美女組No.140 Yuのブログ
美女組:No.140 Yu

No.140 Yu

医師、ライフ&ファッションスタイリスト

アロマテラピーアドバイザー/アンチエイジングフードマイスターベーシック/医学博士
日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定産業医、日本禁煙学会認定指導医、日本体育協会公認スポーツドクター、厚生労働省認知症サポート医、日本慢性期医療協会在宅医療認定医、人間ドック健診専門医、日本旅行医学会認定医

〜アラフォー世代のウキウキわくわくを考える〜
『つなぐ』『きずな』『親世代の幸せ』『ふるさと』

1人でも多くの方が年齢を重ねても、健康で笑顔で元気にいられるような世の中になりますように…。
2018年1月~『つなぐプロジェクト』をはじめました。

今日は世界エイズデー。今、話題の映画『ボヘミアン ラプソディ』を鑑賞!!

2018年12月1日
HIV感染症は、まだまだ怖い病気ですが、今や不治の病ではなくなりつつあります。むやみに怖れず、正確な知識を持って、予防、早期発見、適切な治療をすればコントロール可能な病気です。
公開前から気になっていたイギリスの世界的ロックバンド「クィーン(Queen)」を描いた映画、『ボヘミアンラプソディ』を観てきました!
特別、クィーンの熱狂的ファンではなかった私。
フレディ・マーキュリーをリアルタイムで知っているわけでもなく、曲を全部知っているわけでもなく…
兄が聴いていたアーティスト、というくらい。


そんな私のクィーンのイメージは、

「ウィ・ウィル・ロック・ユー(We Will Rock You)」
「伝説のチャンピオン(We Are the Champions)」
などで、曲は、ロックでカッコいい!!
みんなでノれる!

そして、 なんとなく不良っぽくちょっと悪い感じ。
でした。

映画を観る前は、ドラッグ系バイオレンス系とか少し怖いのかな〜とか思ってました。

映画で描かれていたフレディ・マーキュリーの生い立ち、そのバックグラウンドからの葛藤、仲間との出会い、成功、悪い人たちからの誘い、才能・天才ゆえの苦悩、居場所・愛を求める、そして孤独…


フレディの愛溢れる優しい感じ、メンバーの温かいファミリー感、素敵でした。

クィーンメンバーを演じた俳優さんたち、
フレディを演じたラミ・マレック!
全編に流れる曲、凄かった〜
映画を観てクィーンの大ファンに。

早速、パンフやCDを購入、iTunesでダウンロードもしちゃいました〜

クィーンは、本当に素晴らしいグループで、世界を代表するロックバンドであるのは間違いないけど…
伝説と言われるのは、悲しいことにフレディが若くして亡くなった事も一つの要因になっているのかも。


曲も、ファッションも、LGBTなどの自分に正直な生き方も、病気も亡くなり方までも…全てが時代の最先端をいくフレディ。



彼の死後、クィーンの他のメンバー達はFMA(Freddie Mercury Association、フレディ・マーキュリー基金)というHIV感染症に関する治療費の寄付を募る団体や、マーキュリー・フェニックス・トラスト(The Mercury Phoenix Trust)という世界規模でAIDSと戦うチャリティー財団の設立を支援したりしています。
HIV感染 = エイズ(AIDS)
ではありません。

エイズ(AIDS :acquired immunodeficiency syndrome、後天性免疫不全症候群)とは、ヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus:HIV)に感染することで引き起こされます。

前回、インフルエンザワクチンについてお話しましたが、HIVに対する予防的ワクチンはまだ開発されていません。


HIV感染症は、まだまだ怖い病気ですが、今や不治の病ではなくなりつつあります。むやみに怖れず、正確な知識を持って、予防、早期発見、適切な治療をすればコントロール可能な病気です。

国立感染症研究所【NIID(National Institute of Infectious Diseases)】によると、2017年の日本におけるHIV感染者に対する治療の状況は、診断が確定して薬剤投与が開始となれば、ほぼ100%近くウイルスを測定感度以下に抑制することができ、発症前であればAIDSまで進むことはほぼないと言っても過言ではない。とされています。


フレディの死から30年近く経った現在。

HIV感染症に対する治療薬、治療方法の進歩により、感染者のAIDS発症は抑えられ、予後(病気の進み具合、状況)は飛躍的に良くなりました。



今日は、『世界エイズデー』です。
もし、フレディがもっと長く生きていたら…
クィーンはどんな音楽を奏でてくれたのか?

今年は、そんなことを考える日になりました。


『ボヘミアンラプソディ』、おすすめ映画です。
ああ、もう一度観に行きたいな〜

今度は、みんなで拍手したり、一緒に歌ったりできる、「胸アツ上映会」に参加したい!!

What's New

Feature

Ranking