ファッションエディター・磯部安伽さんのデニムスタイル

2016年11月22日
さりげないのにおしゃれと、私服コーデが大人気のエディター磯部安伽さん。カジュアル上手はこの秋デニムをどう着る?

更新デニムはベーシック仕上げ。 定番デニムは着こなしで鮮度UP

「大のデニム好きで、数も相当持っています。だからこそ、新しいアイテムに挑戦しつつ、手持ちのものも大事にしたい。コーディネートで、定番には旬を、新型にはベーシックさを足し算」

☆「ザ・シークレットクローゼット」のハイライズのインディゴフレアデニム

「流行のバギーデニムですが、一歩間違えると"懐かしい人"になってしまう危険アイテム(笑)。でもこの一本は、広がりすぎないシルエット、濃い色み、そしてセンタープレス入りでぐっときれいめ。なかでも、この股上の深さが今っぽさの最大のポイントだと思います。デニムで攻めているぶん、着こなしはネイビーのワントーンで"守り"に。これくらいのさりげなさが、私には落ち着きます」
フレアデニムパンツ¥36,000・コート¥310,000/ザ シークレットクロゼット二子玉川(シクラス) バッグ¥140,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エムツーマレティエ) ピアス¥3,400/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) 靴¥73,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ニット/私物

What's New

Feature

Ranking