上質ニットを味方にして好感度抜群の冬コーデが完成!2018年秋冬のニットコーデ&アイテムまとめ

2018年12月5日
体がきれいに見えるシルエット、パッと華やぐきれい色、肌に触れてわかる上質な素材・・・。アラフォーのおしゃれ審美眼にかなう最新ニットコーデ&ニットアイテムをお届け。袖を通すだけで気分が上がるニットコーデで冬コーデを上品に仕上げて。

■2018年秋冬のニットコーデ

1. グレーのニットワンピース×リブ編みワイドパンツコーデ

グレーのニットワンピース&リブ編みで少しワイドシルエットなパンツで上品に仕上げて。秋冬のノーストレスなスタイリングは暖かくラクチンで快適なのに、おしゃれ度はキープするグレーニットコーデに決まり。

2. イエローニット×デニムパンツコーデ

シンプルなスタイリングながら印象的に見えるのはなんといってもハッと目をひく鮮やかなミモザイエロー。ヒップまですっぽり隠れる長め丈だから、ヘアスタイルはアップにして、ボトムはすっきりとさせるのが正解。くるぶしをのぞかせて、フラットシューズでリラックス感のある足もとに仕上げてみて。

3. ブラウンニット×黒パンツコーデ

機能素材で作った暖かパンツがあれば、すらりとしながら寒さ対策も完璧。パンツのベルト部分を広くとったデザインが、さりげなく腰高&脚長見えもしてくれる。

4. モヘアニット×オフホワイトパンツコーデ

モヘアニットは定番色ではなく、人とは違う色味のブルーグリーンをチョイス。ニットを目立たせたいのでそれ以外はオフホワイトでリッチに品よくまとめて。

5. デザインニット×セミワイドパンツコーデ

前後で長さが違うから裾をインしてもアウトにしても決まる優秀なデザインニットを味方に。サイドにはスリットも入ったデザインだから、当分はワイドパンツやマキシ丈スカートでもバランスよく着こなせそう。

6. ゆるニット×プリーツスカートコーデ

インパクト大のゆるニットはボディラインを隠しつつも鎖骨は見せることですっきりと。ライトベージュのVネックニットと、堅苦しくないのにシュッと見えるゴールデンブラウンの細プリーツスカートという組み合わせが、ちょうどいい。

7. ざっくりニット×チェック柄タイトスカートコーデ

よく見るとチェック柄をバイアスで合わせて子供っぽくならないように配慮されたデザインが秀逸のスカート。それに合わせるならミドルゲージのざっくりニットを前だけINするのが今年らしい着こなし。脚長効果も期待できそう。

8. ロングカーディガン×デニムパンツコーデ

大人のキュートさを演出してくれるモヘア素材のロング丈カーディガン。その実力は、スカートの日はもちろんパンツスタイルの日にも重宝する一品。ロングカーディガンはベルトをせずに中のコーデをちらりと覗かせて縦のラインを強調させて。

9. 白ニット×黒パンツコーデ

オフィスコーデにも、クリスマスカラーを意識したクラシカルな柄スカーフやグリーンパンプスの小物使いで、シンプルなモノトーンコーデに表情をつけてシルエットをゆるっとさせるだけで、断然今年らしい着こなしに。

10. ロングカーディガン×花柄マキシ丈スカートコーデ

ロングカーディガンとマキシ丈スカートという、ロング&リーン的な細長いシルエットの組み合わせは今季も人気継続のグッドバランス。華やかな花柄スカートもブラックベースを選べば、大人でも着こなしやすい。

11. タートルニット×ラメ入りスカートコーデ

タートルニット×ラメ入りスカートというシンプルな秋冬ワンツーコーデには揺れるアクセサリーを合わせて華やかさをプラスして。

12. 黒のタートルニット×ブラウンシャツコーデ

タートルニットの下でチラ見せさせたいのは旬カラーのブラウンシャツ。ボックススカートの色とリンクさせて、オフィスでは全体的にシックな統一感を持たせてみる。

13. 黒モヘアのロングカーディガン×シャツワンピースコーデ

ちょっぴり男前なバンドカラーが今どき感を醸し出すシャンブレーのシャツワンピースをチョイス。そして肌ざわりのいい黒のモヘアカーディガンを羽織ってリッチに格上げしてみる。

14. シンプルニット×ワイドパンツコーデ

デザイン性の高いワイドパンツがあれば、シンプルなニットを合わせるだけで簡単におしゃれな印象に。パープルのバッグとグリーンのシューズで、秋色ニュアンスカラーも取り入れて。

15. ロングカーディガン×チェック柄ワンピースコーデ

キャメル色のリブニットカーディガンなら、ほっこり見えがちな大きめチェック柄のシャツワンピースを大人っぽくスッキリとみせてくれる。着こなしポイントはワンピースの袖はニットと一緒にまくり、柄をチラ見せして大人の可愛げを。

■2018年秋冬のニットアイテム

1. イレーヴのクルーネックニット

ウール・シルク・カシミアの中太の混紡糸で織り上げたクルーネックニット。ゆったりした肩落ちシルエットで着心地も抜群。

2. ロンハーマンのボルドーニット

ぴったりしすぎず体にきれいに沿う、上質なハイゲージニット。赤みが強すぎない絶妙なボルドーが、大人にちょうどよい華やかさをプラス。今季の旬色、ブラウンとも好相性。

3. エイチ ビューティ&ユースのゆったりニット

顔映えするからと意気込まず、さらっとラフに着られるようになったら、ピンク上手。ゆったりとしたラインで華奢見えも。

4. スローンの赤ニット

なんでもないようでいて、奥ゆかしいクルーネックニット。その理由は、絶妙なレッドの発色と、シルク100%の上品な光沢のおかげ。

5. サクラのローズピンクニット

今年らしさも女っぷりもいいローズピンクをビッグシルエットのニットで。冬のグレーやブラウンと相性がよく、出番多し。

6. ドゥロワーのカシミアニット

アラフォーフレンドリーなネイビーブルー。しなやかなカシミアで肌ざわりがよく、保温性が高いのも魅力のひとつ。

7. セオリーのVネックニット

着こなしが重くなりがちな季節こそ、くすみ知らずのブルーを。万能な形で、濃色とも淡色とも楽しめる。

8. ドゥロワーのリブニット

黄金比率といわれる「カシミア7 :シルク3 」の混率の糸を使用し、手作業で編み上げたリブニット。型くずれしにくく、マイ定番として長く愛用していける。

9. ebureのライトグレーニット

ほのかに青みを感じるライトグレーのニット。くしゅっとさせたボリューム袖の控えめな甘さが大人にちょうどいい。

10. ルトロワのクルーネックニット

フランス・シャンパーニュ地方発の「ルトロワ」定番の太リブニットから、ラメ入りの新作が登場。肌の透ける編み地と、さりげなく光るゴールドラメの繊細な輝きが、黒ニットをうんと華やかに盛り上げる。体にフィットしながらきれいなラインをつくってくれる伸縮性も特徴。イベント時期にもアクセサリーいらずで楽しめる。

11. ATONのクルーネックニット

ヒップにかかるくらいの長め丈の細リブニットは、シンプルながらこだわりのつまった一枚。"1000頭に2 頭"といわれる特別な羊のクラウドウールを原料とした針抜きニットを、和歌山のニッターが編み上げている。薄手ながら保温性も高く、冬まで着回せる。チョコレートのような深いブラウンも今季らしい。

12. MADISONBLUEのクルーネックニット

少しずつマイナーチェンジをしながら進化しているマディソンブルーのハイゲージニット。イタリア製エクストラファインメリノウールを使用し、大人の体をきれいに見せる丈感やシルエットにもこだわりが。同色でさりげなく施された胸もとの「B」の刺しゅうにも心ときめく。

13. ジョンスメドレーのハイゲージニット

究極のベーシックアイテムであるネイビーのハイゲージニットは、合わせによって、イメージも変幻自在。

14. クルチアーニのアンサンブルニット

脇線の縫い目を表に出し、着心地のよさを追求したクルチアーニの定番アンサンブル。目のつまった編み地が端正な印象へと導く。

15. クロエの「TESS」バッグ

イタリア・ロロピアーナ社のウールを使用した、非常に細いゲージで編まれたニットカーディガン。もとはストッキングを編み立てていた機械を改良しながら、特注の針を使い編み上げる繊細なニットは肌ざわりも格別。少しくすんだパープル、肌になじむベージュなど色のニュアンスも絶妙で、おしゃれプロの間でも人気。

What's New

Feature

Ranking