☆ベースメイクの仕上げ、ファンデーション

1/9

2/9

3/9

4/9

5/9

6/9

7/9

8/9

9/9

①高密着のソリッド系ファンデーションをつける

表面を軽くなでて取ったファンデーションを両頰、額、あご、小鼻、輪郭の順にすべらせるように塗る。カバー力を高めたい部位はトントン叩き込む。

レイナさんオススメ!

右)密着力抜群のオイルが極薄の膜で美肌をシーリングするので、時間がたってもヨレずくずれず。キッカ フローレスグロウ ソリッドファンデーション¥8,000/カネボウ化粧品 
左)肌になじむと濃厚なバームがパウダリーに変化。ツヤをたたえたふんわり肌を作ってキープ。B.A パウダリィバームファンデーションM¥13,500/ポーラ

②色補整のコンシーラーをつける

お疲れ感を出す目の下のクマには、オレンジ系のコンシーラーを。上からイエロー系を若干広く重ねると、明るさでクマが飛んで目立たなく。

レイナさんオススメ!

オレンジの血色×黄色の透明感で、明るい肌を作って色ムラをカバー。指で塗って、体温で定着UP。アンダーアイブライトナー¥3,000/ケサランパサラン

③シミ隠しのコンシーラーをつける

ひと塗りでカバーできる硬めのコンシーラーをシミよりひと回り大きくつけた後、アウトラインを指でポンポンとならし、肌との境目を目立たなく。

レイナさんオススメ!

右)シールのように定着する硬質タイプで、光の透過を遮断し、狙ったシミを確実にカバー。デルメッド コンシーラー ナチュラル¥2,700/三省製薬 
左)高カバー力でありながら、肌と同化する自然な仕上がり。クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ NO¥6,000/資生堂インターナショナル

④スポンジ&ブラシで粉をのせる

くすれやすいTゾーンと目じり、小鼻脇、口角、あごはスポンジで密着力UP。薄づきを狙う輪郭、肌全体の順にブラシで粉をのせる。

レイナさんオススメ!

右)「皮脂や汗を抑える力が強い固形タイプをスポンジやブラシでくずしてつけると、メイクもちが高まります」(レイナさん)。ザ・シアー プレスト パウダー 02¥12,000/ドゥ・ラ・メール 
左)毛足の形や毛量が理想的な大きめサイズ。熊野筆 フェイスブラシ 7WM-PF01¥13,000/アル

【くずれにくくてキレイな肌、完成!】

厳選アイテムを薄く積み重ねるテクニックで、肌とファンデーションがすき間なく密着。クマやシミなどの難点も見せない、くずさない肌に!

☆こちらもチェック!

【Marisol 6月号2018年掲載】撮影/八木 淳(SIGNO/人物) 国府 泰(物) ヘア&メイク/レイナ スタイリスト/程野祐子 モデル/田中マヤ 取材・文/橋本日登美 構成/原 千乃

What's New

Feature

Ranking