美尻のために、眠っているお尻の筋肉を目覚めさせる!<DAY 1>【キレイになる活】

2018年9月2日
トレーナー・岡部 友さん直伝!ストレッチが終わったら、いよいよお尻の筋肉を目覚めさせるトレーニングを開始!
最近、美意識の高い女性の間で「お尻」を鍛えることが流行中。プリッと切れ上がったカービーなお尻は、女性らしさの象徴。垂れ尻や偏平尻になりやすいマリソル世代だけど、意識して理想の美尻を作ることは可能!あなたも今日から始めてみて。

☆私が解説します!

パーソナルトレーナー 岡部 友さん
女性専用ジム「Spice up Fitness」代表。アメリカで運 動生理学、解剖学を学び、プロアスリートに指導できる資格「NSCA-CSCS」を取得。近著は『筋トレが折れない私をつくる!』(宝島社)

■STEP 2>筋肉を目覚めさせる

■クラムシェル

・左右各30回

1.横向きに寝て膝を軽く曲げる
左側を下にして横向きに寝て、膝を軽く曲げて両脚を重ねる。左手で頭を支えて、右の手のひらは床につき、体重をやや前にかける。

2.上側の膝を持ち上げる
上半身は動かさず、右膝をゆっくり持ち上げる。膝が一番上に来たら3 秒キープして戻す。膝を上げる側のお尻の上の筋肉を意識して。左右各30回。

■カエルブリッジ
・30回

1.あおむけになり両膝を立てる
あおむけになり、両膝を立てて、腰幅程度に足を開く。両手は体の横に置く。

2.お尻をしっかりと引き上げる
おなかに力を入れてお尻をしっかりと引き上げ、肩から膝までを一直線にして3秒キープ。お尻を下ろして床についたらまた上げる。お尻上の筋肉を意識。30回。

■ワイドスクワット

・15回

1/4

2/4

3/4

4/4

1.両脚を開いて腰を落とす
両脚を肩幅より少し広く開き、爪先を外に向けて腰をゆっくり落とす。この時膝は外側に向け、爪先より前に出ないようにする。

2.お尻を突き出しながら上げる
おなかに力を入れてお尻を突き出しながら、お尻で弧を描くようにゆっくりと上げていく。この時腰を反らせないこと。

3.立ち上がって直立の状態
2 の姿勢でお尻から上がっていき、直立の状態になる。この1〜3を15回。

【NG!】
膝が内側に入った状態で行うと、怪我につながるのでNG。膝は常に爪先と同じ方向に向けて。

【Marisol 9月号2018年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto) 取材・文/和田美穂

What's New

Feature

Ranking