40代のショートヘアスタイル2018年年間ランキングTOP20

2018年12月23日
2018年に人気だったショートヘアスタイルをランキング。オバサンっぽくならず、潔く髪を切ったほうが女性らしいとほめられる!やせてきた顔立ちをふっくら見せるアンチエイジング効果も。
ショートヘア2018年年間ランキング1位

1/20

ショートヘア2018年年間ランキング2位

2/20

ショートヘア2018年年間ランキング3位

3/20

ショートヘア2018年年間ランキング4位

4/20

ショートヘア2018年年間ランキング5位

5/20

ショートヘア2018年年間ランキング6位

6/20

ショートヘア2018年年間ランキング7位

7/20

ショートヘア2018年年間ランキング8位

8/20

ショートヘア2018年年間ランキング9位

9/20

ショートヘア2018年年間ランキング10位

10/20

ショートヘア2018年年間ランキング11位

11/20

ショートヘア2018年年間ランキング12位

12/20

ショートヘア2018年年間ランキング13位

13/20

ショートヘア2018年年間ランキング14位

14/20

ショートヘア2018年年間ランキング15位

15/20

ショートヘア2018年年間ランキング16位

16/20

ショートヘア2018年年間ランキング17位

17/20

ショートヘア2018年年間ランキング18位

18/20

ショートヘア2018年年間ランキング19位

19/20

ショートヘア2018年年間ランキング20位

20/20

【1位】ウルフ系でかっこよさに色っぽさをプラスα

丸みのあるフォルムから、首もとでなだらかに外ハネになる今どきウルフショート。直線的でかっこよさがありながら、首に毛束が沿い、フェイスラインを包むことで絶妙な色っぽさも演出できる。縦長ラインをつくるので、丸顔カバーにもきく。

担当サロン「marr マール」

【2位】クリーンなストレートタッチのショートが人気復活

全体はマッシュベースで、トップに長さを残したフォルム×丸みを残して、女性らしさをキープ。長めの前髪もボーイッシュにならず、大人っぽさを加味するポイントに。パーマなしのストレートな質感を生かした、潔くヘルシーなショートヘアはパールブラウンというみずみずしいツヤ感のある髪色を合わせ、日射しに映える華やかさをプラス。

担当サロン「broocH」

【3位】ヘルシーな色気もプラス。華やかベリーショート

ベリーショートに華やかさを与えるには、フロントを長めに残し、女性らしい雰囲気にするのがポイント。サイドは耳にかかる髪を残し、耳かけにすることでヘルシーな色っぽさを演出。スッキリ襟足は、首を美しく見せ、やせ見え効果も期待!

担当サロン「ROI ロイ」

【4位】前、横、後ろ、全方位美人なショート

自然なボリューム感をつくるには、顔を含めた全体フォルムは「卵形」を目ざすこと! ショートレイヤーのスタイルで丸みフォルムをつくり込んで、360度どこから見ても理想の卵形に。立体ショートは、前だけでなく、横顔美人になれるのも利点!

担当サロン「broocH ブローチ」

【5位】ボリュームゾーンを上げて小顔効果のあるコンパクトショート

初心者でも取り入れやすいよう襟足や耳まわり、フロントの髪は長めに残しつつ、全体のボリュームゾーンのみが上になるようなショートボブに。顔まわりの髪を長めに残しているので、輪郭補整効果があり、ショートだからといって顔のライン悩みが露呈する心配もなし。クセを生かしたスタイリングで丸みを出しているが、直毛の場合のみワンカールの毛先パーマをプラスして。

担当サロン「S.HAIR SALON」

【6位】丸いフォルムとふんわり毛流れが女らしい、華やかショート

ショートを寂しく見せないため、表面にレイヤー×全体にボディパーマをかけ、横幅を強調した丸みフォルムのスタイルに。髪のボリューム感をアップさせ、やせてきた顔立ちをふっくら見せるアンチエイジング効果を狙う。軽いワックスで仕上げて。

担当サロン「ROI ロイ」

【7位】カール、フォルム……曲線だけで構成した女っぷりショート

全体のフォルムは、グラデーションカットや丸みが出るようにレイヤーを入れることで、曲線のあるシルエットに。さらに、ゆるくかかるコスメパーマという施術で、表面の髪に根元からボリューム感をプラスして。フォルムに甘さがあるぶん、カラーリングはバイオレットベージュを合わせて、ややクールダウン。甘×辛のバランスを取っているので、ファッションの幅も広く、さまざまなスタイルにチャレンジできる。

担当サロン「ABBEY」

【8位】長めの前髪で顔をシャープに!モードも女らしさも楽しめるアレンジショート

襟足がすっきりの短めショートだが、耳を半分隠し、前髪は長め×斜め下ろしにできるようにカットを。首まわりを出すことで、実はフェイスラインをシャープに見せる効果が! ボーイッシュにならないのは、女っぽい長め前髪を合わせているから、そして耳にかかるサイドを残しているから。サイドだけ耳かけにしてアシンメトリーにしたり、両方耳にかけてタイトにスタイリングしたり、アレンジの応用がきいて、幅広いスタイルが実現。

担当サロン「BEAUTRIUM265(ビュートリアム265)」

【9位】スッキリしているのに女性らしい。女っぷりフェミニンショート

サイド~バックの内側はコンパクトなシルエットに、表面の髪は長めのショートに。ツーブロック風のカットを施しているので、スッキリ感と長め前髪の色っぽさを両立できるスタイル。目にかかる“うざバング”と、肌をちらっと見せるフロントの動きで女っぽさを演出。潔く髪を切ったほうが女性らしいとほめられるフェミニンショート。

担当サロン「S.HAIR SALON」

【10位】初めてのショートにおすすめ! トライしやすいのにモード感もプラス

長さはボブをキープしつつ、襟足にすき間を作るようにカットしたり、フロントが長くなるように前下がりにカット。さらにレイヤーやシャギーカットをプラスして、硬い髪をしなやかに見せる工夫が施され、コンパクトなフォルムになるように調整している。一見、かっこよくモードな上級ヘアに見えるが、実は長さがあり、表面のみ動きを出すパーマをかけているのでスタイリングも簡単。ボブからショートへイメチェンしたい女性へおすすめのスタイル。

担当サロン「GARDEN Tokyo」

【11位】ストレートタッチが若見えの秘訣!好感度ヘルシーショート

マリソル世代のショートで一番多いリクエストが「オバサンぽくしたくない」というもの。それにはボリュームが欲しいからと大きく巻いたりせず、あえてストレートタッチでナチュラルな印象にすると失敗ナシ! マッシュベースで前髪はやや短めに。ワックスで髪の表面をラフに動かすだけで完成する手軽さも◎。

担当サロン「ROI」

【12位】くせ毛を生かしたフォルムがポイント。フェミニン曲線ショート

柔らかい動きと丸みのあるボブ寄りショート。顔立ちがやせてくるマリソル世代は、横幅のあるフォルムで輪郭カバーするのが揺れショート成功のカギ。毛先の丸み、サイドの揺れ感は本人のくせをスタイリングで出すことで表現。襟足だけ暗めにしたカラーで首もとを引き締めて華奢に見せる工夫も。

担当サロン「BEAUTRIUM265」

【13位】かっこいいのに女っぽい。アクセ映えモードショート

大ぶりアクセが映えるカットラインに、モードさを少しだけプラスしたおしゃれショート。サイドの耳まわりをシャープにカットし、かっこよさを表現。でもフロントやベースは丸みマッシュなので、柔らかさと親しみやすさも与えられる。モードなのにとがりすぎないので、トレンド服とも相性がよく、着こなしの幅が広がるスタイル。

担当サロン「BEAUTRIUM265」

【14位】レイヤーを入れて軽やかに。 おしゃれ感ある清楚なフレアショート

レングスは長めに残し、全体にレイヤーを入れて毛束を流したり、外ハネにしたり、ラフに動かしやすくしている。フレアに広がる動きが女性らしく、レイヤーショートでもカジュアルになりすぎないのがポイント。襟足は外ハネに、顔まわりはスイングするように、トップはボリュームを出すように、部位によってパーマを使い分けている。

担当サロン「ROI」

【15位】フェミニン派はマッシュフォルム×ふんわりパーマを合わせて

女性らしい印象をキープしたい、つぶれやすい髪質をカバーしたい。その両方の悩みを解決できるのが、柔らかいパーマとレイヤーを駆使したフェミニンショート。襟足をすぼめるようにカットし、トップのボリューム感をきわだたせるフォルムに、立体感を出すべくパーマを縦巻きに。顔まわりのみリバース巻きになるようにパーマで動きをつけて、あえて顔を出してすっきり華やかに見せて。

担当サロン「ROI」

【16位】首もとを美しく見せるメリハリショートでファッションの洗練度も上げて

フロントはボブっぽい長めフォルムだが、襟足をキュッとカットしているコンパクトなショート。柔らかな毛流れとメリハリのきいたフォルムのバランスで、ぐっとあかぬけるスタイル。襟足から首のラインが美しく見え、バランスのむずかしい立ち襟トップスの着こなしも洗練。ミントアッシュの髪色で髪を柔らかく見せて。

担当サロン「いつくし」

【17位】短くても柔らかい動きが映える無造作な柔髪ニュアンスショート

硬い髪質だと、ショートにした時に膨らまないか心配。ならばゆるいくせ毛風な質感をつくる"ピンパーマ"を取り入れて、根元は押さえつつ柔らかい毛流れを演出。ピンでつくる動きなので耳まわりの外ハネなど絶妙なニュアンスづくりが得意! 空気感のある毛流れ、今っぽい毛先の動きで、コンパクトショートでも女っぷりを上げて。

担当サロン「BRIDGE」

【18位】くせ毛風パーマと毛束感がしゃれ感を演出。さわやかリラックスショート

ボブにも見える揺れショートは初心者でも取り入れやすいスタイル。トップにレイヤーを入れ、毛束を揺れやすいように調整。あえてダレたように見えるスパイラルパーマを合わせて、ゆるいくせ毛風の動きに。表面や顔まわりの毛束の揺れ感で女っぷりを上げ、襟足はキュッとタイトに。メリハリのあるスタイルはおしゃれ印象を高める効果も。

担当サロン「BRIDGE」

【19位】ワンレン風なのにクールすぎない新生かき上げショート

前髪長めのショートボブは今までだと大人っぽさを表現するスタイル。でも今年のトレンドはカジュアル感。毛先を外ハネになるようにパーマをかけ、前髪の流れ方、サイドのフォルムに丸みをもたせてソフトさを演出。スニーカーでもヒール靴でも、どちらのスタイルでも決まる揺れショートはTPO対応の幅が広く、扱いやすさもメリットに。

担当サロン「S.HAIR SALON」

【20位】前下がりフォルムならメリハリスタイルをずっとキープ!

襟足はスッキリ、フロントへ向かってだんだん長くなっていく“前下がり”なフォルムにカット。前髪が鼻下までのレングスなので、分け目を変えることでさまざまな印象に変化。この秋おすすめなのは、2 : 8 のサイドパートに分けたハンサムなスタイリング。

担当サロン「Belle Ginza」

※2018年1月1日~12月15日集計

What's New

Read More

Feature

Ranking