いつ会ってもうるうる、しとしと! 肌の“高湿度”を誇る、美容プロが頼るアイテムとは?

2018年11月10日
秋冬の手ごわい乾燥によって肌が乾くのはビューティのプロも一緒。なのにいつ会っても肌が高保湿なのはなぜ? 乾かない肌を作るアイテムを聞きました!
トータルビューティア ドバイザー 水井真理子さんの保湿アイテム

1/3

ビューティエディター 入江信子さんの保湿アイテム

2/3

3/3

トータルビューティア ドバイザー 水井真理子さんの保湿アイテム
「デトックス」と「入れ込み」で、真冬でも湿地帯
冬は循環が悪くなるので、まずはデトックス力のある化粧水で余分な老廃物をオフ。そのうえで、スカスカな肌を潤いで埋めつくす集中ケアや濃密クリームを入れ込みます。「デトックス」と「入れ込み」はそれぞれ適したテクで。

1.週1回、洗顔後に使う美容液状マスク。「ストレスがリセットされ、潤いがめぐる肌に。翌日から肌湿度がアップ!」ベネフィーク リペアジーニアス 1.3㎖×12包¥6,500(編集部調べ)/資生堂
2.植物オイルや天然水を絶妙にブレンド。「香りがやみつきに。コクのあるテクスチャーが、湿地帯のような肌を持続」。エレメンタリー  スキンクリーム 35g¥38,000/ITRIM
3.酸化したタンパク質や脂質を肌から追い出す。「肌が軽くなったようなスッキリ感が」。エステダム オーセリュレール ウォーターエッセンス 125㎖¥6,800/NAOS JAPAN

☆ビューティエディター 入江信子さんの保湿アイテム
頼るべきは保湿特化のコスメ
乾燥肌で、冬は少しでも気を抜くと肌湿度ゼロに。それが引き金でたるみ、シワ、くすみなどに発展するので、肌湿度向上は絶対使命。ひどい乾燥時には保湿に特化した化粧水や美容液と濃厚クリームを投入すると結果が早い!

1.「シャバッとしているのにまろやかで、普通の化粧水より蒸発しにくい」。低刺激で敏感肌でも安心して使える。モイストバランス ローション 360㎖¥5,500/アクセーヌ
2.潤い改善成分、ライスパワーNo.11を配合。「夜になっても肌のパサガサ感がなく、ファンデの粉浮きも圧倒的に少なくなります」。ONE BY KOSÉ 薬用保湿美容液(医薬部外品)60㎖¥5,000(編集部調べ)/コーセー
3.「こっくりテクスチャーで強引に保湿。すぐにポヨンとしたバウンド感が」。リッチな成分でバリア機能を整え、もち肌に。インテンスリッチ クリーム 27g¥30,000/SUQQU

☆美容ジャーナリスト 鵜飼香子さんの保湿アイテム
最先端コスメでSTOP脱水蒸散
皮膚が薄くて脱水蒸散しやすい肌。さまざまな脱水の原因をケアし、蒸散を防ぐコスメを探し続けています。そこでこの秋たどりついたのが、この3点。これさえあれば、厳しい真冬も乗りきれること間違いありません!

1.「バームのようなバリア膜感で、まったく乾きません」。8 週間の使用で、水分量が217%にアップするというデータも。エピステームステムサイエンスリフトクリームa 45g¥33,000/ロート製薬
2.「官能的なテクスチャーで、つけるたびにとろけます」。月下香培養エッセンスαが過酷な環境下でも潤い続ける肌に。エスト ザ クリーム TR 30g¥30,000/花王
3.「スマホ、PCとにらめっこしても肌がガビガビになりません」。デジタル機器の光ダメージをカカオ成分がケア。CRディフェンス モイスチャライザー SPF30/PA+++ 50㎖¥4,800/ベアミネラル


トータルビューティア ドバイザー 水井真理子さん直伝!

“肌湿度”を高めるための3つのケアテクニック

  • ●ムギュムギュテク

    美容液やクリームは、しっかりと「入れ込む」。手のひら全体を押し当て、3 秒間ムギュムギュ。手の温かさを感じながら。
  • ●フワッフワッテク

    「デトックス」化粧水は、手のひら全体を使い、軽いタッチでなじませる。押しつけたりせず、フワッフワッとリズミカルに。
  • ●ホカホカテク

    手が冷たいと、コスメのなじみが悪くなるので、事前にこすり合わせてホカホカに。その後、化粧水や美容液、乳液を取ってつける。
【Marisol11月号2018年掲載】撮影/ケビン・チャン(物) 長谷川 梓(村木さん) 藤澤由加(水井さん) スタイリスト/山本瑶奈 イラストレーション/小迎裕美子 取材・文/小田ユイコ 構成/原 千乃

What's New

Feature

Ranking