2018年春夏の紫外線対策コスメ&アイテム Photo Gallery

2018年5月27日
日焼け止め 紫外線対策コスメ

1/22

日焼け止め 紫外線対策コスメ

2/22

日焼け止め 紫外線対策コスメ

3/22

日焼け止め 紫外線対策コスメ

4/22

日焼け止め 紫外線対策コスメ

5/22

日焼け止め 紫外線対策コスメ

6/22

日焼け止め 紫外線対策コスメ

7/22

日焼け止め 紫外線対策コスメ

8/22

角質ぐもりを払う「ふきとり美白」

9/22

イーブン ベター ブライター エッセンス ローション

10/22

AQ ホワイトニング エマルジョン

11/22

ル ブラン ユイル シャネル

12/22

ネクターブランウォーターオイル フレッシュデュオ メルヴィータジャポン

13/22

ミノン アミノモイスト うるうる美白ミルクマスク 三共ヘルスケア

14/22

フォルミュール ホワイタミン QQ ドクターフィル コスメティクス

15/22

トランシーノ ホワイトCクリア 第一三共ヘルスケア

16/22

レネルジー M FS セラム(医薬部外品) 50㎖¥21,000/ランコム

17/22

エピステーム ホワイトフォトショット(医薬部外品) 50㎖¥13,000/ロート製薬

18/22

スノー エッセンス オブ ライト(医薬部外品) 50㎖¥15,500/パルファン・クリスチャン・ディオール

19/22

日焼け止め 紫外線対策コスメ

20/22

日焼け止め 紫外線対策コスメ

21/22

日焼け止め 紫外線対策コスメ

22/22

今年こそ、汗やこすれに負けない肌を目指す

汗やこすれに対抗して“落ちない”のが今どきのパワフルUV。強力密着力、水に濡れると膜が強くなるなどの技術で肌を守るから、真夏の外回りだって怖くない!

環境対策は都会人のマスト

PM2.5、粉塵etc.の大気汚染はエイジングを招くから、都会暮らしなら絶対にケア。環境ケア機能のついたUV、大気汚染対策スプレーで肌をいたわって。

高SPF+αで勝負。UV下地の進化が止まらない

美肌と紫外線ケアの一石二鳥が狙える、下地&BBを活用するのもいい方法。今は、下地だって高SPFはあたりまえ。保湿、つけやすさなどプラスαの機能も充実している。

アラフォーのお悩みNo.1くすみを一掃!

夕方、肌がグレイッシュに。なんてトラブルをどうにかしたい時はトーンアップUV。最新のものは色以外に、光でもカモフラージュしてくれるので、より自然に透明感を主張できる。

敏感肌にこそUVケアは必要なんです!

肌が揺らぎがちだからUVを使いたくないとの声をよく耳にする。でも、敏感ということは紫外線にも弱いということ。肌状態を考えた穏やかUVできちんと防御を。

スプレーがあれば夏の肌は百人力

UVは塗り直しが必要。わかっていても、実行しようとすると面倒……。そんな人の味方になるのがスプレータイプ。メイク直し時にさっとかけて紫外線に対抗。

飲む日焼け止めは紫外線撃退の常識

紫外線ダメージを本当にケアしたいなら、日焼け止めを塗るだけじゃダメ。飲む日焼け止め=紫外線の害を避けるサプリで、体の中からもプロテクト。

美容エディター入江信子さんおすすめアイテム

「顔は頰骨に2回づけ。何もついていないスポンジで押さえて密着させて。メイク直し時、コットンに保湿力の高いUVをつけ、くずれた箇所をふいてファンデーションをつけると、下地+UV+保湿に。ボディはクリームUVの後、首すじや背中をスプレーで補強します」。

角質ぐもりを払う「ふきとり美白」

保湿成分をたっぷり含んだ厚みのあるクッションベースが角質をやわらげた後、浮かせて取り除くので角質ケアに及び腰の敏感肌や乾燥肌にも安心。角質ぐもりがなくなると、後に使う化粧水の浸透も高まり、スキンケア実感が高まる。

ルーティンだから続く「ローション美白」

美容液でのケアが続かない人は毎日使う化粧水を美白仕様にチェンジして。メラニン生成の引き金となる刺激や炎症を鎮静する、抗炎症効果に優れたギョクロエキス配合の化粧水で、肌色もキメも質感も均一な肌へ。

3品使いで効果実感速度を上げる「ライン美白」

肌感度を上げて「効く肌」へ導くAQシリーズの美白版。ストレス由来のシミとくすみ撃退にデイリーに使う3 品で、とことん肌をリラックスさせて美白効果を高める。

美白成分を隅々までめぐらせる「オイル美白」

肌内部にある細胞の活力の低下と色素沈着に影響を及ぼすタンパク質に着目。このタンパク質を制御して細胞内のダメージの蓄積とメラニンの生成を抑えるのが梅の花から抽出されたエキスとオイル。オイル形状ならではの浸透感と清らかな香りで澄み渡る白肌へ。

美白の効く肌へ導く「ブースター美白」

昨年、大好評を博したオイルブースターが2018年限定のフレッシュグリーンの香りをまとって登場。純白花エキスが含むサリチル酸効果で使うたびに余分な角質を優しくオフ。肌を明るくトーンアップ。

美白成分をギュッとチャージ「マスク美白」

敏感肌にも使える乳液マスクに待望の美白バージョンが登場。美白と肌荒れをケアしながら、9種の保潤アミノ酸と2 種の清透アミノ酸による保湿とハリ・ツヤ効果も得られる欲張りマスクだ。

大人の停滞ジミを撃退する「集中美白」

皮膚の専門医が監修。ターンオーバーを促進させてメラニンの排出力を高める美容医療トレチノイン療法に着想を得て新成分ポスカを採用。美白有効成分はビタミンC誘導体である点とトライしやすい価格が魅力的。

肌の内側からシミに働かせる「飲む美白」

最大量240mgのL-システインとビタミンC1000mgで肌の内側からシミに効く、美白内服薬が最新処方で進化。肌に活力を与えるビタミンB₃を新配合し、4種のビタミンでターンオーバーを正常化し、シミを根づかせない。

真皮へのアプローチで美白とハリケアを同時に

肌のハリを担う真皮の線維芽細胞の機能が紫外線や加齢の影響で衰えるとメラニン量が増え、シミやくすみにつながることを新発見。酵母エキスで線維芽細胞の強化に働きかけることでハリに加え、美白効果まで狙えるのがうれしい。

光治療発想で突き止めた肌色遺伝子にアプローチ

クリニックとの共同研究から美容医療フォトフェィシャルでなぜ肌が明るくなるのかを解明。そこから肌色にかかわる2つの遺伝子を特定し、これに働きかける植物エキスを見出して開発された。透明感への効果実感が早い。

後天的な環境要因ダメージからDNAレベルで守る先端美白

常に最先端の科学を応用するディオールが着目したのは、DNAの緩みによってメラニン生成を過剰にする遺伝子の発現。発酵酵母エキスがDNAの緩みをタイトに巻き戻して過剰なメラニン生成を抑える薬用美容液。

UVケアをしていてもできるシミに肝斑治療発想で攻める

紫外線要因だけでなくホルモンのバランスの乱れから現れるシミや肝斑に対応するアラフォー世代にうれしい美容液。さらに表皮ではメラニン生成を抑え、真皮では糖化、カルボニル化を防ぐ多角的アプローチで肌に白さと明るさ、ハリをもたらす。

角層、表皮、真皮にある5要素に働き、透明感アップ

いくつもの層がフィルターのように重なって見える肌の色。イプサではメラニンの量だけでなく、分布の不均衡さ、角層の白濁化、血色の鮮度やカルボニル化による黄ぐすみといった透明感を決定づける5 つの要素に着目。肌全体のトータルケアで透明感の底上げを図る。

真皮ぐすみへの美白効果をバージョンアップ

メラニンを作る工場、メラノサイトを休眠させる美白アプローチと、くすみをもたらす活性酸素の消去に働くフェルラ酸。昨年、好評を博した美容液の効果に約3.6倍の抗酸化力を上乗せした、みずみずしいジェル状クリームが新登場。

What's New

Feature

Ranking