夏の白シャツワンピースコーデからシャープに着られるタイトスカートコーデまで【人気ファッションコーデランキングTOP10】

2018年7月28日
マリソルオンラインで人気のファッションコーディネートランキングを発表!暑くてもおしゃれ心は忘れない!気分が上がる夏のコーディネートをお届け。
カットソー×タイトスカートコーデ

1/10

リラックス感のある黒ワンピースコーデ

2/10

コットン素材ととろみ素材でつくる快適オフィスコーデ

3/10

白を主役にした爽快コーデ

4/10

ロングシャツワンピースにちら見せレギンスコーデ

5/10

Vカーディガンと美スカートにスニーカーを合わせて

6/10

デニムとのレイヤードには紐ベルトでさりげなくメリハリ感を

7/10

夏のデニムコーデ

8/10

大人のTシャツコーデ

9/10

おしゃれ帽子と白シャツワンピースコーデ

10/10

【10位】

タイトスカートで黒を選ぶとすごみが増しそうだけれど、カーキを選べばモダンな雰囲気とほんのりカジュアルな印象が手に入るのでタイトスカート初心者にはおすすめのカラー。きれいめのスタイリングでも堅苦しくなりすぎず、簡単にこなれたムードになれる。高い位置でウエストマークできるカットソーを合わせれば、全身バランスよく着こなせそう。

【9位】

リラックス感のあるカットソーワンピならハードになりがちな“レオパード×黒”もこなれた表情に。カーディガンとサンダルの色をレオパード柄のブラウンとさりげなくリンクさせ、色数を抑えることでコーディネート全体を落ち着いた印象にまとめて。

【8位】

風通しがいいさらさらコットンのノースリーブトップスとかごバッグをチョイス。涼しくてもカジュアルすぎないよう、とろみ感が女らしいワイドなドローストリングパンツと肌見せ感高めのシンプルパンプスのモノトーングラデーションで出勤。オフィスでの体温調整ときちんと感を醸し出せるリネンジャケットも手持ちして。

【7位】

五分袖とボートネックがクラシカルな雰囲気のリブニットに、ほどよいフレア感と丈感が今年らしい雰囲気のアシンメトリーなすそスカートで、モダンな雰囲気のコーデに。旬のシルエットをまとえば、基本色だけでも十分華やかで清々しい印象!

【6位】

ウエストのリボンベルトがさりげなくメリハリを作ってくれる白シャツワンピースを、トレンドの黒レギンスと合わせるのが今年のスタイル! スカーフ生地を使った大きめバッグをきかせて、シンプルだけど華やかさもある着こなしに仕上げてみて。

【5位】

デコルテ美人なトップスと感度の高いリネン混のきれい色スカートなら動きやすさと涼しさを両立。さらっとドライなカーディガンは、暑い日に一枚で着ても快適。夏の黒×ジュエリーカラーのスカートが重く見えないよう、シルバーのクラッチや真っ白レザーのコンバースで、軽やかな印象に仕上げて。

【4位】

大人のブラック×デニムコーデ。旬のカットオフデニムとワンピのレイヤード、バランスがむずかしいと思ったらベルトでワンピの丈感を調整してみて。足元は、キラッとひかるシルバー靴を合わせて。

【3位】

夏のデニムコーデの足元には、輝くビジュートングをチョイスして。他にもバングル、クラス感のあるハットで盛って、カジュアルな日こそ、上質小物で気分を上げたい!

【2位】

Tシャツはプリーツとドットがランダムに動くスカートを合わせるだけで一気に洗練された印象に。そしてできれば鎖骨の見えるVネックを選んで女性らしさをきわだたせて。小物はシルバーで涼やかに統一。

【1位】

白シャツワンピ×かごバッグといえば相思相愛な夏のど定番。だからこそ高原の少女的なナチュラルな印象になりすぎないよう、中折れ帽やポインテッドトゥのフラット靴で大人っぽさやシャープな印象をプラスして。肩がけしたカーディガンはのっぺりしがちなワンピコーデのメリハリとアクセントに。

7月1日~7月25日集計

■2018年夏のトレンド情報もチェック

What's New

Feature

Ranking