合わせる色の濃淡を選ばないから使える!大人にオススメの差し色「グリーン」

2018年10月9日
いつも同じ色を手に取ってしまう人こそ、今季はイエローとグリーンのアイテムに注目を。ほどよく華があるのにベーシックカラーになじみやすく、着こなしをまたひとつ新鮮に見せる2色の取り入れ方をスタイリスト福田亜矢子さんが伝授します。
スタイリスト 福田亜矢子さん

スタイリスト 福田亜矢子さん

マリソルをはじめ、各女性誌で活躍中の実力派スタイリスト。ベーシック×トレンドのバランスを巧みに取るスタイリングに定評がある

■グリーン

「トレンドのアースカラーから派生したグリーンは、こっくりとした深い色を選ぶと、カーキの延長で使えて、取り入れやすいです。黒やネイビーとも相性がいいからふだん色を手に取らない人にもおすすめ。スタンダードな服をグリーンに変えるだけでいつもとちょっと違う自分を楽しめます(福田さん)。」

1/4

2/4

3/4

4/4

大人が好きなシャツこそグリーンで更新。まずは安心感のあるネイビー合わせを

トラッドでメンズっぽい顔ももつディープグリーンを、胸もとのボタンを開けて着たハイカラーのウールシャツで女っぽく取り入れて。鮮度の高いグリーンは、定番色との合わせが上品に見えてやっぱり安心。すっきりとした長め丈のタイトスカートのラインも女っぷりを上げるのに有効。シャツ¥46,000/マディソンブルー スカート¥32,000/ブルーバード ブルバード サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥80,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 

■×NAVY
グリーンを強調せず、さりげなく。×ネイビーという定石を踏むと失敗なし
「アイテムにかかわらず、この組み合わせはアラフォーにフレンドリーな配色(福田さん)」。コートのようにアレンジしたフェイクスエードのワンピースをはおって。
→コーデ詳細はこちら

■×WHITE
あえてコントラストをつけてこなすディープグリーン×ライトベージュ
「ビッグシルエットのカットソーを歩くたび優雅に揺れるチノロングスカートにイン。スニーカー合わせでありながら、配色のおかげで上品な女らしさをキープできます(福田さん)」。ダークな色もクリーンに映えて。
→コーデ詳細はこちら

■×BLACK
好きなものが決まっているベーシック派も配色苦手派も迷わずダークトーンでつなげて
レーススカートには、定番の黒タートルネックニットの出番。レザーのライダースジャケットなど、辛めのアイテムも加え、シャープにキレよく着るのがベスト。「色×色も素敵だけれど、大人はなかなかむずかしいですよね。今年のさし色に二の足を踏んでしまう人はこんなスタイルから試してみるのもおすすめです(福田さん)」
→コーデ詳細はこちら

撮影/白川青史(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle)  スタイリスト/福田亜矢子 モデル/佐田真由美 取材・文/陶山真知子

What's New

Feature

Ranking